ダウンタウンの松本人志さん。お笑いタレントというイメージも強いですが、近年はワイドナショーのコメンテーターを務めていることもあり、芸能界のご意見番として説得力のあるコメントが話題となっています。

松本さんのTwitterは、現在約390万人以上の方がフォローしているほどの人気っぷりです。そんな松本さんが、Twitterでつぶやいた言葉が話題となっています。

話題のTwitterはこちらです。

優しさが沈殿する…飲み物の場合はグラデーションが綺麗に見えることもありますが、これにはどんな意味が込められているのでしょうか?

この松本さんのつぶやきには5千件を超えるリツイートと2万6千件を超えるいいね♡を獲得し、その言葉の深さに大きな反響がありました。

優しさに溢れている人柄が感じられますね。

気付けているうちは大丈夫という声も。

心に響く名言ですね。

松本さんの優しさを、ファンの方は理解していますね。

人間、悩み事があったり落ち込んでしまった時には余裕がなくなってしまい、人に優しくなれなかったり、人の幸せを祝福できないことがあります。1人で悶々と考えるのではなく、人に会って話すことでリフレッシュすることが出来ます。そうして心の沈殿をかき混ぜてもらうことで、考えを改めることができたり、優しい気持ちを取り戻すことが出来るのでしょう。とっても深い言葉ですね。

このTwitterの真相とは?

Twitterのつぶやきの真相について、7/31の「ワイドナショー」で語られました。

誰しも優しさって持ってるんですけど、ほっとくと沈殿していっちゃうんですね。だからいろんな人と会って、たまに誰かに混ぜてもらわないと、下でどんどん固まっちゃって凝り固まって変な思想が生まれちゃったり…だからこう、引きこもりとか良くないのはそこかなぁと思うね。

出典「ワイドナショー」

相模原市の障害者施設で起こってしまった襲撃事件に対するコメントだったのです。

犯罪を起こそうとする過程で友人に会うことで、犯罪を諦めるケースがあることも心理学的にわかっているようです。松本さんのTwitterのつぶやきには、誰かに心をかき混ぜてもらうことが出来れば、犯罪を減らすことが出来るのではないかという思いが込められていたのです。

もしかすると、誰もが事件を引き起こすきっかけを持っているかもしれないのですね。

共感の声も溢れました!

凝り固まってしまわないように心がけていきたいですね。

闇を晴らすことができる相手を大切にしたいですね。

松本さんの仰る通り、引きこもりになってしまうと人と会う機会が減りますし、家族とすらまともに顔を合わせていないという方もいるでしょう。人と接しないことで、自分の居場所を見失ってしまったり、人に対する優しさを忘れてしまうこともあると思います。

恐ろしい事件が起こってしまいましたが、私たちも優しさが凝り固まってしまわないように意識して、定期的に誰かにかき回してもらい、優しい気持ちを忘れずに過ごしていきたいですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス