時代と共に様々なモノが変化していきます。SNSの先駆けだったmixiはFacebookの登場で影を潜め、Facebookはインスタの登場で若者を見かけなくなりました。ネットのプラットホームだけでなく、現実にも世代の違う相手と話していて「モノの呼び名」の違いに戸惑ったことはありませんか?知らない間にいつも呼んでいたあの品物の名称が変わっていた。今回は、比較的よくあげられるモノを集めてみました。

① ハンサム→イケメン

ハンサムはいつの間にか「イケメン」に。

イケメンとは「かっこいい」「魅力的」を意味する『イケてる』と顔を意味する『面』又は男性を意味する英語の『men』から成る合成語で、「かっこいい男性」を意味する。

出典 http://zokugo-dict.com

対象はあくまで男性。筆者、勘違いしていました。叶姉妹の言う「イケテルメンズ」が略されて「イケメン」になり世の中に浸透したのかと思ってました(笑)

② スチュワーデス→CA・キャビンアテンダント

スチュワーデスを「スッチー」と呼ぶ時代がありました。これは田中康夫さんが言い出しっぺです(笑)

1980年代以降、アメリカにおける「ポリティカル・コレクトネスの浸透により、性別を問わない「Flight Attendant(フライトアテンダント)」という単語に言い換えられた影響で正しくは「客室乗務員」との言葉が正式採用されるようになりました。

出典 https://ja.wikipedia.org

かつては船舶の司厨員に由来する「スチュワーデス」も客室乗務員ではなく、今はドラマの影響でキャビンアテンダントやCAさんと呼ばれています。

③ 健康ランド→スパ

サウナ・岩盤浴・そして、大きなお風呂。天然温泉なんて最高です。お風呂上がりに冷たいビールに美味しい食事、マッサージにエステなんでも有りのスパ。

英語で療養目的の温泉の意。療養温泉。上記の語源となった、ベルギーの温泉地、スパ。上記スパで産出されるミネラルウォーター、Spa。大規模な入浴施設(健康ランドなど)

出典 https://ja.wikipedia.org

④ スポーツ選手→アスリート

出典 http://www.afpbb.com

いよいよ開幕、リオデジャネイロ五輪。日本選手団の入場にエールを送った方も多いことでしょう。強靭な肉体をもつアスリート達。メダルラッシュに向け、いざ出陣でござる。

がんばれ日本!

(athlete)とは、英語で運動選手、スポーツマンなどという意味の言葉である。 スポーツ選手とも。

出典 https://ja.wikipedia.org

⑤ 迷彩柄→カモ柄

ご存知の通りミリタリーで採用されている柄です。 迷彩ですから、森林、砂漠、街中などの、あらゆる場所において敵から身を隠すのにこのパターンになったわけです。 ところが、ストリートファッションでは、むしろ個性的で目立つものに。

出典 http://www.fashionsnap.com

カモフラ柄を略してカモ柄です。

⑥ 水玉柄→ドット

爽やかなドット柄、もう水玉とは言わないんですね。

デザインでは、地色に対し一定の幅で小円・点を染めたものを「ドット柄」と呼んでいる(しばしば水玉模様とも呼ばれる)。

出典 https://ja.wikipedia.org

⑦ オーバーオール→サロペット・オールインワン

親子でお揃い♡可愛いですね♪

お客様のリクエストで、ダッフィーちゃんのサロペット、作ってみました。

昔は、オーバーオールなんて言っていましたが、子供たちには、この言葉
通用せず(>_<)。

出典 http://hal8610k.blog.fc2.com

⑧ スリッパ→ルームシューズ

筆者、めっちゃスリッパって言ってます…

昨日はユニクロでスリッパを買ってきて・・・と言われ
ネットで調べても「スリッパ」なんて項目がない聞いたら
「ルームシューズ」だと言われました( ̄- ̄メ)チッ
いつからそんな言い方になったのだ?

出典 http://blog.hangame.co.jp

「スリッパ」なんて項目がない!驚きです。

⑨ ベスト→ジレ

チョッキでもなくベストでもなく「ジレ」です。

基本的にはインナーシャツとアウタージャケットの間に着る袖のない中衣をフランス語でジレ【Gilet】言葉としてはジレとベストに大きな違いはありません

出典 http://fashion.pintoru.com

ジレってフランス語だったんですね〜。

⑩ ジャンパー→アウター

ジャンパーって確かに聞かなくなりました。アウター、又はブルゾンとも聞きますね。

アウターウェアの略語で、一番外側に着る服のことを意味します。 主に上着類に使われることが多く、ジャケットやブルゾン、コートやオーバーやスーツ、パーカーやカーディガンなどに使われます。

出典 http://mensfashion.cc

⑪ イタメシ→イタリアン

イタリアン美味しそう♡

バブル期に造られた言葉です。たしか。
その頃はイタリアンも簡単に食べられるようになりました。(以前は高級イメージ)
ただ、その当時社会人だった人は、今でも使いますが、高校生だった私たちの世代は使いません。
死語だと思ってました

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

死語…

⑫ 大リーグ→メジャーリーグ

Licensed by gettyimages ®

筆者、最近、田中将大選手の魔球の記事を書いたのですが「大リーグ!大リーグ」と連呼しています。気をつけます。

⑬ スパッツ→レギンス

大分、定着した感じのレギンス。でも、油断すると「スパッツ」と言ってしまうことも(笑)

「スパッツ」と何が違うかというと広義では何も変わりません。
つまり、タイツの足先部分がない形状をしているものです。

出典 http://uramayu.com

⑭ チャック→ファスナー

チャック死語なんですかね。では、「お口チャック」はなんと言うんでしょうか…(笑)

⑮ デザート→スイーツ

すっかり「スイーツ」定着してますね〜。聞かない日がありません。

Twitterではデザートの後に必ず(死語)とついています。デザート、死語なんですね。

⑯ 厚底サンダル→プラットフォームサンダル

まぁ…ルブタンを厚底サンダルとは呼びたくない(笑)

この日は「強そう」と言われました。
厚底サンダルのせいだと思いますがwてか今は厚底サンダルではなく、プラットフォームサンダルと言うらしいです。時代に若干追いつけなくなってるアラサーです、ハイ。

出典 http://d.hatena.ne.jp

⑰ ジーパン→ジーンズ→デニム

デニムって意識していないと出てきません。まだ、ジーンズ派。

いわゆるジーパンのことは、私はデニムと言います。
ジーンズと言うとかっこつけてる感じがするし、
かといってジーパンと言うのは古い気がする。
間をとって(?)デニムです。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

ジーンズがかっこつけてる…いろんな見解があって面白い

友人も皆「ジーパン」です。
「今時はデニムって言うんだよ」って言葉は都市伝説だと思ってました(笑)

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

都市伝説ではない。

⑱ おばちゃん→美魔女

出典 http://antiaging.akicomp.com

これはサービスということで…(笑)

40代、50代になっても年齢を感じさせない“魔女”のような美しさを持つ女性を「美魔女」と呼ぶ。だが美魔女に明確な定義はない。若々しいメイクやファッションも一歩間違えれば“派手なおばちゃん”である。

出典 http://news.livedoor.com

年齢を重ねても綺麗な方が多いのは確か。皆さん美意識高めです。

いかがでしたか?まだまだ紹介しきれない程ある「呼び名」の変わったもの。時代と共に呼び名は変わり、時には意味が通じず話が噛み合ないことも…「昔のままでいいんだ」と頑固にならず、使わなくとも知っているというだけでスムーズにコミュニケーションがとれる場合もあります。柔軟に対応したいものですね。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス