SNSやブログが全盛な世の中ですが、登録は実名ですか?ハンドルネームですか?
わたくしは、自分のプライベートを世の中に晒す勇気がないので、そのような類のものはすべてハンドルネームを使用しております。

今回、ハンドルネームとは少し違うのですが、コンビニでの商品受け取りの際に起こった「お客様名」関連の恥ずかしい出来事を見かけましたので、ご紹介させていただきます。

ツイッターユーザー「アズ@固定ツイ参照(@AS_xroid)さん」のつぶやきとそれに添えられた画像を見て、それに映されたお客様名を声に出して読んだら妻に「あんた、なに言うてんねん」とドラゴンフィッシュブローをくらい、10カウント以内に立ち上がることができませんでした。

そのつぶやきは現在、30000を超えるリツイートを獲得し、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎ツイートはこちら

◎まさかの「お客様名」がこちら

出典 https://twitter.com

えっと…
「んぉほぉぉォォ?おちんぽイっぐぅ」…
なんとコメントしたらよいのでしょうか…

出典 https://twitter.com

カタカナに変換してみますと、「ンォホォォォォ・オチンポイッグゥ」となります。
個人的には、アフリカに実在する方の名前のような気もしますが、あくまでも気のせいでしょうね。

それにしても何故、このようなお客様名なのでしょうか!?

◎何故こんな名前なのか

こちらの商品、ツイッターフォロワーさんからの誕生日プレゼントのようですね。
きっと、フォロワーさんの悪戯心から、このようなお客様名での発送になったのでしょうね。
こんな名前ですと受け取り難いのが当り前ですが、そこを堪えて受け取りに行ったツイ主さんの人間性は素敵です。

◎送り主はこちら

ツイッターユーザー「813(@81a3)さん」がこのプレゼントの贈り主のようですね。
こんな悪戯を仕掛けるのですから、ツイ主さんとはネット上で仲良しなのでしょうね。
微笑ましいですね(笑)

◎ツイッターでの反応は

普段から利用しているコンビニだとしたら痛いですね。
わたくしの場合、69か所ほど馴染みのコンビニがあるので平気ですが。

先ほど書きましたが、誕生日プレゼントのようですね。
贈り主さんの悪戯心の成せる業かと(笑)

実際、名前の確認よりもバーコードやパスワードのほうが重要なのではないでしょうか。
わたくしもよくチケット取りにコンビニを利用するのですが、名前の確認などなくパスワードのみで受け取れますし。

間違いなく爆笑したでしょうね。
こういうのって、仕事の中での清涼剤のような形で機能しそうです。

リプライ全般、好意的なお笑いネタとして捉えた感じのものが多くて意外でした。
不謹慎だといったお叱り系の意見は皆無でしたね。
世間では、ギリギリ許される程度の悪戯なのでしょうね。

◎受け取れない可能性も…

Amazonにはそういった規則があるのですね。
個人的には、パスワードなどがあっていれば問題ないかと思うのですが、わりと厳格なのですね。

◎誤引き渡しのリスクは低いが…

わたくしもパスワードが分れば誤引き渡しなどはないので、名前と身分証の提示などといった部分まで踏み込む必要はないような気はしますが…
どうなのでしょうね。

◎Amazonの規約によると

コンビニで商品を受け取る際には、商品の到着をお知らせするEメールに記載されている認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)、またはバーコード(ローソンで受け取る場合のみ)が必要です。ヤマト運輸の営業所で商品を受け取る場合は、発送確認メールや注文履歴に記載されているお問い合わせ伝票番号、および本人確認書類が必要です。

出典 https://www.amazon.co.jp

コンビニで受け取る際は、パスワード(認証キー)やバーコードで大丈夫なようですね。
ただし、ヤマト運輸の営業所で商品を受け取る場合は、本人確認書類(免許証や身分証など)が必要となります

◎恥ずかしい経験

今回の件とはほんの少し趣が異なるのですが、ハンドルネームによる恥ずかしい経験というのはわたくしもしたことがあります。
以前、「カラオケ パセラ」という人気カラオケ店での飲み会の際、幹事がわたくしのハンドルネームで予約をとっておりまして、お店に着いた途端に恥ずかしくなってキョドってしまいました。

出典 http://ameblo.jp

しかも、わたくしのハンドルネーム「アカンな~同好会」ではなく「アカン~な同好会」でした。
楽しかったのでいいのですが(笑)

続・松井の兄貴似の男を囲む会
カラオケパセラ上野御徒町店編

今後、できればこういった予約を取る際は、ハンドルネームではなく本名でお願いしたいです(笑)

今回のツイート、誕生日プレゼントの受け取りとはいえ、はずかしいお客様名がついた品物をコンビニに引き取りにいくのは勇気がいりますね。
それとは別に、「お客様名」に関して追及しなかったコンビニの店員さんの機転も評価したいですね。

悪戯心丸見えとはいえ、誕生日プレゼントの贈り主であるフォロワーさんの心遣いを無碍にしなかったツイ主さんに乾杯!!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス