記事提供:東京メインディッシュ

焼肉の定番メニューといえば、カルビ、ロース、そしてホルモンだ。しかし忘れてはならないのが牛タン。カルビの豪快な美味しさとは別に、繊細な肉の旨味を堪能できる部位。

・その美味しさは本物

今回は、そんな牛タンが美味しい店を5選にしてお伝えしたいと思う。実際に記者で店に出向いて調べ、本当に美味しかった店だけを紹介しているので、その美味しさは本物である。

・実際に食べに行って確かめた「本当に牛タンが美味しい店5選」

1. 宮城県仙台市の牛たんセット/萃萃(すいすい)

牛たんセットの内容は、牛タン、とろろ、テールスープ、ライス、冷ややっこ、漬物、味噌。とりあえず牛たんの感想を先に言わせてもらえれば、「感動」の一言。やや弾力が強めに感じるが、むしろそれが良い。

ちょっと強くかんだだけでジュワッと放出される旨味エキス。舌で旨味を感じ、喉でも旨味を感じるかのように尾を引くうまさ。

おそらく上質な牛たんゆえ、肉汁の埋蔵量が他店のものより濃いのだろう。この食感だからこそ、「かめばかむほどウマくなる現象」が凄まじく生きる。

住所:宮城県仙台市宮城野区萩野町2‐12‐1
時間:11:30~21:30
休日:日曜日

出典 YouTube

2. 東京都港区六本木の黒毛和牛厚切りトロタン塩/牛和鹿

おそらく、この焼肉店の牛タンは「日本でいちばん極厚の極上牛タン」である。厚めの牛タンを出す焼肉店はいくつもあるが、ここまで豪快にカットし、常識を覆す厚みで「超極上牛タン」を提供している店はあるまい。

そう、その厚みに比例して、旨味が「とんでもなく極上」なのである。まるで特上カルビのように決め細やかな霜降りの牛タンで、そこに埋蔵されている肉汁(旨味エキス)は膨大。

食べた瞬間に溢れ出る肉汁は、まさにアラブの油田。いつまでも枯渇することなく噴き出していそうなほどである。

住所:東京都港区六本木7‐14‐11
時間:11:30~15:00 18:00~24:00 金18:00~24:00
休日:年末年始

3. 東京都千代田区神田練塀町の味噌たん焼き/たん清

食べるとジュワッと濃厚な肉汁とともに溢れ出るのは、しっかり仕込まれた味噌の塩味と旨味。プリップリの牛タンは薄切りで、サッと炙るように焼き、ご飯と一緒に食べるのが至高。

ランチタイムは朝から行列ができるほどの人気店だが、ディナーは飛び込みでも入れることがある。「間違いない牛タン」を食べたいならば、この店は間違いない。

住所:東京都千代田区神田練塀町45番 ライオンズマンション秋葉原 B1F
時間:17:30~23:00/土17:30~22:00
休日:日祝

4. 東京都目黒区中町の牛たん/東京苑 祐天寺

箸でつまむとわかる、ふわっとした感触。ここの牛タンは、他店では体験できない「食べる前から牛タンの良さ」を感じさせてくれる希少な存在。まずはそのまま、なにもつけずに食べるのが流儀。

ジワジワとあふれ出る肉汁を堪能したら、次はタレによって増幅された旨味を堪能する。ダブルで楽しめる。それは、牛タンの鮮度が良くないとできない芸当だ。

住所:東京都目黒区中町2‐38‐28
時間:17:00~25:00
休日:火曜日

5. 東京都目黒区下目黒の牛たん/焼肉ギュービッグ 目黒店

霜降り、極厚、そして新鮮、すべての面において豪快な牛タンと言えば、「焼肉ギュービッグ」以外に思い当たらない。本来、牛タンが薄くスライスされているのは火の通りを良くするためと、それが牛タンにとってベストな食感を生むから。

しかしながら、焼肉ギュービッグの牛タンは別格。「新鮮さと肉質」で極厚な牛タンの美味しさを引き出し、美味しい牛タンを探求。ここでしか味わえない「豪快」を体験するべし。

住所:東京都目黒区下目黒1‐2‐22 セザール目黒2F
時間:18:00~24:00
休日:無休

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス