親にとって最愛の我が子を亡くすことほど辛いことはないでしょう。イギリス在住のヴィッキー・パインさんも娘アリスさんを17歳という若さで亡くし、深い悲しみの中に。

アリスさんは悪性のリンパ腫だった

出典 https://www.youtube.com

16歳の時に悪性のホジキンリンパ腫と宣告を受けたアリスさん。その時に既にがんは転移しており、余命僅かと言われたそう。自分がもうすぐこの世からいなくなってしまう…そう覚悟したアリスさんは、愛する母ヴィッキーさんになんとかして自分の存在を形に残しておきたいと考えました。

全身に広がっているリンパ組織内の細胞が悪性化し、次第に全身の臓器を侵していく病気です。ホジキンリンパ腫(ホジキンという人が最初に報告した)と、それ以外の非ホジキンリンパ腫に大別されますが、互いに似た経過をたどります。

人口10万人に対して1年間に男性約9人、女性約6人の割合で発生します。非ホジキンリンパ腫の場合、50代から次第に増加します。これに対しホジキンリンパ腫では、20代と壮年層の2つのピークを認めます。

欧米人は日本人より発症頻度が高いことが知られていますが、原因はまだ明らかではありません。日本人における頻度は最近とくに増加傾向にあり、その理由として国民年齢層の高齢化のほかに、診断技術の向上、ライフスタイルの欧米化などが指摘されています。

出典 http://health.goo.ne.jp

そこで、アリスさんは妹と一緒に指の指紋をかたどったシルバーのチャームネックレスをカスタムメイドしたのです。その後、17歳でアリスさんは生涯を閉じました。

ハートの形のチャームにはアリスさんと妹の指紋の型が

出典 https://www.youtube.com

とっても素敵なデザインのネックレスは、まさに唯一無二のもの。17歳という短い人生を終えたアリスさんをいつも自分の胸に留めて置けると、ヴィッキーさんは寝る時以外は片時も外すことなくこのネックレスを身に着けていました。

「アリスさんの指紋の型に自分の指を合わせると、いつも娘が近くにいるような気がするんです」とヴィッキーさん。このネックレスはヴィッキーさんのぽっかりと空いた穴をほんの少しでも温かく埋めてくれるかけがえのない形見でした。

ところが、その後ホリデーでニューヨークに旅したヴィッキーさん。これまでイギリスでどこに行っても失うことなどなかったネックレスを、運悪くホリデー先のニューヨークで失くしてしまったのです。

いつもの癖でネックレスに手を当てると…

出典 https://www.youtube.com

あるべき場所のネックレスが無くなっていたのです。「落としたんだわ!」パニックになって必死で元来た道を注意深く見ながら戻ったヴィッキーさん。落としてからどのぐらい時間が経っていたかわからず、どんなに探しても見つけることはできませんでした。

娘の大切な形見なのに…多くの観光客も行き交うニューヨークの街のどこかで落とした小さなネックレスなど、もう二度と見つけることはできないだろう…そんな絶望感に打ちひしがれながらイギリスへと戻ったヴィッキーさん。

それでも奇跡を信じてFacebookに投稿した

出典 https://www.youtube.com

ヴィッキーさんは諦めなきゃという気持ちの中にやっぱりどうしても諦められないという思いがあったのです。娘の大切な形見ですからそう思うのも当然でしょう。奇跡を信じてFacebookに書き込みをしました。「もし見つけたなら、どうか連絡をください」と…。

その頃、既に奇跡は起こっていた…!

出典 https://www.youtube.com

家族で出かけていたニューヨーク在住のフレディさんとエミリーさんは、風変わりなネックレスを拾いました。そこには指紋の型が。「これはもしかしたら誰かの大切なものかもしれない。」彼らは自宅へ持ち帰ったのです。

Facebookで見つけたまさかの偶然

出典 https://www.youtube.com

そしてフレディさんがFacebookを見た時に、なんと自分たちが拾ったネックレスを必死で探しているイギリスの女性を見つけたのです。投稿内容を見ると亡くなった娘の形見とある…是非何としてでも返してあげなければ。そこでヴィッキーさんに連絡を取ることに。

ヴィッキーさんは、フレディさんから受け取ったメールとその写真を見てその奇跡に震えました。まさしくそのネックレスはアリスさんの形見のもの。知らない誰かが拾って連絡してくれた…!あまりにも嬉しくてヴィッキーさんはすぐにまたニューヨークへと旅立ちました。

あまりの嬉しさに涙ぐむヴィッキーさん

出典 https://www.youtube.com

この映像はFacebookで一件をしった米テレビ局が撮影したもの。テレビ局が間に入りヴィッキーさんとフレディさん一家を引き合わせることとなりました。親切なフレディさん一家に大切な娘の形見を拾われたヴィッキーさんは、フレディさんたちが部屋に現れるや否や涙。

奇跡が感動を呼んだ瞬間

出典 https://www.youtube.com

「ありがとう…ありがとう‼」きっと言葉では言い足りないに違いありません。フレディさん家族をぎゅっとハグし、感謝の気持ちを述べるヴィッキーさん。フレディさん一家はただただ、ヴィッキーさんのもとへアリスさんの形見が戻って幸せだと喜びを分かち合いました。

そして形見は母の胸へ…

出典 https://www.youtube.com

予期せぬハプニングで離れ離れになってしまったアリスさんとヴィッキーさんでしたが、またこうして繋がることができました。大切さをかみしめるようにしっかりとネックレスを身に着けるヴィッキーさん。

Facebookの奇跡のパワーに感動!

出典 https://www.youtube.com

生き別れになっていた大切な人と出会ったり、親子関係が修復したり、そしてこうして愛する娘の形見を取り戻したりと、やはりFacebookのパワーは偉大だということを再認識させられます。この奇跡の偶然を通して人の縁も生まれ、更に友情の輪も広がっていくのでしょう。

「ママ、今度は失くさないでね」

出典 https://www.youtube.com

そして何より、アリスさんの形見が見つかったことがヴィッキーさんにとっては幸せ。きっとアリスさんも天国で「ママ、今度は失くさないでよ」と言っているかも知れません。形が無くなっても心がヴィッキーさんと繋がっているからこそアリスさんがこの奇跡を呼んだのではないでしょうか。

きっと今も、そしてこれからもアリスさんはヴィッキーさんと家族を見守り続けていくことでしょう。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス