7月26日。米テキサス州ダラスのローレットという市で、ある警察官を2歳の女の子が招待した、とても可愛らしい「お茶会」が話題になっています。

”おもてなし”をするのはもうすぐ3歳になる女の子「バクスリーちゃん」。小さな椅子とテーブルに警官とバクスリーちゃんが座り、おもちゃのような小さなティーカップで乾杯!

この「お茶会」には、1年前に起こったある事故の経緯があるのです。

警官は女の子の命を救った

1年前の2015年の7月26日。バクスリーちゃんは、小さなコインを誤って飲みこんでしまいました。呼吸が止まって窒息しているところを発見したのがパトリック・レイ巡査でした。

「彼女を見た時、澄んだ青い大きな瞳が私に訴えかけているのを見ました。」
「あなたは私を助けるためにここにいるのよね?」、と問いかけられバクスリーちゃんの喉に詰まったコインを、必死に背中を叩いて処置したと語っています。

数分後、ベクスリーちゃんは再び呼吸をはじめ号泣。危機一髪で命が救われたベクスリーちゃん。レイ巡査は、まさに彼女の命の恩人なのです。

ベクスリーちゃんのお母さんも感激のあまり涙にむせぶ

ベクスリーちゃんの母親であるタミー・ノーベルさんはこう語っています。
「私はこの男性を決して忘れません。そして、私の人生の残りの日々を、毎日毎日あなたのことを考えるつもりです。」

昨年の夏。我が子の命を救ってくれたレイ巡査に、涙を流しながら感謝の気持ちを表していました。

出典 https://www.youtube.com

ベクスリーちゃんが飲みこんだコインは、胃の中に存在していました。

飲みこんだコインはこちらです

ベクスリーちゃんが飲みこんだコインは、キーホルダーに加工してタミーさんがレイ巡査にプレゼント。

娘の命を救ってくれたニュー・ヒーロー!

「私がこの画像を公開できることに感謝!!この男性は、私とベクスリーのニュー・ヒーローです!」と、涙ながらに感動のコメントを自身のFacebookに公開しました。この直後、SNSで瞬く間にシェアされました。

2歳の女の子の命を救ったレイ警官。表彰される

昨年8月18日。「ローレットで窒息した女の子を救った警官」として、レイ巡査は、市議会会議で「救命賞」を受賞!この後、レイ巡査は昇進されたそうです。

出典 http://www.dailymail.co.uk

表彰式には、タミーさんとベクスリーちゃんも出席されました。一躍地元のヒーローとなったレイ巡査。

あれから1年。

ベクスリーちゃん再出発を記念して「小さなお茶会」が開かれた

ベクスリーちゃんの命が救われた2015年7月26日。あれから1年が経過。ベクスリーちゃんは、元気に暮らしています。

タミーさんは、娘の命の恩人であるレイ巡査のことを、今でも決して忘れません。タミーさんは、ベクスリーちゃんの再出発を記念して、スペシャル企画を考案。仲間とともにプロジェクトを作り、プロのカメラマンに写真撮影を依頼して「ティー・パーティー」を開催したのです。

素敵な「お茶会」のphotographをご覧ください

幼女の命を救った「ヒーロー」であるレイ巡査&ベクスリーちゃんの可愛らしい「お茶会」。このフォトグラフは、写真を撮影したカメラマンChelle Cates氏のFacebookに公開されています。

とても元気になったベクスリーちゃん!
小さなお子さまは好奇心旺盛で何でも口に入れてしまいますよね。母親は一時も目が離せません。

レイ巡査は、母親にとって、我が子を助けてくれたまさに神の存在!
しかし、時が経てば多忙な毎日につい忘れてしまいがち。ですが、タミーさんはこの恩を一生忘れないと言います。

タミーさんが仲間とともに主催した「小さなお茶会」。とても可愛らしくて感動的ですね♡レイ巡査がベクスリーちゃんを見つめる優しい瞳に思わず涙がホロリと零れます。

ベクスリーちゃんもまた、大人になっても命の恩人であるレイ巡査のことを一生忘れないことでしょう。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス