日本は銭湯や温泉があり、昔からお風呂は日本文化の一つとされています。イギリスでもローマ時代には「ローマンバス」と呼ばれるものが国内にいくつか存在したのですが、日本人と比べてイギリスでは「お風呂やシャワーはリラックス目的ではなくあくまでも体を清潔にするもの」という習慣があり、朝の10分のシャワーを常としている人も多い様子。

そんなイギリスで、なんと30年ぶりにシャワーを浴びたという女性が話題になっています。リバプール在住のドナ・マクマホンさん(35歳)は、5歳の時にホリデー先で水難に遭い、それ以来「水が怖い」というトラウマを抱えて生きてきました。

プールの滑り台で後ろから男の子に押され、勢いよく滑ったドナさん。止まることができなかったのでそのままプールにジャンプ。父親がすぐにドナさんを抱き上げてくれたそうですが、溺れ死ぬかと思った恐怖はその後30年もドナさんの心から離れませんでした。

2児の母であるドナさんは、この30年間頭から水をかぶるということに恐怖感を抱いてきました。そのために自宅ではシャワーを浴びることができず、毎日1時間以上かけて小さな容器に水を入れて洗髪したり体を洗ったりしていたそう。

1時間の催眠療法で克服

Licensed by gettyimages ®

ドナさんはこれまでビーチやプールなど水に関わる場所を避けてきました。30年という年月はとても長く、今回思い切って「催眠療法」を試みることに。ロンドン在住の有名な催眠療法士であるRobert Hisee(ロバート・ハイシー)氏に治療を受けました。

「奇跡が起こったみたい」

Pinned from metro.co.uk

たった1時間の催眠療法で、30年間苦しんで来た水恐怖症を克服できたドナさん。今はシャワーを浴びることも、子供たちとプールに行くことも可能になりました。「これまでちょっとずつしか水に触れられなかった自分が嘘のよう。」

「恐怖症」は克服できるもの

Licensed by gettyimages ®

ほとんどの恐怖症が、薬を飲むことなく治療が可能だと言われています。特に水恐怖症は幼い頃に海やプールで溺れたことがトラウマとなっているケースが高く、ドナさんが行った催眠療法などの心理治療で改善することができるそう。

水難に遭わずとも、原因はわからないけれども水が怖いという人ももちろんいます。でもそのほとんどが潜在意識により恐怖感を植え付けているだけだと言われています。

531種類もの恐怖症がリストアップされている

Licensed by gettyimages ®

高所恐怖症や閉所恐怖症など一般的に知られている「恐怖症」は、実は500種類以上もあると言われています。ドナさんのように水恐怖症や対人恐怖症、集合体恐怖症、先端恐怖症、文字恐怖症、果ては姑恐怖症まで(!)存在するそう。

日本人の10人に1人は恐怖症歴が…

Licensed by gettyimages ®

日本ではアルコール依存症やうつ病と並んで10人に1人は恐怖症の病歴があるとも言われています。恐怖症の程度や症状は人によって様々でも、共通することは

●恐怖の対象に触れると、極度の不安、緊張、恐怖を感じる
●恐怖の対象を回避しようとする
●恐怖の対象に出会うのではないか、という予期不安を感じる

だそうで、その結果、パニック障害を起こしたり引きこもりになったり自律神経失調症などの症状が出ることがあるそうです。そうなってしまうとドナさんのように社会生活や日常生活に大きく支障をきたすことになります。

原因の究明をすることで解決法を見出す

Licensed by gettyimages ®

ドナさんのように幼少期のトラウマが原因で恐怖症になる人もいれば、体質や気質など原因は様々。これまで恐怖症とは認識していなかったけれども、何かをした時や見た時にやたら動悸や息苦しさ、眩暈などの症状が出るようになれば恐怖症を疑ってみるといいとされています。そしてその原因を究明し解決法を見出すことで、ドナさんのように「奇跡」が起こる可能性もあるのです。

30年も水に十分触れることができなかったということを想像しただけでも大変だったことがわかります。適切な治療法で水恐怖症を克服したドナさんに拍手を送りたいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス