2016年4月に起きた熊本地震。その被害は広い範囲にわたり、熊本のシンボルともいえる熊本城も天守閣や石垣、櫓に大きな被害を受けた建物のひとつです。先日、とくに倒壊の危機がある飯田丸五階櫓(やぐら)の工事が行われ、その様子がネットで公開されました。

実はいま、その工事風景が凄いと話題になっているんです。いったい、どのような工事になっているのでしょうか?

熊本地震で大きな被害を受けた「熊本城」

国の重要文化財の櫓(やぐら)は倒壊するなど全てが破損し、石垣が各所で大規模に崩落するなど、深刻な実情が明らかになった。

城の南側にある5階建ての「飯田丸五階櫓」は、土台となる石垣の大半が崩落。四隅のうち1カ所は縦に並んだ数個の石のみで支えられ、今にも倒れそうだ。

出典 http://www.jiji.com

櫓や門などが重要文化財に指定されている熊本城ですが、4月に発生した熊本地震により13の建築物すべてに大きな被害が出ました。

全長242メートルあった長塀は、約100メートルが倒壊。石垣や建物が大きく崩れ、屋根から落ちた瓦が天守閣前の広場に散乱するなど、被害はかなり深刻な状況となりました。

特に危険な状態だった「飯田丸五階櫓」

写真を見てもらえるとわかると思いますが、飯田丸五階櫓は石垣が崩れてしまったため、隅石1本で建物を支えています。倒壊は免れてきたもののいつ倒れてもおかしくない状況のため、倒壊防止の緊急工事を行うこととなったのです。

熊本地震で被災し、柱のように残った石垣だけで支えられている熊本城の飯田丸五階櫓(やぐら)(木造5階建て)を巨大な門形の鉄骨で取り囲む工事を報道陣に公開した。

この日は、約3時間かけて門形の鉄骨(高さ14メートル、長さ33メートル、幅6メートル)を櫓のある位置まで約20メートル移動させた。26日には石垣の空洞部分に支えとなる鉄骨を差し込むなどし、今月中に倒壊防止工事を終える予定だ。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

熊本城の公式Facebookが公開したこの工事風景は、凄すぎると話題を呼びました。

出典 YouTube

熊本日日新聞社のYouTubeチャンネルで、動画も公開されています。

Facebookやツイッターなどでは賞賛の声が相次ぐ

Twwiterや熊本城のFacebookのコメント欄には、「難しい工事でしょうが頑張ってください」「安全第一、どうか無事に成功しますように」という応援メッセージがたくさん寄せられています。

飯田丸五階櫓が崩れないかいつも心配していましたが、もうすぐ助かる時が来ますね。本当に3ヵ月間、隅石で耐えたのが凄いです。完全に復旧するまで時間はかかりますが、復旧した時は飯田丸五階櫓をまた見学したいです。

出典 https://www.facebook.com

日本の技術は、やはり凄い❗️凄すぎで何度も見てます。熊本城頑張れー😃作業員の安全を祈ります😊

出典 https://www.facebook.com

すごい技術ですね。熊本城🏯も素晴らしい建造物です。先人の知恵と技術、現代の技術、双方の力を受けて復活する熊本城はどのお城にも負けない輝く熊本のシンボルとなるのでしょうね。工事の安全と復活の日を祈ります。

出典 https://www.facebook.com

熊本城が復旧へ向け動き出したことを喜んでいる人が多いんでしょうね。「日本の技術は素晴らしい」という技術の進歩に感動した人も多かったようです。

危険が伴う大掛かりな工事のため、作業する方々の怪我はもちろん、暑い季節なので熱中症に気をつけてという声も。

熊本城の天守閣は3年後に「再建」へ!

熊本市の大西一史市長は26日の記者会見で、熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城の天守閣を2019年度までに再建し、35年度までの20年で城全体を被災前の状態に戻す意向を示した。全体の復旧費は600億円を超える見通し。

大西市長は「国際スポーツ大会が開かれる19年までに、復旧した天守閣を国内外の観光客に見せたい」と天守閣の復旧を先行させる考えを強調した上で、「石垣の復旧までに相当な期間を要する。20年はあくまでも目標」と説明した。

出典 http://this.kiji.is

3年後の平成31年には、「ラグビーワールドカップ日本大会」の試合が熊本市で開催されます。天守閣再建は復興のシンボルです。熊本城が元の姿に戻ることが、たくさんの人々に勇気と希望を与えることとなるでしょう。

飯田丸五階櫓の工事風景にはスゴい!の一言です。「熊本城全体については20年間で地震前の姿に戻したい」と語っている熊本市長。飯田丸五階櫓の補強工事は完了し、地震により通行規制がかかっていた周辺道路の復旧も完了するなど、熊本城は少しずつ、でも確実に復旧の道を歩んでいます。

全体の修復は20年後が目標とまだまだ時間がかかりますが、日本三名城のひとつでもある熊本城が、一日でも早く元の姿を取り戻すことを期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

鳥羽花子 このユーザーの他の記事を見る

広告代理店勤務を経て、結婚後フリーライターに。

エンタメやグルメ、ネットでの流行など幅広く興味があります。
子育てのかたわら、休日はカフェで執筆作業が息抜き。
話題の出来事をわかりやすく、公平な視点で書いていきたいと思います。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 社会問題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス