不変の愛

人生における多くのものは行ったり来たりします。そんな中で犬の愛情は不変でした。

この犬にとって、世界でただ一人の”愛する人”が亡くなってしまいました。

悲しいことに、その事実を犬には知りようがありません。犬の名前は‘ Negão ’。

この8ヵ月の間、ブラジルのサンタカタリーナのラス・カルドゾ病院の前で、 Negão は‘愛する人’が出てくるのを、毎日ずっと待ち続けていました。

出典 https://www.facebook.com

この犬の名前は‘ Negão’

愛する人が病院に運ばれた

Negãoの飼い主は、ホームレスの男性でした。

それは昨年後半の出来事でした。男性は、致命傷となった感染症にかかってしまい、この病院に運ばれてきました。

男性は救急車でこの病院まで運ばれたのですが、Negãoは必死でその後を追いかけてきたのです。

Negãoは、そのまま、病院の前で”愛する人”が出てくるのを、ずっと待ち続けました。

出典 https://www.facebook.com

病院の外で待ち続けたNegão

‘愛する人‘が出てくることを信じて

Negão は、一生懸命走って追いかけて来て、救急車から降ろされた”愛する人”が、ストレッチャーに乗せられて、病院の中に連れて行かれる姿をここで確かに見ていたのです。それが愛する人の生きている最期の姿となってしまいました。

日から週へ、そして月が過ぎていきました。それでも、Negãoは”愛する人”がここから出てくることを信じて、ずっと待ち続けていたのです。

出典 https://www.facebook.com

病院の敷地内で

病院のスタッフたちもその存在に気が付いていた

病院で働くスタッフたちがNegão に気づくまでそんなに時間はかかりませんでした。

この病院に救急車が患者を運んでくるたびに、Negão は期待を込めて、毎回確かめていました。自分の”愛する人”がそこから現れることを期待しながら。8か月間、それが続けられていました。

出典 https://www.facebook.com

病院の敷地内で

病院が考え方を変えた

そんな悲哀のNegãoに対して、病院のスタッフたちが冷淡だったわけではありません。Negãoが日々、水と食べ物を摂取しているかどうかちゃんと確かめていました。

更にNegãoの里親を2度にわたって見つけたのですが、どちらもNegãoが逃げ出してしまって成立しませんでした。どこに連れて行かれても、Negãoは必ず病院の敷地に戻ってくるのです。

そのため、病院側はNegãoに対しての方針を考えなおしたのです。地元の動物慈善団体の協力を得て、Negãoの健康を保つために獣医の検査を定期的に受けさせ、散歩させる日課を組みました。

出典 https://www.facebook.com

地元の動物慈善団体の協力を得て

失ったものから生まれる何かが確かにそこにあった

このNegãoのとった行動は、計り知れない損失から始まる何かが確かにあることを教えてくれました。Negãoは、多くの人たちに、‘犬の飼い主に対する愛情はとても純粋で深いものである’ということを教えてくれたのです。我々人間がそこに学ぶべきことが確かにありました。

「彼(Negão)がここを自ら去るまでは、彼がここ(病院の敷地内)にいる限りは、我々は彼の面倒をみることに決めたのです。」と病院の責任者は約束しました。

出典 https://www.facebook.com

Negãoは病院公認の犬になりました。

参考資料

最後に

これを書きながら、Negãoの純粋な気持ちとその誠実さに、胸がいっぱいになってしまいました。犬の飼い主に対する愛情がいかに深いかがよくわかりますね。病院のスタッフの人たちも、そして病院を訪れる人たちも、このNegãoの姿を見て、たくさん学ぶものがあったとあります。Negãoは世界でたった一人の‘愛する人’を失ってしまったのですが、そこから始まり、そこから学ぶべきものはものすごく大きなものでした。

筆者も米国で、引っ越しをして置いてきぼりにされた猫を保護したことがありますが、その猫は、数か月間、その家の前でずっと飼い主が戻ってくるのを待ち続けました。筆者が保護してからも、毎日、昼間はその家の前に座って、ごはんと寝床だけ、筆者の家に仮住まいみたいな形をとっていたのです。そのことは前に書きましたが。。

このように、犬も猫も、本当に飼い主に対する愛は深いのです。たとえ愛する飼い主から捨てられたとしても、犬や猫の飼い主に対する愛は変わることがないのです。私たち人間はそういう不変の愛が確かにあるのだということを犬や猫たちから教えてもらわなければないのかもしれません。

置き去りにされたのに飼い主のことを待ち続けた猫もいます

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス