子供を出産しママタレントとして活動する芸能人が多い昨今。ブログで我が子の成長を投稿してくれることが多々ありますが、皆さんオムツを外してトイレ習慣をつける「トイレトレーニング」は誰しもが通る道のようですね。今回はママ芸能人たちのトイレトレーニング事情を見てみましょう。

大堀恵さんはアンパンマンシールで気を引く作戦

出典 http://ameblo.jp

トイレトレーニング…。
中断が長引いています^_^;

『トイレ行こうか~~?』
『イヤよ!』とぴしゃり。
わたしの誘い方が悪いのかな~
トイレのイメージが悪くなっているような気がします^_^;
これは、大変!
『ちっちしたら気持ちが良いよ~』を合言葉にもう少し誘ってみます♪
アンパンマンの頑張りましたシールを赤ちゃん本舗で見つけたので、買ってみました
アンパンマンサマー
あとは、アンパンマン頼みです(笑)

出典 http://ameblo.jp

シングルマザー芸人ももちさんは「褒めまくり作戦」

出典 http://ameblo.jp

もうすぐ2歳。
体格の良い息子は既にビッグサイズの紙パンツを履いていた。
1歳半の頃1度トイレトレーニングをしたが失敗。
『ちょっと早過ぎたかな?』と、その時はあっさり終了。
暖かくなってきた時期を見計らって再挑戦した。

まずは部屋の隅におまるを置き、息子に長めのTシャツを着せ紙パンツを脱がせた。
理由は『たぶん、紙パンツにはオシッコしてもいいと思ってるよなぁ』と思ったから。
そのまま日中を過ごした。

するとお昼寝をしてもご飯を食べていても全くオシッコをしようとしなかった。
『お、やっぱり!』と自分のナイスアイデアを自分で褒めた。
お昼寝のあとおまるに座らせ『ここにシーしていいんだよ』と教えるとちゃんとする事が出来た。
すかさずここで有り得ないくらい褒めた。
『すーごーいーねぇーー!!!キミは天才だよー!!!』
すると息子は有頂天になり、おまるに出す度教える。
ドヤ顔で。
お母ちゃん作戦勝ちやで。笑

出典 http://ameblo.jp

ももちさんはとにかく褒めまくる

出典 http://ameblo.jp

お漏らしナシでノーパン生活3日。
次は布のパンツを履かせおまるが使えるかチャレンジ。
これもドヤ顔であっさりOK。
しかし、ウンチは失敗したことも。
間に合わず畳の上に出てしまい、その上踏み付けると言う最悪のパターンを繰り広げることもあったが
大切なのは『絶対に怒らないこと』
おまるにうまく出来ない時は思いっきり悲しい顔で
あそこにして欲しかったなぁ~と伝え、次におまるに出来たら

『すーごーいーねぇーー!!!やっぱりキミは天才だよー!!!』

と大袈裟に褒める。
ウンチも1、2回の失敗でおまるに出せるようになった。
次はトイレだ。
ここまで来たら簡単。
トイレに補助便座と踏み台を置いて、おまる撤去。
息子くんはおまるを探すが無いため『ママー!』って伝えに来る。
そしたら一緒にトイレに行き座り方を教えてあげ、出たらまた褒める!
うちはこれで10日前後でトイレマスターできました。
とにかく褒める!
あの時のドヤ顔かわいかったな。

出典 http://ameblo.jp

友利新さんは絵本で楽しく教える作戦

少し前に始めた息子のトイレトレーニング一進一退という感じですがなんとか頑張っています(^^;;
ただ、何故か最近
トイレ怖いね~
と言うようになってきてしまったんです。

座ってしまえばニコニコで用をたしてくれるのですが、行く?と聞くとダメで本人が行きたい!と言うと大丈夫なんです。

無理はさせないように
なるべく息子のペースで行けるようにしているのですが、やっぱり一筋縄ではいかないよう´д` ;
そこで、トイレが楽しい!と思ってもらえるようにこんな絵本を買ってみました。
内容はちょっと親父ギャグ的な感じもありますが、息子の反応はまずまず

蛯原英里さんは気張らずゆる〜くやる作戦

最近、イヤイヤ期の娘様は
家ではオムツを履くのを拒むので
朝から半裸状態(笑)

これは
「トイレトレーニングのタイミングかな」
と思い、暖かくなってきたし
ゆる~い気持ちで
トイレトレーニングをスタートしました
タイミングをみてトイレに連れて行き
おしっこをする真似っこをしています

もちろんその後は、しばらくの間
オムツを履いてくれず過ごしていますが
本人は、すっぽんぽんが気持ち良いのか
とってもご機嫌です

案の定、そのままオシッコやウンチを
してしまう事もありますが
まだまだ始めたばかりなので
気長に対応しています(笑)

先日、ベビーザラスに「おまる」?を
買いに行きましたが
種類が多くて決めきれませんでした

どのママ芸能人もすんなりといかないトイレトレーニングに奮闘していますね。子供一人一人に合わせて、キャラクターシールや絵本でトイレのことをポジティブに考えさせたり、とにかく褒めるなどさまざまな趣向を凝らしています。正解があるわけではなく、それぞれのお子さんが一番馴染みやすい方法を模索してあげたいですね。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら