砂糖が入った袋と同じ重さの赤ちゃん。その小ささと軽さ、あなたには想像できますか?今から20年前、わずか652グラムでこの世に生まれて来たのはソフィー・プラウドさん。彼女はイギリスで早産で生まれた赤ちゃんの中で初めて生存し続けた奇跡の赤ちゃんだったのです。

母親は24週目でソフィーさんを出産

Licensed by gettyimages ®

20年前、ニューカッスルの産婦人科で生まれたソフィーさんは、当時もっとも小さい未熟児として世界的にニュースとなりました。652グラムで生まれて来たソフィーさんは、心臓や目の手術をしなければならなかったそう。更に肺炎にもなっており、血液にも毒素が回っていたそうで、数か月間はまさに闘いでした。

でも、ソフィーさんはその小さな体に強い生命力を持っていたのでしょう。無事に回復し、困難を切り抜けたのです。

自分の命は多くの人によって救われた

Licensed by gettyimages ®

ソフィーさんは、自分が今生きていられるのは懸命にケアしてくれた病棟の医師や看護師のおかげ…。その感謝を忘れずに今日まで生きてきました。そして20歳になった現在、ソフィーさんは自分が産声を上げたニューカッスルの「Royal Victoria Infirmary Special Care Baby Unit(ロイヤル・ヴィクトリア新生児特別病棟)」に看護師見習いとして勤務することになったのです。

「不思議…でも夢が叶いました」

Pinned from bbc.co.uk

現在はトレーニングの真っ最中だというソフィーさん。自分が生まれた病棟に20年ぶりに足を踏み入れて「自分が入っていた保育器の横に立つのがなんだか不思議…でも私を救ってくれたチームのみなさんと一緒に働けるという夢が叶って嬉しい」とコメント。

現在は22週目の超未熟児でも救われるほどの医学が進歩

Licensed by gettyimages ®

20年前は、24週目で生まれたソフィーさんが話題となりましたが、現在では医学の進歩もあり22週目で生まれた超未熟児の赤ちゃんでも救うことが可能となっているそうです。

病棟では、家族と赤ちゃんが必死に闘っている

Licensed by gettyimages ®

そうはいっても、小さな体で生まれて来る赤ちゃんはとてもか弱く、どうかこのまま無事に生き続けてほしいという家族の祈りと必死の闘いが、日々この新生児病棟では繰り広げられています。

20年前、自分が生まれた時には到底理解できなかったことも、実際にこの場に立つようになって初めてわかったというソフィーさん。「小さな赤ちゃんを守ろうとする医療スタッフや、家族がみな必死になっているんです。毎日、ここで赤ちゃんの命を繋ぐことがどれだけ大変なことかというのが初めてわかりました。」

20年前にソフィーさんの出産に立ち会った二ック・エンブルトン医師も健在で、変わらずこの病棟で勤務しています。ソフィーさんが今回看護師見習いとして入ることになって「特別なギフトを得たようだ」と感動。

「私たちが懸命にケアした赤ちゃんが、その後無事に成長してくれる姿を見ることができるのは何より嬉しいこと。ましてこれから共に働けるというのは格別な嬉しさがありますね。」

実はソフィーさんは6歳の時からチャリティー団体「Tiny Lives(小さな命)」の大使に任命されています。この団体はソフィーさんのように早産の未熟児で生まれた子供たちをサポートすべく寄付金を募っており、ソフィーさんは自分と同じような状態で生まれた赤ちゃんたちの健康な成長を願い、幼い頃からチャリティー活動に専念して来たのです。

ソフィーさんがこれから共に働くチームたちは、これまでに未熟児で生まれた赤ちゃんや、深刻な病気を患って生まれた赤ちゃんを750人ほど治療しケアしてきました。か弱い赤ちゃんの命を繋げるべく、日々懸命にケアに当たっている新生児病棟スタッフたち。自分の命の重みを十分理解しているソフィーさんが、これからこの素晴らしいチームと共に多くの赤ちゃんの命を救っていくことは間違いないでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら