記事提供:日刊サイゾー

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や、『白熱ライブ ビビット』(TBS系)などに出演する“タレント弁護士”の大渕愛子(38)に批判が殺到。タレント廃業危機に瀕している。

大渕弁護士は、2010年に離婚した女性から養育費請求の依頼を受けたが、その後、女性が法テラスの代理援助制度を利用。

規定上、法テラスを利用した依頼人から、弁護士が直接報酬を受け取ることはできないが、大渕弁護士は法テラスが支払った金額以外に、女性から着手金や顧問料として17万8,500円を受領。

弁護士会の説得に応じた同年10月までのおよそ5カ月にわたり、返金を拒否していた。

東京弁護士会は2日、「弁護士の品位を失う非行があった」として、業務停止1カ月の懲戒処分を発表。

これを受け、『行列のできる法律相談所』は、収録済みの7日放送分について「編集で対応する」とコメント。ほかのレギュラー番組も、出演を見合わせるという。

同日開かれた謝罪会見で、「法テラスの制度をよく知らなかった。依頼人の方に心よりおわび申し上げたい」と謝罪した大渕弁護士だが、

ネット上では「1カ月なんて軽すぎる」「弁護士の資格、取り消すくらいしろよ」「法テラスの仕組みを知らない弁護士なんて、やばすぎだろ」などと厳しい声が相次いでいる。

また、会見で着ていたミニスカートに対し、「謝罪する気あるのか?」「誰に対するアピール?」「キャピキャピしすぎ」「妊婦なら、足冷やすなよ」「産婦人科医から『足冷やすな』って言われてないのかな?」との声も。

「会見に登場した大渕弁護士は、膝上10センチほどのミニスカートのスーツ姿で登場。

妊娠6カ月のため、座ったままでの質疑応答となりましたが、会見の最後に立ち上がり、深々と一礼した際には、スカートのお尻側が上がり、太ももが露わになっていました。

これまでのタレントの謝罪会見では、倖田來未の時のような黒のパンツスーツや、ベッキーの時のようなロングスカートが定番だった。そのため、ミニスカートに違和感を覚えた人も多かったよう」(芸能記者)

美人弁護士として人気を集めた大渕弁護士。夫で俳優の金山一彦からは、「今回のことを今後の弁護士活動に生かして、頑張っていきなさい」と言われたというが、少なくともタレント活動は今までどおりとはいかないだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス