海外ドラマ「glee」で、ダウン症のチアリーダー役を演じたローレン・ポッターさん(26歳)が婚約を発表されました。

米国のテレビドラマシリーズ「glee」は、2009年5月19日~2015年3月20日まで全121話が放送されました。

オハイオ州ライマにある架空の学校を舞台にした、ウィリアム・マッキンリー高校の合唱部(グリークラブ)を中心に描かれる、ミュージック・コメディードラマです。

ローレン・ポッターさんのプロフィール

【プロフィール】
生年月日:1990年5月10日
出生地:カリフォルニア州インランド・エンパイア

海外ドラマ「glee」にダウン症のベッキー役として、シーズン1から出演されました。

幼なじみのボーイフレンドと婚約!

お相手は、幼なじみのボーイフレンド、ティモシー・スピアさん。
ローレンさんは、先日ティモシーさんから婚約指輪を受け取ったそうです。

ピクニックデートの後、プロポーズ!

ロマンチックなピクニックデートを楽しんだ後、ティモシーさんからローレンさんにプロポーズ。

彼は、この瞬間のために密かに婚約指輪を選び購入。ローレンさんをピクニックに誘い、ひざまずきながら、『僕だけのパートナーになって欲しい。その時が来たら結婚してください』、と男らしいプロポーズをされたのだとか。

プロポーズの後、ふたりは一緒に夕暮れを眺めたそうです。なんて素敵なカップルでしょう♡

出会いは、赤ちゃんの頃から

Licensed by gettyimages ®

※画像はイメージです。

ローレンさんとティモシーさんのふたりは、赤ちゃんの時からの出会いでした。
ふたりの両親は、米国『Children's Center in Riverside』で、新生児の発育クラスに参加していました。

双方の家族は長年に渡り連絡を取り合っていたそうです。ふたりともラグーナビーチに住んでいますが、ローレンさんが、一度前の彼と破局を迎えた時、ティモシーさんが彼女に告白。ふたりは正式に交際をはじめたといいます。その後ふたりはいつも一緒にいました。

ローレンさんが「glee」で成し遂げた役割とは

「glee」のファイナルシーズン最終話の収録を終え、出演者たちがそれぞれの思い出の言葉と心境を語った記事があります。

バック役を演じた、マーク・サリング氏は、ダウン症のチアリーダーであるベッキー(ローレン・ポッターさん)が成し遂げた役割について言及。

「ラジオでこんな話を聞いたんだ。地方の高校にいる、ダウン症のチアリーダーのニュースだよ。他校との試合で、彼女が対戦相手からイジメに遭ったとき、バスケチームが試合をやめて、彼女へのイジメが治まるまで試合には戻らないって立ち上がったんだ。

(中略)

ラジオの最後で、“彼女はgleeに影響を受けて、チアリーダーになったんだ”って。これがgleeだ、これがみんなに受け取ってほしかったことだって思ったよ。受け入れること、やるべきこと・できることと思いすらしなかったことを行動に移すこと、自信や、イジメへの抵抗とかね」

出典 http://www.tvgroove.com

自らがダウン症であるローレンさんが、gleeで演じたベッキーは、障がい者に対する”偏見”や”イジメ”を抑制。さらに、チアリーダーのベッキーに激励された同じダウン症の人々に大きな希望を灯す存在となりました。

ローレンさんの主張が力強い

『ダウン症の人が私のドラマを見て、もっと多くの希望を持って欲しいです。私のFacebookでも、retarded(発達が遅い)と”弱いものイジメ”をして非難する人たちがいました。とても悲しい気持ちになり胸が痛みました。

障がいを持つ人たちが傷つく言葉を言わないでほしいです。ダウン症の人が一般の人に比べ、知能が遅れているように見えても、retarded(発達が遅い)と言わないでください。もしもあなたに障がいがあったら?... 一生懸命生きるでしょう?

ダウン症の人が何をしても、優しく接してあげてください。

2009年から出演した「glee」の女優の仕事に加え、ローレンさんは、障がいを持つ人々の先駆者となりました。

スピーチをするローレンさん

2016年3月。女優であり障がいを持つ人々のために活動をするローレンさんは、自らがダウン症として生まれ、どのように成長したか。そして大きな夢に向かい、どのように実現したか、自身の経歴について。

「i4CP」の集会に参加され、200以上の組織を代表する上級幹部たちの前でスピーチをされました。

動画はこちらです

出典 YouTube

ダウン症や障がいを持つ人々に、自らの生きざまを伝え、明るい希望を灯すカリスマ的存在となったローレンさん。現在は、障がい者たちの擁護をする立場となり、さまざまな活動を行っています。

同じダウン症を持つカップルが婚約!
障がい者同士の結婚は大変だと思われる方たちも多いことでしょう。しかし、ローレンさんカップルが初めてではなく、過去にも例があります。

ローレンさんの明るさ・強さ・優しいお人柄で、ティモシーさんを支え互いに寄り添っていけることでしょう。これからも末永く幸せに♡

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス