現在、ファッション業界で人気急上昇中なのが8歳のアヴァ・クラークちゃん。彼女はアルビノのアフリカ系アメリカ人です。

神々しいまでの美しさを放つアヴァちゃん

2万人に1人の確率で生まれるといわれるアルビノ(先天性白皮症)で生まれたアヴァちゃんは茶色の濃い目の色を持ったアフリカ系アメリカ人の両親のもとに生まれましたが、真っ白の肌、青緑色の目、金髪のように明るい髪、鮮やかなピンク色の唇をしています。

アヴァちゃんが生まれてすぐにはアヴァちゃんがアルビノだということは医師も気付きませんでした。微かに視力の問題があるとわかり、その後、遺伝子異常が発覚しアルビノであることがわかったのです。将来は見えなくなる可能性もあると言われ、盲目の学校に入れた方がいいと言われていたアヴァちゃんですが、現在は眼鏡をかけて視力を調整し普通の学校に通っています。

学校では成績も良く先生も感心

1学年上の成績レベルを持つというアヴァちゃんは、先生を感心させている様子。そして学校ではジムに参加。床運動が得意なんだとか。眼鏡姿もとってもキュートですね。

モデルデビューをしたアヴァちゃん

娘がアルビノであることがわかった両親に次いで、物心つくようになったアヴァちゃん自身も、自分は周りとは異なることを自覚しました。そしてそのユニークな美しさをファッション業界は放ってはおかなかったのです。

各雑誌でのフォトシューティングに起用

アヴァちゃんはこれまで韓国の「BOOM Magazine」やアイルランドベースの「VIP Magazine」そしてアメリカのファッション誌「Denim Magazine」などのフォトシューティングにモデルとして起用されています。

アヴァちゃんは現在モデルとして活躍しているだけでなく、アメリカを拠点にCMや映画などにも出演。また、プラダやグッチなど一流ブランドの眼鏡モデルとしても起用されているそう。アヴァちゃんの魅力はアルビノというだけでなく、意志の強さを感じさせる眼差しが特徴的。プライベート時とはまた違った「プロ」の顔を見せるアヴァちゃんには将来大物になるのではという予感を感じさせます。

ファッション業界ではアルビノの魅力を称賛し、アヴァちゃん以外にもアルビノモデルは存在します。ところがアフリカの一部地域では、アルビノで生まれると命を狙われるという危険な境遇で生活している人がいるのです。

アルビノで生まれると人には知られない苦労もある

正直、「珍しい」と人目を引きがちなアルビノですが、他人には知られない苦労もあると言われます。アルビノで生まれる約半数が乱視だったり、色素が薄いために他の人の数倍紫外線に弱いということで中には曇りの日でも普通に外を歩けないという人もいます。

特にアフリカでアルビノに生まれると皮膚がんになる確率が非常に高いそうです。見た目にはわからないこうした様々な困難を伴って生まれて来るアルビノ疾患を持つ人々。周りは少しでも彼らを理解することが大切といえるでしょう。

世界の新たなファッションスターとなったアヴァちゃん

そんなアルビノ疾患を持つアヴァちゃんは、アメリカを拠点に多くの有名デザイナーや写真家の注目を集め、Instagramでは現在7万人以上のフォロワーを持つという人気ぶり。アルビノの特徴も魅力的なアヴァちゃんですが、何よりその子供らしい笑顔が可愛い。これからも魅力を十分に引き出して、ファッション業界で活躍してほしいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス