日本随一の都市である東京に、自然を満喫できる美しい島が存在していることをご存知でしょうか。それが伊豆諸島・新島の南西にある小さな島「式根島」です。

人口わずか600人足らずのこの島は、のんびりとした雰囲気や村民の温かい対応もあり、旅行者がリピーターになる確率も高いようです。離島ということもあり東京からは遠いと思われるかもしれませんが、高速ジェット船を使えば3時間程度で到着できます。

出典 http://www.geocities.jp

東京から南に約160km、新島からは船で10分ほどの距離にある式根島は、面積3.7k㎡の小さな島です。行政は新島に組み込まれ、新島の一部とされています。

それでは、そんな式根島の魅力を余すところなく紹介していきます。

3種類の天然温泉が楽しめる

式根島には地鉈温泉、松が下雅湯、足付温泉と3つの海中温泉があります。

海中温泉とは、満潮時には文字通り海の中に沈んでしまい、干潮時のみ入浴することが出来る天然の露天風呂です。これらは嬉しいことに、すべて24時間入浴無料(水着着用必須)で、全国温泉ランキングに載るほどの素晴らしい泉質を持っています。

地鉈温泉

出典 http://ja.wikipedia.org

地面を鉈で切り裂いたような地形から名付けられた地鉈温泉は、神経痛、リュウマチ、胃腸病などに効果があることから、別名「内科の湯」とも言われています。

足付温泉

出典 http://d.hatena.ne.jp

美しい景観を見ながらどっぷりとお湯に浸かれる足付温泉。地鉈温泉と違い、こちらは切り傷やおでき、アトピーなどに効能があるので「外科の湯」と呼ばれています。

松が下雅湯

出典 http://www.divenet.jp

足付漁港に隣接した場所に作られた松が下雅湯。地鉈温泉からお湯を引っ張ってきているので泉質は同じです。

透明度抜群の海でダイビングができる

1年を通して透明度が高く、白い砂浜が広がる海がある式根島では、のんびり海水浴をすることが可能です。島内のビーチはどこも海が穏やかなため、安心して海水浴やシュノーケリングを楽しめます。波が高いサーファー向けの海岸線をもつ新島の島民の中には、海水浴目当てに式根島まで来る人も多いようです。

出典 http://www.shirakaba.gr.jp

見てください、この透明な海!

出典 http://sipoo.cocolog-nifty.com

魚たちも元気に泳いでいます。

熱帯魚にも会える

東京都に属した式根島ですが、なんと熱帯魚も見ることが出来ます。

人で賑わう石白川(いしじろがわ)海岸海水浴場に行き、海中を水中メガネで見ると、そこにはサンゴと熱帯魚で作られた極彩色の世界が待っています。東京から数時間の海水浴場とは思えない光景に息を呑むことでしょう。

出典 http://blog.goo.ne.jp

海中には極彩色の世界が広がっています。

おまけ

出典 http://shikikyo.blog.fc2.com

式根島には、新島村非公認ゆるキャラ、ふなっしー非公式ライバルの「くさヤーマン」がやって来ることがあります。必殺技は「くさや汁プッシャー」。なんとも恐ろしいです。

式根島は7月から11月まで23~26℃と高い水温を維持しており、オススメシーズンは長いです。ぜひこの夏の旅行の候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス