国内外を問わず凄惨な事件が相次いでおりますね。
わたくし達は、それを「対岸の火事」と捉えずに「明日は我が身」という意識をもったほうがいいのかも知れません。
今回、ツイッターで凄惨な事故現場と見間違うような画像とそれにまつわるおっちょこちょいな原因をつぶやいたツイートを見かけましたので、ご紹介させていただきます。

ツイッターユーザー「ルナ嬢(@GyagubiRurina)さん」のつぶやきとそれに添えられた画像を見て、驚きのあとに微笑みに包まれました。

そのつぶやきは現在、50000を超えるリツイートを獲得し、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、つぶやきをご覧ください

◎画像はこちら

出典 https://twitter.com

これは酷い…
血しぶきが壁どころではなく天井まで達しておりますが、このシンクで頸動脈を切ったのでしょうか。
自分で切ったのか?他人に切られたのか?どちらにせよ、目を覆いたくなるような画像です。
この血しぶきの主の容体も気になるところですが、いったいどのようなシチュエーションなのでしょうか。

◎ツイートはこちら

えっと。
ラズベリージュースですか…
ということは、血しぶきではないのですね。安心致しました。

ジューサーミキサーの蓋の部分が弛んでいたのでしょうか。
それにしても、心臓に悪い失敗ですね。掃除も大変そうです。

でも、良かったなぁ(笑)

このようなツイートを目にすると、まず画像から見入って先入観が立ちますが、つぶやきをよく読むと微笑ましい出来事ですね。

◎ツイッターでの反応は

頸動脈を切って血しぶきがあがるというシーンを実際に目にしたことはないのですが、そのようなイメージを頭の中に浮かべてしまいますよね。
実際にはどうなのでしょうかね。

CSIですね。
わたくしの妻がよくテレビで観ていたので、わたくしも何度も一緒に観たことがありますが、科学の力って本当に凄いですよね。

わたくしもそう見えました。
コナン君の姿も探しました(笑)

おそらく、そうでしょうね。
ですが、それしきのことでこのような大惨事になってしまうなんて、想定外の出来事だったでしょうね。

大型の魚を捌くと、血しぶきがあがるのですか。
お風呂場なのが不幸中の幸いだったのでしょうが、ラズベリーと違って生きものの本物の血ですとキツいですね。

リプライ全般、「殺人現場」やら「事故現場」やら、物騒なワードが蔓延っておりますね。この画像を見れば致し方ないことかもしれません。
この画像の真実を知って、冷静にリプライする方も多いようでしたね。
しばらく画像に見入ってしまい、その事実に気付かなかったのは、わたくしくらいなものでしょうか(笑)

似たようなニュアンスのツイートも

◎血糊実験後…

この画像も、つぶやきを見ずに見ると、「グロい画像」ですね。
つぶやきを見てからみても、グロい画像であることに変わりなはないか(笑)

◎血しぶきファッション?

このツイートも、パッとみドキッとする画像ですが、ファッションなのですね。
個人的には、あまり得意なファッションではないかも知れません。

◎血しぶきアート

これはアートなのでしょうか。
正直、この部屋に長くいると、精神が崩壊してしまうような気もしますが。
ですが、こういうアートが好きな人もいるのでしょうね。

◎こちらの記事もお勧め

今回のツイート、画像だけ見るととてもショッキングなものですが、事実を知るとほっこりした気分になってしまいます。
凄惨な光景が一転して愉快な物語となるのは、単純に気分が良いものですね。

ツイ主のお友達のお母さまは、どうやって掃除をしようか頭をかかえていたでしょうが。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス