母一人、子一人。そんな環境で育っているジェイレン君にとって、母のシャーホンダさんは大親友。現在はカリフォルニア州に小さな家を借りて親子で暮らしています。現在8歳になるジェイレン君は、最近「JALEN'SBAKERY」というベーカリーをオープン。自分で焼いたクッキーやマフィン、タルト、バナナパンなどを売っています。サイトにはジェイレン君の焼いた美味しそうなスィーツがずらり。

「お母さんに新しい家を買ってあげたい」

出典 https://www.youtube.com

ジェイレン君は米ABCニュースのインタビューで、実際にお菓子を作っている姿を披露しました。自宅はあまりにも小さく披露できる場所ではないので、セッティングされたスタジオでの披露となったわけですが、ジェイレン君は「こんな素敵なキッチンがある家にお母さんと住みたい」と話し、ベーカリーを始めたのは将来母のために家を買ってあげたいからだと語りました。

「僕とお母さんと二人で幸せに暮らしていきたい」

出典 https://www.youtube.com

これまで、様々な事情があり苦労して自分を育ててくれているお母さんを見て来たのでしょう。8歳という幼い年齢でありながら親孝行したいという心意気は素敵。そしてそのために、実際に何かを始めるというのも普通はなかなかできることではありません。

ホームレスの子供達のためにも一肌脱いでいるジェイレン君

出典 https://www.youtube.com

母に家を買ってあげたいという目的を持っているだけではなく、ジェイレン君はホームレスの子供達を支援するためのキャンペーンも始めたそう。ベーカリーの売り上げの一部はホームレスの子供達の支援になるということです。全てを一人で考え行動しているジェイレン君に、母のシャーホンダさんはただただ感心しているといいます。

出典 https://www.youtube.com

ジェイレン君の得意なお菓子作りはピーナッツバタークッキーなんだそう。ちゃんと計量カップで計って作る仕草もなかなかのもの。お母さんはアシスタントをしているだけ。

「あの子を誇らしく思います」

出典 https://www.youtube.com

真横で我が子が一生懸命頑張る姿を見て「とても誇らしい」と嬉しそうにインタビューで語ったシャーホンダさん。「どんなに貧しくても、他人を思いやる子供に育てたいと思い必死で子育てしてきました。あの子が実際にそんな風に育ってくれていると知ってとても嬉しいです。」

カリフォルニア州は物価も高く家の値段も相当なんだそう。先日も同州サンフランシスコ・ベイ在住のシングルマザーが高い家賃を払えずホームレス状態になり、二人の幼い子供を連れて、住民が改造したガレージに暮らしているというニュースが伝えられました。

仕事をしていても一ケ月分の家賃を払い生活していくには少ない収入ということで、現在は家賃10万円のシャワー・トイレ付きのガレージ暮らしをせざるを得ない状況。こうしたニュースを見ても、カリフォルニア州がいかに厳しい物価高状況であるというがわかります。

現在、カリフォルニア州にはアップル本社やグーグル本社など世界でも有名な企業が立ち並んでいるエリアは特に家賃が高く、経済的困難を抱えながら暮らしている人は決して少なくないそうです。一つの州でもくっきりわかれてしまう貧富の差。ジェイレン君もそんな環境に住む一人。でも、彼は断固たる目的と希望を持って生活しています。

夢を見るのは誰でもできること。でもその夢を叶えることは実はとても難しい。それでもわずか8歳のジェイレン君は日々、お金を貯めるために頑張っています。そんな姿を見ると私たちも勇気づけられますよね。ベーカリーの評判も地元ではなかなかなんだそう。近い将来もっと有名になって、いつの日か念願の家を買うことができればいいですね。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス