2016年7月20日に行われた、北米サッカーリーグ所属「ミネソタ・ユナイテッドFC」対プレミアリーグ所属「AFCボーンマス」の試合での出来事です。

出典 https://www.youtube.com

ボーンマスの選手がゴール前に蹴りだしたボールと、しっかりとキャッチするミネソタのGK(ゴールキーパー)。

出典 https://www.youtube.com

1点ビハインドを追っている状況なので、さぁここから反撃!とばかりに…

出典 https://www.youtube.com

近くにいた味方選手にボールを投げようとするのですが…

出典 https://www.youtube.com

スルッ!…あれっ…?

えぇぇぇぇぇぇぇ!?

出典 https://www.youtube.com

なんと、ボールが滑ったのかなんなのか、誤って自軍のゴールに向かって転がっていき…

出典 https://www.youtube.com

必至の追いかけも虚しく…

出典 https://www.youtube.com

まさかのオウンゴールとなってしまいました…。

出典 https://www.youtube.com

これはへこみますね…。

映像でもご覧ください。

出典 YouTube

※問題のシーンは2:18あたりから。

そもそもあまりお目にかかることのないサッカーのオウンゴール。これだけでも珍しい出来事なのですが、今回のオウンゴールには更に驚きの真実(?)が隠されていました!

二度あることは三度ある!?

このオウンゴールを見て、「あれ?どこかで見たことがあるな?」と感じた人もいるかもしれません。

それもそのはず!このオウンゴールは、2004年5月22日に柏レイソルのGK・南雄太選手が、Jリーグ1stステージ第11節「サンフレッチェ広島VS柏レイソル」の試合でやってしまった“伝説のオウンゴール”と瓜二つだったんです!

出典 YouTube

こちらがその映像です。

こんな奇跡的なオウンゴール、当時は二度と見られないだろうと思っていたのですが、その11年後に地球の反対側のアルゼンチンで同じようなシーンを目の当たりにすることになります。

出典 YouTube

こちらが二度目の“伝説のオウンゴール”の映像です。

そしてその翌年に三度目が…。ちなみに三度目の“伝説のオウンゴール”ですが、一度目や二度目と違って公式戦ではなかった様子。それだけが救いかな…。

世界中で愛されているサッカーだけに、そう遠くない日に“四度目の伝説”にお目にかかるときが来るかもしれませんね!(笑)

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら