記事提供:conobie

娘が3歳の頃、息子が産まれました。生後3ヶ月頃から徐々に始まった赤ちゃん返り。私が克服に向けて取り組んだエピソードをご紹介したいと思います!

目次

・娘のかんしゃくは「赤ちゃん返り」だった
・娘にとっての「かんしゃく」は寂しさのバロメーター

娘のかんしゃくは「赤ちゃん返り」だった

娘にとっての「かんしゃく」は寂しさのバロメーター

何をやっても叱らない…。

危険な事、怪我や生死に関わるような事以外は全てOKにした数日間…。

私としてはここが一番大変な事でした。

やって欲しくない事も、こちらの行動を試すように仕掛けてくるので(笑)。

…そうして私の愛情を確かめていたんだと思います。

ついダメダメ!と言ってしまう私にとっては、とてもいい修行になりました。

その後はたくさん笑顔も出るようになりましたし、何より気持ちが満たされた分、かんしゃくも減りました。

半年経った今でもやっぱり寂しい思いをさせてしまう事はあります。

娘にとっての「かんしゃく」は寂しさのバロメーター
なので、これからも繰り返し、いろんな形で愛情を届けたいと思います。

2回に渡った赤ちゃん返りのエピソード。

読んで頂きありがとうございました!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス