赤ちゃんにとって毎日欠かせない“おむつ”。ママにとっては、おむつ替えは赤ちゃんと触れ合う大事な機会ですが、ときには悩みの種になることも。

新生児のときは、おむつ替えの回数の多さにママが疲れてしまったり、あんよが出来るようになると、動くことでモレたり汗をかくことでムレやすくなってしまったり

先輩ママはどんな風におむつとの向き合っているのでしょうか?

先輩ママの蛯原英里さん

“おむつ替え”についての色々な想いを聞くべく、一昨年に出産をされて今まさに子育て中の蛯原英里さんにお話を伺いました。

日本チャイルドボディケア協会の会長でもある蛯原さんが語る、“おむつ替え”が楽しくなる意外な方法とは?!

Spotligt編集部(以下編集部):もうすぐお子さんが2歳になるということですが、成長したなと思うのはどんなときですか?

蛯原英里さん(以下蛯原さん):断乳してからは、よくしゃべるしたくさん動くようになって、歌いながらダンスもしてくれるようになりました!わんぱく過ぎてジッとしてくれない時もあって、困っちゃいます(笑)。

編集部:一緒に遊ぶのも楽しいですよね。でも、動きまわるようになると着替えやおむつ替えが大変なのでは?

蛯原さん:そう!おむつを履かせる一瞬でも、突然クルっと体位を変更しちゃったり、足をバタつかせたりするから大変!とりあえずヒザ上まで勢いよくはかせて、あとからズレないように調整してます。そのためにも、おむつは良く伸びるものがいいですね。

あと、本当によく動くので、おむつがズレておしっこが漏れないか気になりますね。夏場は腰のあたりや、お尻がムレたりかぶれたりしないかも心配です。

編集部:実際にかぶれたことはありますか?

蛯原さん:1歳の夏にあせもができました。おしっこ以外にも、汗をかいておむつも湿っていたので…。そこから以前よりも、おむつ選びに気を配るようになりました。

おむつ替えは「大切なスキンシップの時間」

編集部:蛯原さんが子どものボディケアという観点から、おむつ替えのときに気をつけていることはありますか?

蛯原さん:
ただ慌てて替えるのではなく、まず観察すること。おむつ替えは赤ちゃんの体調の変化を知るきっかけにもなるんですよ。

あとは、お腹に息をやさしく吹きかけると子どもが喜ぶのでよくしています。子どもに、おむつ替えがイヤなものというイメージを与えたくないので、ママと子どもが一緒に楽しめる時間にしています。

イヤイヤ期は"お願い"で乗り切る!

編集部:もうすぐ2才ということは、イヤイヤ期はどうですか?

蛯原さん:もちろん、ありますよ〜。普段わんぱくな分、イヤな時の身のよじらせ方もアクロバティックです。(笑)

編集部:おむつ替えも大変そうですね。

蛯原さん:そうなんです。そんなときは、おむつ替えの前に子どもに(おむつ替えへの協力)「よろしくおねがいします」とお願いするんです。(笑)そうすると、子どももおむつ替えに協力的になってくれて、自分から腰を上げてくれたりするのでラクですよ。最近では、自分で履いてくれる時もあります。

編集部:すごい!それは試してみる価値がありそうです。

蛯原さん:子どもが自分で履けた後は「すごいね!」と褒めることで達成感も感じているみたいです。親がすることというイメージのおむつ替えを、子どもと協力してする共同作業って位置づけました。

蛯原さんのおむつ選びのポイントはココ!

編集部:蛯原さんがおむつを選ぶ時に大切にしているポイントはどこでしょうか?

蛯原さん:まず、肌ざわりがやさしいこと。それからムレにくいこと…あとは動きにフィットするかですね。触り心地が柔らかいかは自分で触って確かめてみますし、しゃがむ動作をよくするので、脚の付け根が赤くならないかも気にしています。

編集部:毎日履くものですから、動いているときに締め付けないか心配ですよね。

蛯原さん:おむつ替えのときに、使用後のおむつの内側を触りますね。吸収しきれず自分の手につかないかなって。吸収されていないと逆もどりしたり、ムレにつながるなど肌にもよくないので。サラサラかどうか確かめたりします。

編集部:確かにおむつ本来の目的でもある吸収力も大切なポイントですね。

ーーーーーーー

おむつの使用感を赤ちゃんの気持ちを考えて、細かくチェックをするという蛯原さん。ここで新しくなったパンパース さらさらパンツを実際に手にとってみて頂きました。

新しいパンパース さらさらパンツの触り心地は?

編集部:実際に手にとった感触はいかがでしすか?

蛯原さん:すごく伸びがいいですね!これまでは、ウエスト部分を伸ばしたら強い戻りを感じましたが、新しいものは伸びが良いしキツ過ぎないから、ギャザー部分も痛くなさそう。それにやわらかく、ふわふわな手触りですね。赤ちゃんの体にやさしくフィットしてくれそうです。

「あれ!全然違う!」

蛯原さん:赤ちゃんってお腹が出ていて腰の部分が細いので、身体のラインに沿わない部分からのモレが心配だったんです。でも、これならぴったりフィット。ウエストがズレたりして、おむつが股の部分でもたつくこともなさそう

見た目のデザインが可愛らしいし、サイド部分もシースルーなのでムレたりせず肌に優しそうなのも魅力的です。

おむつの話になると、話が止まらない蛯原さん。おむつを選んで肌で触って確かめて、つけてあげて…ママの愛情はおむつからも、伝わるのかもしれませんね。

蛯原さんにも実際に、お家で使ってみてもらいました。

蛯原英里さんも愛用中♥

旧式のものと新しいものを触ってみたのですが、これがホントに驚くほど違うんです。

その広がりと言いますか、、、伸縮性がすごく上がったなと感じましたそして手触りも全然違うので驚きました。

娘は最近オムツを自分で履いたりができるようになったんですけど、従来のものだと幅が狭くてなかなか足が……という場面もしばしばあったのですが

「360°のびのびフィット」の新しいパンパースなら幅も広いし、自分で履ける機会も増えるかなと期待しています。

新しいパンパースを使ってみた蛯原さん。使ってみたときのハッピーな気持ちが伝わってきます。"お願い"の甲斐もあり、自分で履けるようになった子どもにとっても、やさしく伸びてしっかりフィットするから履きやすくオススメです。

蛯原さんの他にも、いち早く新製品を試してみたママから驚きの声が届いています!

赤ちゃんのどんな動きにも対応してモレない!

本当に、よく動きますそんな、わんぱくな娘にも嬉しい機能が、モレ防止も最長12時間!なんです。
ありがたいですね~!

パンパースの吸収力とモレ防止ギャザーも!
これで、モレも安心です。

わんぱくな動きでも、モレをしっかり防止してくれるのでママの悩みも解決!

ふわふわの肌触り♡
お腹まわりもふわふわ♡
敏感な息子の肌ですがパンパースでは肌荒れを起こしたことがなく安心して使うことができています。可愛いしまじろうも嬉しいです♡

2歳になり動きも激しく、やんちゃな息子ですが動きに合わせて伸び縮みしてくれてしっかりフィットしてくれます☆

敏感肌の息子さんも肌荒れしたことないとの声も。ずっと履くものだからこそ、肌触りも大切ですね。

どのママも新しくなったパンパースを使ってみて、今までとの違いを実感されています。そんな、みんなが絶賛するパンパース のびのびフィットの特長とは?

1. パンパース独自の"1枚多いさらさらシート"

パンパース独自の"1枚多いさらさらシート"によって、おしっこをすばやく、おむつの内側に閉じ込めて逆戻りを防ぎます。

おしっこをした直後の“ムレ”まで吸収し、ベタつきを最大99.9%カット(※)赤ちゃんのお肌をさらさらに保ちます。

※吸収後の逆戻りを計測。

2. 全サイズで“360°のびのびフィット”を採用!

赤ちゃんのウエスト部分に締め付け感なく、おしっこをした後でもズレ落ちないサポート力をもたせることに成功しました。

赤ちゃんへのやさしさにこだわったパンパース のびのびフィット。サイズもS、M
、L、ビック、ビックより大きいサイズまでの5サイズあるので、どの成長期でも使いやすいですよ。

“おむつ替え”で毎日をハッピーに

最後に蛯原さんは悩めるママに自身の経験から、こんなことを仰っていました。「この子の一番幼い姿は今この時しかない。あとはどんどん成長していく…そんな風に考えるとどんな時でも娘が愛おしいと思えるようになりました」

日々成長すると考えると愛おしさが増してくる…。そんな風に考えられるのも、おむつ替えを通して赤ちゃんとスキンシップをしているからかもしれません。

さらに進化したパンパースさらさらパンツで、おむつ替えを赤ちゃんとママの幸せな時間にしてくださいね。

(撮影/松本有隆、ヘアメイク/佐々木育美)

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス