精進料理をご存じですか? 
お肉やお魚を使用しない地味なお料理で、お寺でいただくものという印象が強いかもしれませんが、実は、今の精進料理ってとっても工夫がされていて、華やかなんですよ! 暑さで食欲が進まない夏にこそ、精進料理を取り入れてみませんか?

そもそも精進料理って何?

広辞苑では、精進料理とは「精進物のみ用いた料理」と記されています。精進物とは、肉・魚介類を用いない植物性のことで、野菜類・穀類・海藻類・豆類・木の実・果実などのことです。つまり精進料理とは生臭物を使用しない料理のことです。

出典 http://shojinryori.jp

ただの野菜料理とどう違うの?

それならシンプルに「野菜料理」と呼べばいいのに…、と思った方もいらっしゃるでしょう。どうしてわざわざ「精進料理」と呼ばれているのでしょうか。
そもそも「精進」とはどんな意味なのか見てみましょう。

国語辞書「デジタル大辞泉」(三省堂)によると次のように定義されています。

1雑念を去り、仏道修行に専心すること。2一定の期間行いを慎み身を清めること。3肉食を断って菜食をすること。4一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること。

出典 http://dictionary.goo.ne.jp

もともと「精進」 は仏教用語なんです。(1)の意味でしたが、転じて(2)、(3)、(4)の意味でも使われるようになりました。

つまり、お坊さんたちが、仏の教えで殺生を禁じられていたことから生臭物を避けたり、修行の心得として「美食を戒め粗食であれ」というおこないがあったことから、お坊さんたちが仏道修行に励む為に食べていた一連の料理を、「精進料理」と呼ぶようになりました。

自分自身を厳しく律しているお坊さんたちが、必要最低限の栄養を摂取するために食べる料理なので、野菜と言え、ニラ、ネギ、ニンニクなど精力のつきすぎるものや、唐辛子などの刺激の強すぎるものは避けられています。

つまり精進料理は、単なる野菜料理とは異なり「仏教の教え」に基づいた料理なんです。ですから日本では、仏教の風習から生まれた、先祖の霊を迎えて供養する「お盆」に、精進料理をお供えしたり、いただく風習があります。

「お盆」に精進料理をいただく理由はそれだけではありません。お盆の時期はまさに「盛夏」。夏バテしやすい時期の体を整えるためにも、ヘルシーでバランスのよい精進料理はぴったり! この夏は、お盆に精進料理を取り入れてみませんか?

イマドキ精進料理はここで食べられる

とはいっても、「仏教の教えに基づく料理」なんて聞くと、敷居も高いし、お野菜だけのメニューなんて、地味で満足度が低そうですよね。

そんなあなたに朗報! 進化し続ける精進料理は、今とってもステキなんですよ! 見た目も美しく、適度におなかを満たし、ココロまで潤してしまうのがイマドキ。そんな最新の精進料理をいただけるお店をご紹介します。

昨年12月に東京・銀座にオープンし、その味わいやお店づくりだけでなく、7人の板前さんが全員女性ということでも注目を集めている日本料理「つるとかめ」。

食通やグルメブロガーの間でも人気の「つるとかめ」で、この夏、期間限定の精進料理コース「感謝の凡」がいただけます。
精進料理が本来伝える「いのちの大切さ」や「日々への感謝の気持ち」はそのままに、旬の食材にこだわり、地味で満足感が少ないと言う固定概念をくつがえす、目にも鮮やかな料理の数々です。

出典asiaman

「坪」=道産ピュアホワイト 順才 ナタチューム 西瓜(「感謝の凡」のコースより。仕入れによってメニューが変わる場合があります)

出典asiaman

「平椀」清汁=大根餅 新ぎんなん 百合根 二色木茸 丘ひじき 花穂 菊菜 丸大根 丸人参(「感謝の凡」のコースより。仕入れによってメニューが変わる場合があります)

出典asiaman

「八寸」=白ダツ蓮草浸し 蓮根梅肉和えとんぶり じゃが芋和ピクルス四万十まぶし 長ひじき胡麻のみぞれアーモンド アボカド酢味噌 マスカットトマトの豆乳かけ丁子茄子(「感謝の凡」のコースより。仕入れによってメニューが変わる場合があります)

出典asiaman

「向皿」寄せ海野菜赤青とさか=重ね色紙昆布 豆富味噌漬ラディッシュ ゆば三つ葉包み 大徳寺麩 栗麩 蓮麩 蕪 よせかぼちゃ枝豆 もちこんにゃく 粒そば酢立(糸うり) 紫蘇梅肉 白和え 刻み昆布 ちり酢(「感謝の凡」のコースより。仕入れによってメニューが変わる場合があります)

出典asiaman

「食事」=松茸と新銀杏(「感謝の凡」のコースより。仕入れによってメニューが変わる場合があります)

気持ちまでもが満たされて、こんなお料理がいただけることに心から感謝できそう! 「感謝の凡」は、お盆にあたる8月11日から16日までの期間限定・数量限定メニュー(一日20名様、お一人10000円<税別>)だけに、ぜひ予約して行ってみたいですね。

イマドキ精進料理を家でもつくってみたい!

外食でイマドキ精進料理を楽しむのももちろんですが、どうせならウチのメニューにも取り入れたい! と思った人も多いのでは? そんなあなたに参考にしていただきたい、見るも鮮やかなイマドキ精進レシピをご紹介します。

❶アボカドのおから詰め:おからのジューシーさにアボカドのまろやかさが混ざり合って、絶妙な味わいを楽しめます。

❷ズッキーニの冷製スープ:調理法はナスと似てますが、ナスよりも甘味が強いのが特徴。今が旬の夏野菜の旨みを存分に生かせる一品。

❸馬鈴薯のあられ揚げ:じゃがいもを使った、満足度の高い一品。コロコロかわいい見た目もGOOD!

❹できたてがんもどき:精進料理のテッパンといえば、がんもどき。実は、材料を混ぜて揚げるだけなので簡単! できたての味わいはひと味もふた味も違います。

❺大豆ミートと根菜のトマト煮:まるでカフェみたい! ランチのワンプレート精進メニューにぴったりな一皿。

精進料理といっても難しく考える必要はなく、食材に気を少し気をつけるだけで、手軽に取り入れることができますよ!

でも、「だし」まで気を使えない…

おウチで精進料理にチャレンジする際、面倒なのが「だし」。いつものクセで、手軽な「かつおだし」や「コンソメ」を使ってしまいがち…。せっかく材料に気遣ったのに、「だし」にお魚やお肉を使ってしまって、胸を張って精進料理と言えないのは残念。かといって、コトコト時間をかけて野菜だしをつくるのは面倒! というあなたにおススメなのが、お取り寄せです。

❶豆腐創作料理専門店「幸家」の精進だし:簡単・便利なティーバックタイプの植物性無添加だし。料亭で使われている本格的な精進だしの味わいをおウチで簡単に再現できます。

❷久原本家「茅乃舎」の野菜だし:「だし」にこだわる自然食の名店「茅乃舎」でも、野菜のみを使っただしを発売中。玉葱・にんにく・セロリ・人参・キャベツ、5つの野菜のうまみが詰まっています。

❸久原本家「茅乃舎」の椎茸だし:「茅乃舎」待望の新商品として、国産の干し椎茸と干し舞茸を粉末にして配合した、椎茸だしが登場。広がりと厚みのある香りと味わいに仕上がるとして、さっそく人気です。

お取り寄せを活用すれば、さらに気軽におウチで精進料理にチャレンジできそうですね!

でも、一番大切なのは「気持ち」

この夏、「精進料理」を気軽に取り入れるアレコレを紹介してきましたが、それでも、お肉やお魚を食べたい、完全に使わないのは難しい、という方もいらっしゃるかもしれません。そんなあなたにご紹介したいのが、徳島県三好市池田町州津に位置する箸蔵寺さんのお言葉です。

ご家庭でも、たとえ肉や魚を使っていても、つくる側が素材を大切に扱って料理をし、食べる側が感謝を込めて残さずに食べるならば、それは広い意味での精進料理の心だと思います。

出典 http://www.hashikura.or.jp

一番大切なのは、「気持ち」なんですね。精進料理は、「いのちを大切にする」「毎日に感謝する」という、当たり前だけど忘れがちなことを思い出すきっかけにもなりそうです。
夏バテ予防に、先祖の供養に、日々への感謝に、今年のお盆は精進料理にチャレンジしてみてはいかがですか?

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス