2016年は芸能界でも空前のベビーラッシュ!!

Licensed by gettyimages ®

7月16日には俳優・藤原竜也さんが自身のファンクラブサイトにて第一子が誕生したことを発表するなど、今年の芸能界はベビーラッシュに沸いています。

藤原さんはコメントで「守るべき家族が増え引き締まる思い」と父親になった自覚、決意を力強く綴っていらっしゃいましたが、ブログやオフィシャルサイトを通じて出産報告をする芸能人って多いですよね?

2016前半期に出産されて話題になった芸能人ママたちをピックアップしてみましょう!

1. ギャル曽根さん

出典 http://ameblo.jp

2016年1月14日に第二子となる女の子を出産されたのは、大食い・ママタレとして活躍するギャル曽根さん(30歳)。

体重3400gを越す大きくて元気なお子様の誕生に、ギャル曽根さんも安心されたそうです。

いつも応援して下さっている皆様へ。
私事で恐縮ですが、、、1月14日、我が家に新しい家族が仲間入りしました。3408gの大きくて元気な女の子。無事に産まれてきてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

出典 http://ameblo.jp

ギャル曽根さんは2回目の出産ということもありましたが、やはり出産は命がけです。でも1人目の時と違うことがありました。それは励ましてくれる人が増えたということ。

ギャル曽根さんの長男は、お母さんが頑張っているということをきちんと理解して、陣痛の間ずっと励ましてくれていたそうです。

陣痛、、、出産、、、
たとえ様の無い激痛だらけのお産でしたが、夫と息子が立ち会ってくれたおかげで何とか乗り切る事が出来ました。

「ママ頑張れ!」と、何度も息子が声援を送ってくれたのが嬉しかったなぁ。。
凄く力をもらえました。

これからもますます笑いの絶えない素敵な家族を4人力を合わせて築いていきたいと思います。

出典 http://ameblo.jp

2. 里田まいさん

出典 http://ameblo.jp

ご報告です。2月15日(月)午後1時36分【アメリカ東部時間】に3,360グラムの男の子が生まれました。母子ともに健康です。

沢山の方々に支えていただいたおかげで、無事出産することが出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

出典 http://ameblo.jp

里田まいさん(32歳)とメジャーリーガーの田中将大投手との第一子が誕生したのは2016年2月15日のこと。

生まれた時は約3300グラムでしたが、5ヶ月経った現在は9.5キログラムととても大きくたくましく成長!旦那さんが遠く離れたキャンプ地へ出かけるなど、一緒にいられないことも多いため、周囲の人たちの協力を得ながら初めての育児に奮闘されているようです。

早い。ここまで、特に最初の3ヶ月はいっぱいいっぱいで戸惑いや不安も正直多く。もちろん可愛いんだけど、それでもやはり子育ては大変だなぁと日々思ってる。

がしかし過ぎてしまえばあっと言う間。元気に育ってくれて嬉しい限り。最近は外出の幅も広がり、私が楽しい。

いろんな人に会って いろんなモノを見て 少しづつ色んな経験しよう!

出典 http://ameblo.jp

3. 三倉佳奈さん

出典 http://ameblo.jp

皆さまにご報告です。4月28日14時50分、3002gの元気な男の子が生まれました!母子ともに健康です。

出典 http://ameblo.jp

「マナカナ」の愛称で親しまれている双子タレントの三倉佳奈さん(30歳)は、2014年に第一子を出産されており、今年の4月には初めての男の子を授かりました。

娘さんは陣痛の間、佳奈さんの頭を撫でるなど母親を気遣います。小さいながらもお母さんが頑張っていることを感じているようで、上の子にとって、下の子が生まれるということは、心の成長にもつながるようですね。

2人目ですが、やっぱり慣れない陣痛と出産。でも今回は、娘も一緒に「ママ、赤ちゃん」と頭を撫でたり応援してくれて、涙が出るほど嬉しくて幸せで頑張れました。

最初は生まれたての赤ちゃんを見て驚いていたけど、入院のお部屋に移ってからは赤ちゃんの隣を離れようとしなかった娘。新しい家族がスタートするんだなと実感しました。

予定日当日だったということもあって、主人や茉奈や母も立ち会えて、みんなに迎えられた我が家の長男。

これから沢山の人に愛されて、すくすく元気に育ちますように。

出典 http://ameblo.jp

4. 神戸蘭子さん

出典 http://ameblo.jp

今年のゴールデンウィークは、特別な日々になりました。小さな我が子に、やっと会えました♡

無事、出産した事をご報告します^ ^
すぐに胸の上で抱いた時の、初めての感覚。感動や安堵感、喜びや幸せで力が抜ける感じ。たくさんの感情で、涙が溢れ出てきました。

これからは母として。この子と共に成長していけたらと思います^ ^

出典 http://ameblo.jp

モデル・タレントとして活躍中の神戸蘭子さん(34歳)は、2016年5月14日に第一子を出産されています。

出産の喜びで幸せにあふれていた彼女のブログですが、実は妊娠報告を行った3月には「多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)」という妊娠しづらい病気であったことを公表されています。

10年くらい前から子供が出来にくい体質だとは聞いていて。30歳ぐらいからその体質や生活を整えるようにしていました。

しかし、体調を悪くして救急病院に行ったり、仕事の行く先々で病院ハシゴしたり。このままじゃ、子供というより自分の身体をちゃんと健康にしないと!!

その時はお仕事を優先した生活だったので、この先の結婚・出産を意識して、自分の身体を考えてゆっくりとお仕事が出来る環境を整えました。

お休みしたり、マイペースなお仕事のいい環境作りは出来たのですが。多嚢胞性卵巣症候群という妊娠出来にくい体質だそうで^^;

出典 http://ameblo.jp

そんな病気を乗り越えての出産ということで、彼女の思いもひとしお。第二子を妊娠した時のために、一番目の子どもの育児日記を頑張ってつけているそうです。

5. 釈由美子さん

出典 http://ameblo.jp

本日、無事に2890gの元気な男の子を出産しました。6月12日の今日は、私の38歳の誕生日なのですがまさかのダブルバースデーとなりました。

出典 http://ameblo.jp

自分の誕生日に第一子となる男の子を出産した釈由美子さん(38歳)は、出産予定日が誕生日に近いこともあり希望はしていたようですが、息子さんがママの気持ちを推し量り(?)見事なバースデー出産となりました。

こちらの産院では、初産婦さんで14~15時頃に生まれるのが平均的らしいのですが私はお昼前にはベビくんが誕生しカンガルーケアで抱っこしていました。

ずいぶんスムーズだったと助産師さんにも言われました。そして、ママの願いが赤ちゃんに通じたのか見事に6月12日の自分の誕生日に合わせて生まれてきてくれました。

出典 http://ameblo.jp

少子化が深刻化する現代において、出産ラッシュは喜ばしいこと

出典 http://www8.cao.go.jp

我が国の年間の出生数は、第1次ベビーブーム期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約210万人でしたが、1975(昭和50)年に200万人を割り込み、それ以降、毎年減少し続けています。

1984(昭和59)年には150万人を割り込み、1991(平成3)年以降は増加と減少を繰り返しながら、緩やかな減少傾向となっています。

2013(平成25)年の出生数は、102万9,816人であり、前年の103万7,231人より7,415人減少となった。

出典 http://www8.cao.go.jp

内閣府が発表している出生数・出生率の推移データによると、日本国内の出産率は1991年以降に減少の一途を辿っています。

このままだと少子高齢化社会がさらに深刻な状態になってしまいそう…。そんな社会的背景を踏まえても、芸能界での出産ラッシュはこの国にとっても喜ばしいニュースですよね!

今回は2016年に出産した芸能人をご紹介しましたが、いかがでしたか?

初出産の方は、待ち望んでいた我が子の誕生にとても喜びを感じ、第二子以降の方は、第一子の成長も、出産を通じて感じとることがあるそう。

また、ご紹介した芸能人ママたちを見て「みんな輝いていて素敵だな」って感じられたのを、筆者はとても印象に残っています。

30歳を過ぎ、病気や困難を乗り越えて出産されてきた方も多かったので、これから妊娠を考え、出産を控えているプレママたちにとって、諸先輩方の体験記は大きな励みになりそうですね。

この記事を書いたユーザー

matsui yui このユーザーの他の記事を見る

IT企業で働きながらライターをしています。
趣味は写真、ヨガ、読書。
Spotlightでは日本のカルチャーや流行など広く記事にしていきたいです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • ライフハック
  • インターネット
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら