夏に限らず、屋外が気持ち良い季節になると、心霊スポットに行きたがる方っていますよね?筆者も連れて行かれた経験がありますが、大概そういう所に行きたがる人は霊感ゼロだったりします。

筆者の場合はほとんど見えませんが、いるのは分かる上に憑いてきてしまうことが多い為、絶対に行きません。視覚効果が無くてもあんなに怖いのに、見える人ってさぞ怖いだろうな、といつも思います。

霊感ゼロの人に限って行きたがる・・・。そう、これって『見てみたい』という心理が多いようです。病院跡地などの廃墟や事故現場、古戦場など、たまたま行ってしまうのも場所によっては本当に洒落になりません。

しかし、かつての筆者のように連れて行かれてしまった場合や、うっかり知らずに入ってしまった場合など、これはやっておいたほうが良い、またはしてはいけないことを書いてみたいと思います。

早急にその場を離れる

うっかり行ってしまった、または知らずに入っていた場合には、気づいた時点でまず早めにその場を離れること。これが一番です。

心霊現象が起こると言われている建物や施設に連れて行かれてしまった、という場合、友人などが入っていても外で待っている方がまだ良いです。とは言え、闇夜で人通りの無い屋外だったりすると待つ方が怖いかも知れませんが・・・。

帰宅したらお塩で清めてから自宅へ

特に何か嫌な気分になったり、憑いているという感じは無い場合でも、帰宅したらそのまま入らずにまず玄関で清めて入りましょう。葬儀の後と一緒ですね。

それでも何となく気になる、後味が悪いという時には、日本酒とお塩を入れたお湯に浸かるのもいいですよ。お塩は料理に使えるものなら何でもいいですが、日本酒は純米酒を使います。味わうわけではないので、紙パックなどの安い物で十分です。

筆者の場合の目安は、
◎お湯:浸かった時に肩よりやや下ぐらいの湯量
◎お塩:1カップの半分程度
◎日本酒:1カップ〜2カップで調整
◎お湯の温度:39度程度(ぬるめで)

ゆっくり浸かるのがポイントです。目安としては、額の髪の生え際にうっすら汗が吹き出るぐらいが理想ですが、のぼせないように注意して加減してください。特に気になる場合は日本酒の量を増やしてみたり、何日か続けてみましょう。

お塩と日本酒の入浴は、こうした心霊的なもの以外に、『誰かに恨まれているかも?』という時にもおすすめです。逆恨みや嫉妬など良くない思いを送られていると感じた時は、お湯に浸かっている間は目を閉じ、自分自身が鏡のように輝いて跳ね返すイメージをしましょう。

この自分が輝くイメージは難しいかも知れません。実は筆者は非常に苦手です。そこで、手に鏡を持って周囲を照らしているイメージをします。つまり跳ね返せばいいのです。

また、日本酒などが入っている時点で使う人はいないかと思いますが、入浴後のお湯は洗濯などに流用せず、浸かったら栓を抜いて流します。

こんな方法もあります

これは人によるのですが、筆者の場合は『変だな?』という軽い程度の場合は、あえて人混みを通って寄り道しながら帰宅します。憑いたものを外に置いて来てしまうのです。

これは以前、見えるという方が教えてくれた方法ですが、筆者の場合、憑いてきやすい割には簡単に置いてくることも出来るタイプと言われ、この方法をすすめられました。本当に軽いもの限定ですし、人にもよりますが、気分的に変わるのも目的の一つなので、やってみてください。

心霊スポットでやってはいけないこと

興味本位で行くこと自体好ましくありませんが、そこの場所で見たものを笑う、ばかにするといった行為はしてはいけません。その他、こういったこともしないように注意しましょう。

◎その場にあった物を持ち帰る
◎落書きや破壊をする
◎イタズラする
◎ゴミなどを廃棄してくる

これらは、廃墟や心霊スポットでなくても、何処でも当然のことですね。人としても最低な行為です。

こんな状況の時には引き込まれているのかも?

何度も行っている場所なのに、何故か同じ所をぐるぐる廻っている、または違う方向へ行ってしまうということはありませんか?

筆者はわざと好んで心霊スポットのような所に行くわけではないのに、何度か行っている所でもそんなことがたまにあります。そんな時には何かに既に引き込まれている、なんて不思議なことに陥っているのかも知れませんよ。勿論、たまたま迷っているだけの時もあります。

しかし、人気の無い夜道や山道の場合には非常に怖いですし、危険です。迷ってしまったと感じた時点で、本来の目的地を目指すより、まず冷静に少しでも人通りや民家の多い場所に出ることを優先しましょう。

万が一、幽霊に何か頼まれたら拒否を

これは筆者が実際にやったことがあります。筆者は音や声は聞いてしまうことがあるので、深夜に誰もいない部屋で見えない人に
「ご相談があります・・・」
と声をかけられたことがあります・・・。正直全身から一気に汗が蒸発する勢いで怖いです。

そんな時には
「何も出来ません!」
「分かりません!」

などときっぱり拒否しましょう。冗談のようですが、大概諦めてくれます。大概、ですが。

もしも深刻な状況になったら?

ところで、不思議なこともあるもので、実際にそういった場所を訪れた後で原因不明の体調不良に陥ったり、奇妙な出来事が頻発するという話も時々耳にします。

筆者の場合は何か憑いてきてしまうことはあっても2〜3日で消えてくれますが、立ち入った場所や行動によっては、中には本当に洒落にならない事態になる人もいるようです。そういった方は、信頼出来る霊能者の方に祓ってもらうしか無いようです。

また、今回ここで書いたものは普段筆者がやっている、程度の軽いものに対応しているものなので、あくまでも参考であり、確実にどの方にも効果があるという約束をするものではありません。

うっかり行ってしまった時や、それによって何となく気味が悪いという軽いものに留まりますのでご了承ください。この対処をすれば心霊スポットに行っても大丈夫という奨励ではありませんので、誤解のないようにお願いします。



《リアル肝試しは自己責任で!》
心霊現象が起こりやすいと言われている場所や殺傷現場など、いわくつくの場所に興味本位で行くことは、その先何かあってもあくまで自己責任ということはお忘れなく!

この記事を書いたユーザー

black rose このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら