記事提供:conobie

子どもとの買い物は大変…。そんな話はよく聞きますよね。今月で2歳になる娘とのスーパーでの買い物も、毎日なかなか大変な戦いになってきました。

目次

・カートに乗車拒否!
・抱っこで買い物をし始めたけれど…?
・手をつないで歩き出そうとすると…
・スーパーで歩き出すと…
・そして、缶詰コーナーへ
・最後のトラップ
・さあ帰ろう、と思ったら…
・子連れの買い物は戦い

スーパーに買い物に行ったら、子どもをカートに乗せて速やかに買い物を済ませたいですよね。

カートに乗車拒否!

最近の娘は、頑としてカートに乗ってくれません。

「抱っこ!!!!!!抱っこぉぉおおおおおおおお!!!!!!

と叫ぶので根負けして抱っこで買い物開始です。

子ども用カートの意味なし!!

抱っこで買い物をし始めたけれど…?

抱っこは重たいけれど、泣き叫ぶのだから仕方がありません。

抱っこしながら買い物を開始しました。

いやいや、あなたさっきまで抱っこ抱っこって叫んでいたじゃない!

いいよ、もう抱っこで行こうよ…。

そのまま抱っこで買い物を続行しようとしたら、私を蹴るわ暴れるわ…。

わかったわかった、わかったよ!

わかったからいい子で歩こうね?

ママと一緒だよ??

手をつないで歩き出そうとすると…

「いい子でママについてきてね」

そんな願いが通じるはずもなく…。

スーパーで歩き出すと…

スーパーに降り立った娘はとにかく商品に触りたがる!

だめ!絶対だめ!お肉触らない!お魚触らない!!

だめだめだめだめ値札取ろうとしないで!剥がさないで!!

やっぱりカート乗って!

じゃあ抱っこするから!

ああもう、だめだめだめだめとにかく商品に触らないで~!!

そして、缶詰コーナーへ

暴れる娘を抱えて缶詰コーナーへ逃げ込みました。

お肉も魚も野菜も触っちゃだめだけど、缶詰くらいなら娘が選んでもいいかな…。

「ねえひな?ママ、シーチキン買うからさ、好きなの選んでよ」

うん?これ買うの?鯖味噌?焼き鳥?

うーん、どこのサラリーマンかな。

カゴに入れたらまた逃走。

待て待て待て待て!

待て待て待てーい!!

最後のトラップ

さあ、なんとかレジの前まで辿り着いたぞ!

だけどここでも気が抜けない。

レジ前に並んだ小さな飴。

キラキラした包装に包まれたガム。

4連10連の武骨な乾電池。

だめだめだめだめ!!

今日はいらないから!!買わないから!!

戻して!触らないで!いいからこっちにおいで!!

そして娘を小脇に抱えたまま会計です…。

さあ帰ろう、と思ったら…

もうママ疲れたよ、ささっと袋詰めして帰っちゃおう。

「ひな!!?」

慌てて周りを見回したら

3m先で店内を匍匐前進している幼児がいる…!

ああ、うちの娘です。

「すっすみません!すみません!」

大急ぎで回収し、娘を小脇に抱えながら大急ぎでザクザクと袋詰めをして、今日も足早にスーパーを去るのでした…。

子連れの買い物は戦い

毎日の買い物が戦いです。

ああ、ああ、0歳や低月齢の育児は大変だったけれど、買い物に関してだけは抱っこ紐の中でいい子にしていてくれた時代が懐かしい…。

「3歳になったらママが言ってること、もっとわかってくれたりするよ」

「4歳になるとだいぶ楽になるよ」

そんな事を言ってくれる友人がいます。

娘、今月で2歳。

この戦いはまだまだ長く続くのでしょうか。ちょっぴり不安なママなのでした。

権利侵害申告はこちら