今年の4月から始まった電力自由化。みなさんはこのメリットをどの程度、把握していますか?まだ電力会社を乗り換えていない人の中には、「仕組みがよくわからない」「本当にお得なのか?」と感じている人も多いと思います。でも意外とシンプルなのでサラっとお勉強しちゃいましょう。

もしかしたら、あなたは損をしているかもしれません!簡単にできる“電気料金シュミレーション”で、どれだけ節約できるのかチェックしてみませんか?

電力会社を乗り換えた人はどのくらいいるの?

送配電網の整備や需給調整機能を強化することを目的に設立された「電力広域的運営推進機関」の発表によると、4月1日の電力自由化が始まって1ヶ月後の4月30日時点で、切り替え申請の件数が約82万件に達しました。

自由化が始まった当初(4月1日)は約55万件の切り替え申請数であったため、1か月間で1.5倍近く(約27万件)伸長しています。堅調に切り替え申請数を伸ばしておりますが、自由化が始まる前の事前受け付けの段階と比較すると、伸びは鈍化しております。

出典 http://pps-net.org

受付を開始した当初は、切り替え申請の件数が大幅にアップしました。現在はだいぶん落ち着いてきているようです。

しかし、まだ様子を見ている段階の人や、あまり興味がないという人が多いのも現状です。これからどのように切り替え申請を伸ばしていくか、各電力会社がいろいろな秘策を打ち出しています。

ガス会社が好調!?人気の電力販売会社は

10ある電力管内で最も切り替え申請数が多いのは、東京電力で全体の6割以上を占めています。実は電力自由化に参入しているのは、電力会社だけではありません。実はいま、ガス会社が好調のようなんです。

東京ガスは電気料金プランの申し込み件数が、7月20日時点で約40.1万件となり、2016年度の計画値である40万件を突破したことを発表しました。40万件の内、低圧電力の販売に関する業務提携を行った事業者を通じた申し込み件数は約9,500件とのことです。 

東京ガスは、1月4日から4月4日までの3ヶ月間で申し込み件数20万件を突破していましたが、そこから3ヶ月半で申し込み件数を倍増させています。

出典 http://kakaku.com

なぜ、こんなに人気があるのか?

カス会社にすることでどんなメリットがあるのかというと、ガスと電気のセット割りというプランを利用することができます。東京ガスの場合、毎月の電気料金が270円が引かれるので、一年で3240円安くなるのです。さらに、1,000円あたり15ポイントがつくので、電気を使えば使うほどポイントがたまっていきます。

東京ガスはほかにも「東京ガストリプル割」というプランを用意していて、さらに年間最大3,800円もお得になるんです。

「東京ガストリプル割」は、当社提携プロバイダが、光回線サービス(NTT東日本からのサービス卸)とインターネット接続サービス(プロバイダサービス)を一括で提供するインターネットサービスの料金を割引するサービスです。

出典 http://power.tokyo-gas.co.jp

電力販売会社の上手な選び方

電力会社のなかには、電力以外のサービスと一緒に利用することで、トータルでみた料金を大幅に割引くサービスを実施しているところがあります。

電気料金の設定がそもそも割安で、さらにセット割を提供している電力会社に切り替えることができれば、想定以上の節約することも可能です

出典 https://energysave.jp

やはり一番安くなる電力会社を選ぶことがおすすめです。セット割引などを上手く利用していきましょう。発電の方法は電力会社によって違います。環境にやさしいエコな電気を購入できるプランもあるので、いろいろな会社のプランをチェックすることが大切です。

自分にぴったりの電力会社が見つかる!電気料金シュミレーション

「でもどこの電力会社がいいのかわからない…」という人も多いと思います。そこで、まだ乗り換えてない人におすすめなのが、“電気料金シミュレーション”です。簡単な質問に答えるだけで、自分にぴったりの電力会社を探してくれます。

ほとんどの電力会社で行われていますが、今回はこちらのサイトでシュミレーションを試してみます。

まずは、簡単な質問に答える

出典 https://enechange.jp

世帯の人数や家にいる時間帯など、毎日の生活でどのくらい電気を使用しているのかを調べていきます。

電気使用量を入力

出典 https://enechange.jp

1ヶ月の電気代を入力する画面があるので、電気料金の請求書や領収書を手元に用意しておきましょう。5つある質問の回答をすべて入力して、「シュミレーション結果へ進む」というボタンを押します。

おすすめ順で電力会社が表示される

出典 https://enechange.jp

このように、自分に一番適した電力会社が表示されます。今回の場合は18件のプランが該当したので、その中から自分の気に入ったものを選ぶことができます。最も電気を使う月や、ほかの世帯との比較もできるので、調べてみるだけでも楽しいかもしれません。

いかがでしたか?私も電力自由化については、わからないことばかりでした。でも、料金シュミレーションでどれだけお得になるか知ることで、すぐにでも変えてみたいという気持ちが湧いてきます。申し込みもネットだけで完了するものも多く、特別な作業も必要ありません。誰でも気軽に電気を乗り換えることができるのです。

気になった電力会社のメリット・デメリットをきちんと把握して、上手に電気代を節約していきましょう。

この記事を書いたユーザー

鳥羽花子 このユーザーの他の記事を見る

広告代理店勤務を経て、結婚後フリーライターに。

エンタメやグルメ、ネットでの流行など幅広く興味があります。
子育てのかたわら、休日はカフェで執筆作業が息抜き。
話題の出来事をわかりやすく、公平な視点で書いていきたいと思います。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 社会問題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス