ハンガリーの非営利団体「Zsemberi」が制作した一本のショートムービーが2600万回以上の閲覧数で話題になっています。生命へのリスペクトとその責任を問うパワフルな動画に多くのユーザーも共感の声を寄せています。

この動画、最後に驚きの結末が隠されています。あなたはこの動画を見て何を思うでしょうか。

冒頭は男性が一人の少女を迎え入れるシーンから…

出典 https://www.youtube.com

車でとある家にやって来た男性。今から一人の少女を、新しく家族に迎え入れます。

嬉しそうに抱きかかえる男性

出典 https://www.youtube.com

少女はお気に入りのぬいぐるみを持って男性の家族の下へ。

これからの生活にワクワクしている少女

出典 https://www.youtube.com

少し戸惑いもあるものの、男性を見てこれからの幸せな生活を想像しているのでしょうか。男性が運転する隣の席で微笑む少女。そんな少女の頭を優しくなでる男性。

家族は大喜びで少女を迎え入れた

出典 https://www.youtube.com

少女よりも少し年上の女の子と母親が、少女を待っていました。家に着くと嬉しそうな顔を見せて少女に近寄りギュッとハグをする女の子。どうやらこの少女はこれから新しい家族に可愛がってもらえそうです。

家族と散歩に出る少女

出典 https://www.youtube.com

家族と一緒に走り回ったり、ボール遊びをしたり、楽しいことをたくさんしてもらった少女。このままこんな生活を送ることができれば…そう思っていたのですが、少女がこの家にもらわれてきて、少しずつ変化が現れます。

あまり気にかけてもらえない時も…

出典 https://www.youtube.com

喉が渇いていても水をもらうこともなく、遊び相手になって欲しくても「あっちへ行ってなさい」と邪険にされることも多くなってきました。ただ、かまってほしいだけなのに。私を連れて来てくれた時には、ちゃんと面倒見るって思っていたんじゃなかったの…?孤独が少女を包み始めます。

「今忙しいんだから、邪魔しないで!」

出典 https://www.youtube.com

キッチンで洗い物をしているお母さんのシャツの裾を引っ張って呼んでみても「やめなさい!」と叱られるだけ。「いいからあっちに行ってなさい」とキツく言われてしまいます。

ぬいぐるみで気を引こうとしても…

出典 https://www.youtube.com

今度はお父さんのところへ。ぬいぐるみをお父さんのデスクに置いて遊んでほしいと意思表示をするのですが、お父さんも忙しく構っていられないという態度を見せます。挙句には少女のぬいぐるみを床に投げつけ「いい加減にしないさい!」と怒る始末…。

どうしてみんな冷たくなっちゃったの…?

出典 https://www.youtube.com

喜んでもらえたのは、もらわれてきた数日だけ。それからは構ってももらえない日々。少女は寂しさと悲しみでますます家族の気を引こうとしてしまいます。

激しく散らかした部屋を見た両親は…

出典 https://www.youtube.com

ある日、1人で遊んでいた少女は部屋を散らかしてしまいます。「だって誰も構ってくれないんだもん」孤独を紛らわすため、そして「私に気付いて」と心の叫びを訴えるため。でもそれに気付いた両親は…。

少女を連れて家を出た…

出典 https://www.youtube.com

父は少女を車に乗せて遠い場所まで行きます。そして車を止め、少女の大好きなぬいぐるみを遠くへ投げます。

少女は走って拾い、車に戻ろうとするが…

出典 https://www.youtube.com

父の乗った車は走り去って行きます。追いかけてもその速さにはかないません。ポツンと立ち尽くす少女。

バックミラーで確認する男性

出典 https://www.youtube.com

そこには、捨てられた一匹の犬が。そう、少女は「犬」だったのです。男性の娘の誕生日に、欲しがっていた犬をプレゼントすることにした両親はある家からこの犬を引き取ったのですが、誕生日が終わってしまうとちょっとした犬の粗相に大変な剣幕で起こったり「あなたがこんな犬もらってくるから悪いのよ!」と夫婦喧嘩にもなり、やんちゃ盛りの犬が部屋を散らかすと、もう家族はお手上げに。

そして最終的に家族がしたのは「捨てること」だったのです。

テールランプが消え去るのをじっと見つめる犬

出典 https://www.youtube.com

誰もいない場所に、ぬいぐるみと放り出された犬。この犬は、こんな運命を辿るために生まれて来たのではないはず。

現在、日本でも筆者の住むイギリスでも年間約5万匹の犬が捨てられ、保護されています。そして恐らくみなさんもご存知のように、日本ではそのほとんどが処分されているという悲しい現状となっています。

「Zsemberi」はこの動画を通して、人間でも動物でも命あるものはリスペクトされるべきだというメッセージを送っています。

「地球上の全ての命は贈り物であり、その価値がある」

出典 https://www.youtube.com

この「GIFT」とタイトルが付けられたショートムービーは、その題名の通り「地球上の全ての命は贈り物であり、その価値がある」と訴えています。動物を飼うと決めたからには最後まで責任を持って世話をすること。この当たり前のことができない人が世の中にはたくさん存在し、今この瞬間も多くの犬猫などのペットが捨てられています。

このショートムービーに心を動かされたユーザーは多く「子供だったらこんな簡単に捨てることを許されないけど、犬だったらできるものね。改めて私たち人間がペットに酷いことをしているのだってわかったわ」「こんな結末は悲しすぎる」「ペットは家族であり親友であるはずなのに、こんな残酷なことをする人が実在するのよね」「涙しか出ない」といった様々なコメントを寄せています。

出典 YouTube

あなたは、このパワフルなショートムービーに何を感じますか?

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら