世界の店舗数が2万2千軒を超す大人気コーヒーチェーン店、スターバックス。メニューもカスタマイズできるとあって、お客さんも楽しみながらドリンクを味わえるのがいいですよね。そしてスタッフから「今日も頑張って!」など嬉しい一言が書かれたドリンクを手渡されるとその日の気分もアップ。

スターバックスの新しいドリンクは常に話題にのぼります。筆者は過去に「サービス」にフォーカスしていくつか書かせて頂きました。

スターバックスファンは世界中に広く、Instagram「starbucks」のアカウントは1千万人以上のフォロワーを持つ人気。そこではオーダーしたドリンクが投稿されいているのですが、もちろん、スタバのセイレーンのロゴがポイント。

ところが「自分のドリンクをインスタに投稿したい!」と思い注文する客に対しての強烈な嫌がらせ行為をしているバリスタがアメリカにいるということで話題になっているのです。

セイレーンのロゴを注文シールで覆う…

出典 https://twitter.com

バリスタであり、Reddit(海外版2ちゃんねる)ユーザーのbemyfuseさんはこの写真を投稿。そして「フラペチーノを山ほど注文する10代の客には、こんな風にセイレーンのロゴの上にデカデカと注文シールを貼ってやるのが密かな楽しみなのさ。そうしたら奴らはインスタに投稿できなくなるだろ。」

スタバのロゴが隠れた写真を投稿しても「いいね」をもらえないという悲惨な結果になってしまうために、インスタ投稿をしようとしている人がこれを受け取ったらかなりの度合いでイライラすること間違いないでしょう。

そんな心中を察したかのように嫌がらせをするバリスタ。客にサービスする立場でありながら、こうした「セコイ」嫌がらせをするというのはなんとも情けない話ですが、ロゴをシールで隠してはいけないという決まりもないために、罰せられることもないということをわかっている上での嫌がらせ行為。

気分が下がるようなことはやめて…

インスタ投稿するつもりがなくても、わざわざロゴにデカデカとシールを貼られたドリンクを渡されたら、誰だって気分が下がることでしょう。

この嫌がらせバリスタの投稿にredditユーザーたちからは「そんなことしても10代だったらインスタに投稿するだろ」「酷い嫌がらせだな」「ロゴが目立たなくなってホィップの出来が目立つからいいんじゃないか」「自分もバリスタだけど、10代のうるさい奴らが一気にフラペチーノを注文しても、1個1個丁寧には作らないよ」「どんな客でもリスペクトしろよ」と言った様々な声が寄せられています。

世間は夏休み。毎日毎日繰り返される注文をこなしていく単調な作業。あれこれとわけのわからないカスタムオーダーをする客。一杯のドリンクで店で自宅のように何時間もくつろぐ客…そんな光景を目にしているバリスタにとっては「ちょっとした嫌がらせ」でも胸の内がスッとするのかも知れませんが、やはりそこは客商売。器の小ささを見せずに笑顔でお客さんには対応して頂きたいものです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス