記事提供:LITALICO 発達ナビ

朝のお支度、こだわりに付き合いながら…。

忙しい朝に、こだわり炸裂の娘…

こだわりの強い時期は、親1人で抱え込まない。周囲の人の手を借りながら

娘のるんが年中だった頃の話です。

るんは、朝起きてから登園するまでの流れが細かく決まっており、思い通りに行かないとものすごい癇癪を起こすことがありました。朝起きたら2階から誰よりも先に1階に降りる。

トイレに入るのは自分が最初で、居間の電気を点けるのも自分がやる…など。家族がうっかり先にやってしまったり、流れを邪魔してしまったら、それはもう大変なのです。

ですが、朝の支度がスムーズに終わると「ちょっと凝った可愛い髪型」をリクエストできると決めており、それを本人はとても楽しみにしていました。

正直面倒臭くもありますが、私も娘の喜ぶ顔も見たいし、少しでも上機嫌で登園してほしい。ですが、「これは私がイメージしたのと違う!」というトラブルがしょっちゅう起こるのです。

そんなとき、通園バスに乗っている先生の素早い対応に、とても助けられました。あんなに怒っていた娘が、スッとバスに乗り、先生の言うことを落ち着いて聞き入れるのです。

頭が下がると同時に感心しきりでした!自分だけで出来ないことは、慣れてる先生に任せるのも大事だなと思います。

今は、るんも大分スムーズに切り替えられるようになっています。ちなみに最近のブームは「自分で髪を結ぶ」なのですが、これも上手くできないと大変です(笑)

「3回トライしても上手くできなかった時は、ママに頼むこと」という約束をして、今のところ大きくトラブルになることもなく登園できています!

イラストレーターのご紹介

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス