記事提供:Techinsight

NEWSの手越祐也加藤シゲアキがバラエティ番組でまさかの自身の人見知りを告白して共演者を驚かせた。

そんな2人がジャニーズで社交的なメンバーを明かしたところ、TOKIOから3人も名前が挙がった。一方で嵐の大野智など人見知りなメンバーの存在も明かしている。

手越祐也と言えばステージばかりか『世界の果てまでイッテQ!』でもアイドルオーラ全開で、そのうえプライベートではスキャンダルも少なくない。その彼が「自分は人見知り」というから驚きだ。

飲み会などの席でも、初対面の人から声をかけられると「人見知りなのでもう少し飲んでからでいいですか」と説明するが、やはり「そんなわけないじゃないですか!」と言われてしまうそうだ。

7月26日放送の『ヨロシクご検討ください 2016年上半期!芸能界の闇を世直しSP』(日本テレビ系)に出演した手越祐也は、そんな世間の認識に「俺の28年間の何を知っているんだ!と言いたい」と訴えた。

一方の加藤シゲアキはデリバリーを頼むことすら苦手で、知らない人と会うくらいなら自炊をするというほどの人見知りである。

電話で注文する際にキャンペーンを勧められて断れず大量に注文したこともあり、配達した人から“サラミをトッピングした奴”と認識されるのが不安だという。

共演者のバカリズムが「お店で『サラミ』と呼ばれているかも」と冗談を言うと、加藤は「そんなの耐えられない!」と本気で嫌がる様子を見せた。

そんな2人にジャニーズで「太陽のように明るく社交性があるメンバー」は誰なのか?を問うたところ、

井ノ原快彦(V6)国分太一(TOKIO)松岡昌宏(TOKIO)長瀬智也(TOKIO)二宮和也(嵐)の名が挙がった。対してジャニーズで「人見知りな人」は大野智(嵐)堂本剛(KinKi Kids)森田剛(V6)だという。

加藤シゲアキはつい先日、その3人と一緒になることがあり「誰もしゃべらなかった」と彼らと自分に共通する人見知りを改めて実感したそうだ。

TOKIOの5人のうち社交性のあるメンバーが3人いて、人見知りは1人もいないのに対して、NEWSは4人のうち2人が人見知りだということになる。それでもNEWSがうまくいっているのは小山慶一郎の存在が大きいようだ。

手越と加藤は小山のことを良い意味で「便利」だと表現している。たとえば加藤の代わりにデリバリー注文をするなど、他のメンバーを気遣って潤滑油的な役割を果たしているのが小山なのだ。

そんな小山のエピソードを話す2人の嬉しそうな笑顔からグループの仲の良さがうかがわれる。

8月27日(土)から放送される『24時間テレビ39「愛は地球を救う」』ではそのNEWSがメインパーソナリティを務める。小山慶一郎増田貴久とともに人見知りな手越祐也加藤シゲアキがどのように盛り上げてくれるか楽しみだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス