夏に食べたくなるものといえばスイカですよね。ところで、あなたはスイカに塩をかけますか?それともかけませんか?どちらが正しいというルールはないので、人によって意見は分かれると思います。

アンケートサイト「みんなの声」では、【「スイカ」に塩かける?】というアンケートが行われました。そして、その結果は驚きのものとなったのです。

どちらが多数派だったのか、早速チェックしてみましょう。

地域別「スイカに塩をかける・かけない」の結果は

総投票数は8,814票で、62%がスイカには塩を「かけない」という結果になりました。年齢別・性別すべてで、「かけない」派が1位を獲得。「かける」派は黄色、「かけない」派は赤色となっています。

13の都道府県が「塩をかける」

地域別の結果を見てみると、「塩をかける」が1位となったのは13の都道府県でした。MAPを見ていただけるとわかるように、偏らずにまんべんなく散らばっているようです。とくに、関東甲信越、東海、四国が多いようですね。

あなたの住んでいる地域は「塩をかける」派、「かけない」派どちらでしたか?

「塩をかける」派の意見

一度スイカに塩をかけると手放せなくなるという人も多いようです。たしかに熱中症対策もできるので、夏にとてもよい組み合せのようですね。最近は、飲み物やアイスなどの甘いものには「塩」が使われることが多くなっています。

スイカも塩をかけると甘くなるといわれていますが、いったいなぜなのでしょうか?

これは「味の対比効果」と呼ばれる現象によるものです。味の対比効果とは、2種類以上の異なる味が混ざることで、その一方の味が強まる現象のこと。舌にはさまざまな味を感じる神経が別々にあるので、わずかな塩のしょっぱさを先に感じることで、スイカの甘みが引き立つのです。

出典 https://ryorisapuri.jp

もちろん塩をかけすぎると、しょっぱさが勝ってしまいます。この絶妙なバランスが重要なようですね。甘味が足りないときは、塩が必須アイテムとなりそうです。

「塩をかけない」派の意見

甘いスイカに塩でさらに甘くする必要があるのか、という意見が多かったです。たしかに、昔は甘くないスイカに塩をかけるという風習が根づいていました。そのため、いまの甘いスイカに塩をかける必要性は感じられないようです。

塩をかける派もかけない派も、どちらの意見も納得です。ただ最近は塩をかけることで甘さが引き立つということが解明されてきているので、一度は塩をかけてみるのもよいかもしれません。塩をかけるとしょっぱくなる気がするという人は、少量の塩から始めることをおすすめします。

暑い夏はスイカが大活躍する季節です。スイカをおいしく食べて暑い夏を乗り切りましょう。

この記事を書いたユーザー

鳥羽花子 このユーザーの他の記事を見る

広告代理店勤務を経て、結婚後フリーライターに。

エンタメやグルメ、ネットでの流行など幅広く興味があります。
子育てのかたわら、休日はカフェで執筆作業が息抜き。
話題の出来事をわかりやすく、公平な視点で書いていきたいと思います。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 社会問題
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス