記事提供:まだ東京で消耗してるの?

そろそろギャグになってきましたよね。35年ローンって。

35年間、借金を返し続けるの?

「ローン」というと耳馴染みがいいですが、要するに「借金」です。

35年間借金を返し続けるとか、ちょっとまともな神経じゃないですよね。35年ですよ。どんだけバブルを引きずってるんですか。借金地獄じゃん!

身の丈にあった買い物というものがあるんです。ぼくは絶対にローンは組みません。

借金しないと買えないものを買うなんてのは、基本的に不健全であることを知るべきです。

「返さなければいけない金がある」という状況に自分を追い詰めるなんて、マゾなんでしょうか。

「会社辞めたい!」と思っても辞めにくくなるんですよ?「東京から地方に移住したい!」と思っても動きにくくなるんですよ?やりたいことがあっても、やりにくくなるんですよ?

自分で自分を縛るのが大好きなんですか?

住み替えないの?引っ越さないの?

最高に突っ込みたいのは、35年以上も同じ家に住むつもりなんですか?

基本的にはそういうことですよね、35年ローンって。

「35年」って無意味に長すぎません?

子育てするといっても、せいぜいその期間は20年、長い人で25年じゃないですか。実際によくありますが、35年ローンを完済する頃には、子供部屋が不要になって家がガラガラ、なんて虚しいことになります。

「35年という長期間を、ずっと同じ場所、同じ家で過ごす前提」というのが、ぼくにはもうよくわかりません。昭和の高度経済成長期は、きっとそういう空気があったんでしょうけれど。今はもうナンセンスですよねぇ。

震災起きたらどうするの?

35年の間に、多分、大きい震災が起きます。これは東京にかぎらず、どこもヤバイですよね。

え?なんですか?

「地震保険があるから大丈夫」?

何を言っているのか…あなたが大丈夫ですか?

いつ来るかわからない震災のために高い保険料を毎月払ってまで、家を建てる意味ってあるんでしょうかね…。保険料もバカにならないでしょ?実際に保険が下りるかもわからないし…。

クローズアップ現代でも特集されてましたね。どうするんでしょうねぇ…。

東日本大震災で震度6の揺れに襲われた仙台市です。

市の調査では100棟を超えるマンションが全壊と認定されました。住民たちが頼りにしたのが地震保険。しかし、思うように保険金が支払われないという不満が相次いでいます。

6000万円の被害が出たこのマンション。保険会社からは被害の多くが査定の対象外だと言われました。査定の対象になるのは柱や、はりなどの主要構造部と呼ばれる部分のみ。

そのほかに被害があっても保険金は全く支払われないのです。

マンションを救えるか~見直し迫られる地震保険~ ‐ NHK クローズアップ現代+

出典 http://www.nhk.or.jp

あぁ、火災保険とかも別に入るんですっけ?

もう、そこまで保険かけたいなら、いっそ賃貸でいいんじゃないでしょうか。

子どもが巣立ったらその家どうするの?

上にも書きましたが、これほんと、こどもが巣立ったらどうするんでしょ?

こどもが巣立ったあとは、親を呼んで二世帯…とかですかね。

でも、親も家持ってますよね、ぼくらの世代って。

結局持て余した末に「減築」が一般的なのでしょうか。35年ローンで巨大な家を建てて、多大なお金をかけて減築。あぁ…なんという無駄。

こどもはすぐに巣立っていくんですよ?「長い目で見て使い道がなくなるもの」を借金して購入しちゃって大丈夫なのかなぁ、と心配になります。

今日死ぬかもしれないじゃん

何より、35年という期間は長すぎて、働けなくなる可能性や、それこそ死んでしまう可能性もあります。

自分に何かあったら、どうするんでしょうね?

あぁ、生命保険とかがん保険とか入るんでしょうか?

そして固定費が上がっていくという…安心を買う代わりに自由を捨てているんですね、そういう人は。

「35年間にわたって借金を返し続ける確信がある」という人は、あまりにも楽観的です。

そして、その考えはなんら合理的でもありません。

今の時代、社会と自分がどうなるかもわからないのに、多額の借金を背負う勇気はぼくにはありません。35年後って、世の中どうなってるんでしょうねぇ…。5年後ですらわからないのに。

これからは安い家を一括/短期ローンで買うのが主流になる

じゃあぼくが家を欲しくないかというと、家は欲しいんですよね。

正確にいうと、自由にできる土地が欲しいんです。

家は、まぁどっちにせよ必要なものですから。賃貸だとできないことがどうしてもでてきてしまうんですよねぇ。

ぼくは高知で山を100~200万円程度で購入して、仲間たちと開墾して、小さな家を建てたいと考えています。

この方向だと、1,000万円もあれば家族で暮らせる自由な空間が作れるんです。もちろん畑も付いてます。1,000万なら貯金すればいいレベルなので、借金をする必要もありません。

*2016年追記:無事に山を買いました→【初公開】イケダハヤトが購入した山奥の土地、8,000平米

「山を買って開墾して家を作る」というぼくの選択はやや特殊ですが、ある意味、みなさん考えることは同じだと思います。

これからの時代は、安い家・小さい家を、一括ないし短期のローンで購入するのが一般的になっていくでしょう。35年ローンなんて無理ゲーですから。

35年ローンの法規制を

35年ローンとか弊害多すぎるので、そろそろ法規制したほうがいいと思うレベルです。

うちの娘が年老いる頃には「昭和・平成の奇習」みたいに思われるんでしょうねぇ。

「この時代の人々は、家を買うために多額の借金を背負い、35年という長期にわたって借金を返し続けた」とか。

くだらない借金に縛られる人が減れば、日本人はもっと自由になれるんですよ。ふらっと移住したり、転職できる人が増えていくことを願っております。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス