ここ数年、北海道や東北地方を中心に、クマが市街地に出没するニュースが多発しています。本来クマは山林の中に生息していますが、市街地へ降りて来るクマの実態とはいかがなものなのでしょうか。

餌に飢えたクマが人里に降りて来るとは限らず、さまざまな事情があるようです。
そんな中、Twitterユーザーの”川Φ(@takeshikawanaka)”さんが、ツイートした悲しく切ない物語が話題になっています。

クマにエサをやらないで。

たった1本のソーセージを与えたために...クマが迎えた悲劇

コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。初めて出会ったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。

翌年の夏、彼女はたくさんの車が行きかう国立公園入口近くに姿を現すようになった。
その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。

出典 https://twitter.com

それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。

そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。
我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。

出典 https://twitter.com

我々は彼女を必死に追い払い続け、厳しくお仕置きした。人に近づくなと学習させようとしたのだ。しかし、彼女はのんびりと出歩き続けた。

翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。

出典 https://twitter.com

そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べはじめた。もはや決断のときだった。子供たちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。私は近づきながら弾丸を装填した。

出典 https://twitter.com

スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。そして、叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。彼女はもうほとんど動くことができなかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。

彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。それは、たった1本のソーセージで狂いはじめた。

何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。

出典 https://twitter.com

なんと悲しい物語なのでしょう・・・。

Twitterユーザーのコメントは?

「観光客の餌やりがクマを殺すことになる」...知床財団がキャンペーン実施!

知床財団は、世界自然遺産の知床で、観光客にヒグマに餌を与えないように訴えるキャンペーンをはじめています。

本来、クマは山林の中に生息しています。世界自然遺産となる知床に訪れる観光客が、道路脇に現れる野生のヒグマに車中から餌を与えたり、さらに車から降りてクマを見物しようとする観光客の放置された車が交通の妨げとなっています。

知床財団は、これまでクマと人との接触事故を避けるために、人前に出現したクマに、大きな音を立てたり、ゴム弾で痛みを覚えさせるなどして、クマが人間を嫌うように学習させていたといいます。

しかし、以前から知床を訪れる観光客が、人里や道路脇に現れたクマに餌を与える迷惑行為の情報が寄せられていました。さらに、観光客がクマに餌を与える場面が撮影され、財団職員がこれを確認しています。

財団は、野生動物とふれあおうとして餌をやるなどの行為は、個人のマナーの悪さという問題にとどまらず「日本人として一般的な行為と再認識した」。これまでも看板などで自制を促してきたが、「人間側への強い対応も必要で、ショッキングな表現で訴えるしかない」と、キャンペーンを張ることを決めた。

出典 http://hokkaido.yomiuri.co.jp

このキャンペーンは、2012年8月にはじめて実施されました。

それでも止まない「クマ渋滞」!

「クマ渋滞」という言葉をご存じだろうか。道路脇に現れたヒグマを見ようと観光客が車から降り、放置された車が連なって交通の妨げとなる現象だ。5月の大型連休中、知床でこのクマ渋滞が相次いだ。

交通に支障を来すだけでなく、人間がヒグマに襲われる事故にもつながりかねない。これからの観光シーズン本番に、再びクマ渋滞が発生することが懸念され、関係者はマナーを守るよう呼び掛けている。

出典 http://dd.hokkaido-np.co.jp

筆者は「クマ渋滞」という言葉を初めて聞きました。知床を訪れる観光客が野生のクマを一目見ようと、車を降りて見物しようとは、これはかなり深刻な社会現象です。

知床財団が、悲痛な叫びを訴える!

皆さんにお願いです。道路脇にヒグマがいるのを見つけても、けして車から降りないで下さい。ヒグマはとても個性豊かです。人間に向かってすぐに威嚇突進してくる危険なヒグマも、最近道路沿いに出てきています。

車から降りたあなたの安全は、一切保障できません。その点はサファリパークと一緒です。まして、お子さんを抱えて車から降りて、ヒグマに近づくなど論外です。やめて下さい。

出典 http://www.shiretoko.or.jp

知床に生息する野生のヒグマは、人間に危害を加えることが比較的少ないようです。こういった個体が、人を恐れず慣れていると勘違いするマナー違反の観光客が増えているようです。

しかし、財団は、日頃からクマと人との接触事故を避けるために、クマが人を嫌いになるように、ゴム弾を発射するなどして学習させているのです。

固体によって学習能力の差もあり、餌やりやゴミの不法投棄などによって、「人間は餌をくれるもの」と認知し、近づいてくるクマがいるのだそう。

日頃、クマを近くで見たことのない観光客が、野生のクマを恐れず、敢えて「餌やり」をして餌付けする観光客が多いことに驚きました。

観光客の中には、ヒグマをペットのように考え、子連れで近づく人や、接近して写真撮影をする人々が増えているとか。

同財団は、改めて「知床ヒグマ餌やり禁止キャンペーン」を展開しているようです。

財団は、クマと人との事故を防ぐとともにヒグマの本来の生活を守るため、ヒグマに遭遇した場合は

《1》50メートル以上距離をとる
《2》見物や写真撮影のために車から降りない
《3》車内から観察するときも路上駐車は短時間に

―と呼び掛ける。

出典 http://dd.hokkaido-np.co.jp

これはとても参考になります。

Twitterユーザー:川Φ@takeshikawanakaさんが、今回ツイートされた貴重な物語。1本のソーセージを与えたことで、ヒグマの命を奪うことになってしまったという、とても悲しい物語に胸が痛みました。

野生のクマの生態やその実態は、クマが生息する地元の人でなければ解らないことでしょう。日頃クマと接触することのない地域で暮らす人々にとって、一見人馴れしたクマに無闇に近づくことが、どれだけ悲劇をもたらすことか学ばされた気がします。

クマは本来臆病で、自分から人に近づくことなどないようで、こうしたマナーをわきまえない観光客の行動に問題がありそうです。

”川Φ”さんが、心から訴えたいこととは?

川Φ(@takeshikawanaka)さんが、多くのユーザーの反響とコメントを読み、さらに訴えかけたツイートがあります。

川Φ(@takeshikawanaka)さんが訴えたいことは、「世界遺産に指定された知床は伊達じゃない。この地に生息する野生のヒグマが、人に餌をもらうために山から降りて来ることを目指した観光地ではない」、と強く呼びかけています。

それほどに、地元の人々は知床の地を愛し、誇りを持っているということなのです。

知床の地に生息する野生のヒグマは大変貴重です。観光客らの餌やり行為が、自らの命の危険を招く恐れがあるのです。

地元のハンターに、クマを射殺させてしまうような、そんな悲劇が起こらぬように。野生のクマに刺激を与えぬよう、観光に訪れる際はマナーをわきまえて欲しいと願います。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス