フランス在住のアラサー主婦です。ポケモンGOが世界中で流行していますね。日本のサブカルチャーのファンが多いこちらフランスでも、ゲームを楽しむプレイヤーを外出先などで見かけます。
今回は私が見聞きしたフランスのポケモントレーナーを漫画にしてみました。

可愛いポケモントレーナーが出現した!フランス人はどうする?

初期のポケットモンスター赤・緑が日本で発売されたのは1996年。その後アメリカで1998年に、ヨーロッパでは1999年に発売されたそうです(海外では緑ではなく青だったそうな)。この方も子供時代に、今となっては懐かしのゲームボーイでプレイをしていたとの事。ただし当時は通信は出来ても外に出る必要はないゲームでしたので、他所の庭に入りたがる必要性は皆無なのですが…。

そして最終的には、可愛いポケモントレーナーをお庭に入れてあげたようです。しかし今の世の中、ユーモアのわかる子供好きの人達ばかりではないので、子供達には是非気をつけてもらいたいところです。無断で私有地に足を踏み入れるなんて以ての外ですよ。

教会で、湖のほとりで、公園で…街角でポケモンGOする人達は携帯電話のCMの様

森の中、お城や教会の周辺、オシャレな街角にモンスターが出現するなんて、RPGの世界観にぴったり。(RPG違いかも知れませんが)そこで仲良くポケモンする親子の姿はキラキラして某携帯会社のCMに使われそうです。3コマ目の夕陽をバックにした方々は、おそらく同性カップルとその娘さんの様でして、またまた外国っぽい!と思った瞬間でした。

巷で聞く、引きこもりが頑張って外に出てきた!という感じの人も目にしたいんですが、うちの近所では逆にお目にかかれません。おそらくレアポケモンならぬレアポケモントレーナーなのでしょうね。

そしてフランス人はマナーモードにする人があまりいない様で、ポケモンも音を鳴らしっぱなしでプレイしてる方が多いです。その為近づいてくるとすぐに分かります。

歩きスマホを超える超危険行為とその代償

お食事中の方、申し訳ありません。
不良キッズトレーナーはこの地に生息するリアルモンスター(お犬様)の洗礼にあい、自慢の装備(ミニセグウェイ)にダメージを与えられた様です。賢者(親切なおじさん)の忠告もむなしく…。というと笑い話の様ですが、セグウェイや自転車は以ての外で、歩きスマホも絶対やめましょう。

そもそも歩きスマホをしない様に、ポケモンが出現したら音やバイブで教えてくれるシステムになっているはずです。それにも関わらず、世界中でマナー違反が報告されているのは悲しいことです。みんなが夢中になる面白いゲームは、ルールを守って楽しく遊びましょうね。

この記事を書いたユーザー

あこ このユーザーの他の記事を見る

フランス在住のアラサー主婦です。2016年3月に男の子を出産し、現在子育てに奮闘しております。アメブロにて4コマブログを更新しております。フランスでの生活やハーフの子育てについて記事を書いていきたいです。
http://s.ameblo.jp/nuit012/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス