記事提供:ミラクリ

「プロジェクトの成果を上司に横取りされました。どうしても許せません」

こんなメッセージをいただきました。ありがとうございます。

会社組織なら絶対ありますよね、こういうこと。

たしかにムカつくことではありますが、実はそれほど腹を立てることでもないのかもしれません。

こう言ってはなんですが、もし上司に実力がないなら、そのうち淘汰されていきますからね。

手柄横取り上司はたしかにいる

苦労したプロジェクトの成果を横取りされたら、腹が立ちますよね。

最終コーナーをまわったあたりから、それまで一度も会議に現れなかったA主任が「それで…どんな状況?」と言ってきたり。

ひどい場合になると、最初から最後までノータッチだったB部長に、「社長への報告は俺がするから、お前たちは黙っておけ」と言われたり。

そして、蓋を開けたら「B部長の采配で成功させた」みたいなことになっている、まぁ、会社あるあるですね。

理不尽だし、やるせないですよね。

手柄横取り上司は間違いなくいると思います。それが意図的か、無意識かは別として。

手柄は上司・部下・同僚にあげる

ぼくはいつも言うんです。

「手柄なんか上司にあげちゃえ」って。

これは決して成熟した大人として言っているわけではありません。

松下幸之助氏ばりの悟りを開いたわけでもありません。

むしろ逆で、めちゃくちゃ子供の考え方ですし、かなり冷たいと思います。

だってプロジェクトの歯車として評価されたとしても、増えるのってわずかなボーナスぐらいでしょ?

なら、みんなが一喜一憂している間に、次の仕事に黙々と取りかかったほうが良くない?

みんなが浮かれている今がチャンスじゃない?って思うんです。

ボーナスも欲しいですけど、そりゃ。

「信用を積み上げる時期」と「評価される時期」がある

ぼくが社会人になって、15年ほどが経ちました。

ざっくり12年くらい会社員で、3年くらいフリーランスです。

最近になって仕事人生を振り返ってみたとき、「信用を積み上げる時期」と、「評価される時期」があることに気づいたんです。

■信用を得るために黙々と仕事をするとき

会社に入ったときにまずやることは、お気に入りのスタバを見つけることでも、可愛い同期を探すことでもありません。

まずは信用を得るんです。

だって信用されなければ、仕事なんか頼まれませんよ。

同じ会社の人であっても、やっぱり仕事はデキる人に頼むし、精度とスピードを期待できる先輩に頼むのは当たり前です。

だから手柄とか、正当な評価とか言ってないで、まずは信用を得るためになんでもやるんです。

■信頼を勝ち取り、色んな人から仕事をもらえるとき

上司や同僚からの信頼を勝ち取れたら、やっと仕事が集まってきます。

これってスポーツと同じですよね?

チームに入りたての頃はパスが回ってこなかったのに、コンスタントにゴールを決め続けたら、次第にボールが集まってくる。

結局は会社も同じで、最初はどれだけ大きな声でアピールしても、みんなエースかベテランにパスを出すんです。

でも、結果を出せば自分にもボールが回ってくる。

健全な組織なら、年齢ではなく、実力で見てくれると思います。

実力がない上司ならすぐに追い越せる

手柄横取り上司がいても、あまり気にしなくて大丈夫ですよ。

実力がない上司は長い目で必ず淘汰されますから。

これ、本当です。

3年とか、5年とかのスパンで見れば、実力がない人は降格するとか、飛ばされるとか、どっかでいなくなります。

今すぐどうこうはなりませんが、不義理ばかりしているとか、仲間をないがしろにしたツケは、どこかで払うんですよ。

そして、上司よりも優れているなら、すぐに追い越せます。

現時点で追い越せていないということなら、それは何かが足りないからです。

上司に噛み付いていた人ほど昇進したら同じタイプになる

ちょっと余談ですが、上司のことばかり気にしないほうが良いですよ。

上司に噛み付いていた人ほど、昇進したら同じタイプになるからです。

会社にいませんか?

上司のことをよく観察して、糾弾して、下克上を叫ぶ人。

すごく逞しいし、同じ不満を共有しているという意味では頼れたりもするのですが、裏を返せば上司のことを見すぎているんです。

つまり嫌いな上司のことを誰よりも理解している、ということ。

この手のタイプは面白いですよ。

昇進したあかつきには、あれだけ強く非難していたA部長のやり方を地で行ったりしますからね。

評価なんて人が決めるものですから、まずは自分の仕事に集中したほうが絶対に得ですよ。

ボーナスが少なかったぶんは、多かった人におごってもらえばいいじゃないですか。

実力・信用・ボーナス・昇給・昇進・今どれが一番ほしいのか?

上司に手柄を横取りされたとき、いま一度考えてください。

「今欲しいものは何か?」って。

実力や信用が欲しいなら、一時の成果に囚われる必要はありません。

「自分の手柄にならなければ信用もされないでしょ」は確かにそうですが、静かに観察して、ひそかに花丸をつけてくれる人は絶対にいますから。

逆にボーナスや昇給や昇進が欲しいなら、上司とケンカしてでも自分の手柄にすれば良いと思います。

でも、その争いを見た人からの信用が、少し損なわれることもお忘れなく。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス