インターネットで出会いを探す

Licensed by gettyimages ®

今では珍しくもない「ネットでの恋人探し」。もちろんサイトによっては危険なリスクを負うものもありますが、ちゃんとしたエージェントだって存在します。ネットを通して人との繋がりを求めるというのは今は普通のこと。

オランダ人のアレクサンダー・ピーター・カークさんもそんな一人でした。

41歳のカークさんは2か月前にネットで知り合った26歳の中国人女性と意気投合。チャットを続けるうちに、彼の中に特別な感情が芽生えたことに気付き、その女性と会う約束をしました。

中国に住むその女性は、ネット上では「Zhang」と名乗っていたそうです。そしてオランダから約4,500kmもの距離を飛んで中国までやって来たカークさん。Changsha Huanghua国際空港でひたすら女性を待ち続けました。

10日間、空港でずっと女性を待っていたカークさん

Pinned from metro.co.uk

なんとカークさん、深くその女性のことを信じていたのでしょう。10日間もひたすら空港で待ち続けたのです。そして疲労のあまり体調を崩し結局は病院へ搬送されるという羽目になってしまいました。

「体力が続くならきっともっと待ち続けた」

Pinned from metro.co.uk

カークさんの女性に対する情熱は相当なものでした。空港で連絡を取ってみたものの電話が繋がらなかったそう。その後、中国メディアが女性に連絡と取ると「別の市で整形手術を受けていたので出られなかった」とコメント。

「冗談だと思った」

Pinned from metro.co.uk

中国メディアの取材にこの女性は「最初はロマンスが生まれそうな雰囲気だったけど、彼の態度に冷たさを感じるようになった。中国まで行くよと言われたけど本気にしていなかった。航空券の写真をスマホに送られても冗談だと思って信じていなかった。それから彼と連絡が途絶えた」と答えています。

自分の健康を犠牲にしてまで10日間、空港で来ない彼女を待ち続けたカークさん。なんとか体調も回復し退院した後は無事にオランダへ帰ったそうですが、女性は「私たちはまだ終わっていないと思う。(整形)手術が回復したら彼に会いたい」と話しているとか。

中国の大手SNSでは、カークさんの話題でもちきり。「こんなバカな男いる?」「中国は何でもフェイクだって知らないのか」「空港に行ってみたけど、あまりにダサ過ぎて会わずに引き返したんじゃない?」という辛辣な声を寄せている人もいれば、「真剣に恋愛しようとしている男性をからかうものじゃないわ」「会いたくなければ待たせずに帰ってっていうべきだろ」というカークさんに対して同情の声も。

続きは本人のみぞ、知るところ…

Licensed by gettyimages ®

この女性が「関係を修復したい」と言っているので、果たして今後どうなるかはわかりませんが、高い飛行機代以外にも中国での入院費もかかってしまってとんだ出費のカークさんが少し気の毒。

健康を害してまで待ち続けるという情熱は称賛に値しますが、よほどの自信がなければできないこと。そしてそれだけの見返りがあるならそうするに値することでしょう。カークさんには、これを高い授業料だと思って今度はイイ人を見つけてほしいと思ってしまう筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら