「束縛を受け続け、強制労働を強いられ、鞭打ちや差別に苦しみ、それでも諦めずに努力を続け、常に希望を持ち、日々成し遂げるべきことを成し遂げてきた人たちの物語。私は毎朝、多くの奴隷たちが作り上げた場所(ホワイトハウス)で目覚めています」

2016年7月25日、民主党の全国大会に登壇したオバマ大統領夫人、ミシェル・オバマはヒラリー・クリントン米大統領候補の応援演説でこう語りかけました。

黒人貧民街で生まれるも努力を続け弁護士に

ミシェルさんが生まれたのは、米・シカゴのスラム街。曽祖父は奴隷として働かされていたと言う労働者階級の家に生まれました。決して裕福とは言えない環境の中で育ったミシェルさんですが、大変な努力家で、プリンストン大、そしてハーバード法科大学院へと進み法務博士号を取得、弁護士になります。そして勤めていた法律事務所に、まだ学生だったオバマ氏が実習生としてやってきたことでその人生が大きく変わりました。それから今まで、ずっとオバマ氏を理解し支え続けてきたミシェルさん。

冒頭に紹介した言葉は、ミシェルさん自身の、そしてアメリカの抱える歴史を改めて感じさせます。

この日のミシェルさんのスピーチは、8年前となったオバマ大統領誕生時の話で始まりました。アメリカ初の黒人大統領誕生、そしてアメリカ初の黒人のファーストレディーとなったミシェルさんは、大きく環境が変わった中で暮らしてゆく子供達の母親でもありました。

アメリカのすべての子供達の手本となる様に

「まだ7歳と10歳だった娘たちが、黒塗りのSUVに乗り、銃を持った男性に囲まれて転校先の学校へ初登校する冬の朝のことは、決して忘れません。小さな顔を車の窓に押し付けて外を見ている娘たちを見て「私たちは何の為にここにいるのだろうか?」と自問しました」

「その時、私は悟りました。ホワイトハウスでの生活は、私たち家族の人間形成の場であるということを。この経験にどう対応してゆくかによって、成功か破滅か決まるということを。これは、注目を浴びざるを得ない立場になった娘たちを守るため、私達が気をつけてきたことです」

「テレビから流れるひどい言葉は無視しなさい。いじめっ子に対しては、自分たちまで同じレベルになる必要はないのです。相手がレベルを下げても、自分たちは高いレベルを保ちなさい、と教えてきました」

「両親の言動を、子供達は全て見ています。私達は親として、彼らの最も大切な手本とならなければなりません。私達は、大統領、そしてファースト・レディとして同じ志を持っています。自分の娘たちだけでなく、アメリカのすべての子供達の大切な手本となる様な言動をするということを」

大統領の役割はたったひとつ

「ヒラリーは、大統領の役割はたったひとつだということを知っています。それは子供達により良いものを残してゆく、ただそれだけということを」

「”国民一人ひとりが重要な存在である”ということを、子供達に教えてくれる大統領。人間は平等で、”全員が偉大なるアメリカの歴史の一員である”という、建国の父が掲げたビジョンを守り通すことのできる大統領。私はそのような大統領を望みます」

「核のボタンを持つ人間が、怒りっぽく攻撃的ではいけません。冷静であり、何事にも慎重で、知識と経験が豊富な人物でなければ。『偉大な国ではなくなったアメリカを、再び偉大な国にしよう』だなど、誰にも言わせてはいけません。アメリカはすでに今、世界で最も偉大な国なのです」

「子供達が安心して社会へ出られる様に、私たちのリーダーは”子供達の希望”となる存在であって欲しいと思います。そして子供達が、愛と希望、果てしなく大きな夢をいつでも持ち続けることができる、そんなリーダーが理想なのです」

「私たちは今、奴隷が建てた家(ホワイトハウス)で、毎朝目覚めます。そして私の娘たち、賢くて美しい2人の若い黒人女性が、ホワイトハウスの芝生で犬と遊んでいる姿を眺めます。ヒラリー・クリントンのおかげで、私たちのすべての息子や娘たちが、女性が大統領になるのを当たり前だと思えるようになるのです」

奴隷たちの建てたホワイトハウスに黒人であるオバマ一家が暮らすという事は、以前ならば在りえないと言われたでしょう。けれど今、それはごく当たり前の景色となっています。ヒラリー候補が女性初の大統領になる事で、未来を担う子供達が”女性が大統領になる”という事がごく自然な事として受け入れる事が出来る様になる、そんな未来をミシェルさんはこのスピーチで提示しました。

またこのスピーチは、個人名をあげて攻撃することもなくトランプ氏のスローガンを打ち砕いた事も素晴らしいと、賞賛の声が上がっています。まさに”すべての子供達の手本となる”というミシェルさんの言葉通りです。ミシェルさんのスピーチは、こちらのサイトで全文を読むことができます。

このスピーチは、オバマ大統領も大絶賛。

素晴らしい女性による最高のスピーチ。これ以上誇らしい事はない。アメリカは彼女がファースト・レディで恵まれている。ミシェル、愛してる。

最高に魅力的なファーストレディー

今回、素晴らしいスピーチで多くの人の心を掴んだミシェルさん。なんとミシェルさんの支持率は、就任後平均69%という高い数字をキープしています。その人気の秘密はたくさんありますが、何よりまず「家族を大切にする」その姿勢。母親のマリアンさんを、ホワイトハウスに招いて親子3代がホワイトハウスで同居。「娘たちにとってその存在はとっても大切。見て学べる事がたくさんある」というミシェルさん。

また、子供達も食べ終えた食器をキッチンに運ぶ、自室の掃除やベッドメーキングは自分でなどのルールは、ホワイトハウス入りしてからも変えていません。

政策や外交課題に口は出さずに、女子教育や食育などに限定して積極的な活動を行っていて、貧しさのために教育の機会が得られない女性たちの支援をする社会活動『Let Girls Learn』も立ち上げました。「女性が生きていく上で、教育は生きる最大のパワーになる」事を、自身の体験で実感しているのです。

また、ジャクリーン・ケネディ夫人以来のファッション・アイコンという声も高く、そのファッションはいつも注目の的。スタイリストはつけず、高価な服だけでなく、時には「H&M」を着こなす庶民的な部分も人気の秘密です。

出典 http://www.cosmopolitan-jp.com

ちなみにこのドレスはH&Mで39.4ドル(約2700円)販売時についていた細いベルトを外して、太いベルトにアレンジ。

そして最高にクールなのが、その気さくで気取らない性格。ホワイトハウスに女子高生を招いて話を聞いたり、視察先の学校で子供達と一緒に踊ったり。

自身のInstagramではアプリで遊んでいる動画を投稿したり…

TVのバラエティー番組に出演して歌やダンスを披露したり…

時にはコントまで披露しちゃたり!

公式行事の時の姿とのギャップが、なんとも魅力的すぎる!この生き生きとした姿が、未来を担う子供達にたくさんの夢と希望を与えているのは間違いないのではないでしょうか。

オバマ大統領の任期は2017年の1月まで。次期大統領が誰になるのかも気になるところですが、残り半年、ミシェルさんの素晴らしい姿も目に焼き付けておきたいですね。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス