ーーぎゅっと抱きしめればそれで全てが伝わる母親と違って、父親と子供の距離は、永遠の探り合い

その伝わらない“もどかしさ”、“切なさ”こそが、父と子の宿命なのでしょうか。

お腹を痛めて出産をした母親が、そのとき既に母性を身につけていたとしたら……父性は自然と芽生えることはなく、我が子のために学習することでしか得ることができないのかもしれません。

もし父性とは、自然に備わるものではなく、子供のために奮闘することで獲得するしかないものだとしたら、

父親という生き物は、何と不器用で、哀しく、愛おしい存在なのではないだろうか?

出典 http://www.fujitv.co.jp

そうしてようやく父性を身につけた瞬間に、子供と一緒に過ごせる時間に「限りがある」と知ったらーー

父親は子供に何をしてあげられるのでしょうか。

かつて、私たちにこの問いを投げかけ、そっと答えを残していったドラマがありました。2011年の春に放送された『グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜』(関西テレビ制作/フジテレビ系列)。

原作は、韓国のベストセラー小説『カシコギ』(日本名:トゲウオ)。「韓国で200万人が涙したベストセラー日本で待望のドラマ化」をキャッチコピーに掲げ、白血病と闘う幼い息子と、息子を献身的に看病する父親の儚い運命を描いたヒューマンドラマが描かれました。

原作本『カシコギ』は、韓国で200万部を売り上げ、たちまち韓国中で感動の渦を巻き起こした。さらに舞台化では5ヶ月間のロングラン上演を果たし、記念切手も発売されるなど『カシコギ・シンドローム』と呼ばれる社会現象に。

出典 http://tower.jp

カシゴギという魚は、メスが卵を生むとどこかに消えてしまう習性を持ちます。残された父親であるオスは懸命に卵の世話をし、そうして子育てを終えると、成長を見届けて安堵するかのように一生を終えてしまうといいます。

反町隆史さんが演じた父親は、まさにカシコギの儚い命そのものでした。新聞記者の澤本大地は、家庭を省みず、常に仕事を優先。ついにある日、井川遥さん演じる妻・華織が家を出て行ったことで、関係性の薄かった幼い息子・加部亜門さん演じる羽雲(わく)の面倒をひとりで見ることに…。

息子が母親に着いていかなかった理由。それは“自分が居なくなってしまったら、パパがひとりぼっちになってしまうから”という健気な一筋の想いでした。

息子が自分に向けられた無償の愛を知り、父子の絆を深めていくが、息子が白血病であるということが発覚する。

そして羽雲の治療が開始され予断を許さぬ一進一退の治療が進む中、父子間の絆もより一層深まっていく。

出典 https://ja.wikipedia.org

“わっくん”こと、羽雲が入院することとなる大学付属病院。そこでチャイルド・ライフ・スペシャリストとして、医療環境にある子どもや家族に、心理社会的支援を提供する専門職につく女性を演じた、榮倉奈々さん。小児科医師役に伊原剛志さん。小児白血病の権威で、伊原さん演じる医師と旧友でもあった韓国の教授役に、チョン・ウソンさんが特別出演されました。

やがて、ようやく羽雲の治療にも光明が見え始めた頃、大地自身の身に本人も思いもよらなかったある事実が…。

出典 https://ja.wikipedia.org

羽雲の白血病を完治させていくにあたり、大きなキーマンとなったチョン・ウソンさん演じる教授は、反町さん演じる父親に“カシコギのオス”の話をし、ひとつの言葉を残しました

ーー「父親は我が子のためにどう生き、どう死んでいくべきなのか

正直、このドラマの結末はあまりに悲しいものです。運命のむごさに、やるせなさに、涙してしまうストーリーではあります。ただそれ以上に、“父と子”の愛情、儚くてもどかしい“父性”の結論に、胸が詰まされたのかもしれません。

主題歌となったのはJUJUさんの『また明日…』。ドラマストーリーに重なるフレーズとメロディを、ひとつひとつ噛み締めたいと、今改めて思います。

また明日…あなたを
抱きしめる約束さえも 出来ないなら
今はただ 限りない愛で あなたの事を包みたい

眠る横顔 見つめながら 胸が痛む
あなたに 本当の愛 伝えられてたのかな?

出典JUJU『また明日…』

出典 YouTube

筆者は今でも、このドラマのDVDをふと見返すことがあります。

そしてその度に、どんな親と子にも存在する「限りある」時間というものに、想いを巡らせずにはいられません。

この記事を書いたユーザー

くろりん このユーザーの他の記事を見る

有名人の意外な素顔・夫婦愛を中心に書いています。まだ世の中で隠れている素敵な出来事に、スポットライトを当てることが出来たら嬉しいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス