記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
歯は一生もの。赤ちゃんのうちから、お母さんが大事にしてあげたいですね。
今回は、妊娠中のプレママの時期からできる「赤ちゃんの歯を丈夫にするためにできること」について、医師に話を聞いてきました。

赤ちゃんの歯はいつ作られるの?

もちろん、赤ちゃんは歯が生えていない状態で生まれてきますが、実はもう妊娠初期から歯のもととなる「歯胚」が形成されています。
つわりがあるかたも多い妊娠4カ月ごろには、もうその歯のもととなる歯胚が、石灰化され、固くなるといわれています。

ですから赤ちゃんの丈夫な歯を作るためには、この時期に歯の材料となる栄養分が不足しないように、お母さんが摂取することが大切になってきます。

妊娠中のお母さんの栄養

赤ちゃんの歯を作るもととなる栄養素としては、
・タンパク質
・カルシウム
・リン
・ビタミン類(ビタミンA,ビタミンC、ビタミンDなど)
といったものが特に重要になってきます。

それぞれが歯の構成成分、あるいは石灰化やカルシウムの代謝を調整するために重要な役割を果たしますが、もちろんこれだけ摂取していればよいというものではありません。
生まれてくる赤ちゃんの歯の健康という視点からは、バランスの取れた食生活の中で、これらは、不足することのないように十分気を付けておきたい栄養素である、ということなのです。

タンパク質は例えば、肉・魚類や牛乳・乳製品などに豊富です。
カルシウムは牛乳や小魚などがよい供給源と言えます。
ただ、例えば「ビタミンA過剰症」のように、取りすぎはかえって赤ちゃんの成長の害になるとされているものもありますので、この点には十分な注意が必要でしょう。

虫歯治療もプレママのうちに

また、赤ちゃんの歯の健康を考えるうえで、お母さんの虫歯を妊娠中にしっかり治療しておくことも大切です。
妊娠中に、お腹の赤ちゃんに虫歯ができるわけではありませんが、出産後、お母さんと赤ちゃんの密接な接触のなかで、特に1~2歳の時期に、お母さんの虫歯菌が赤ちゃんに感染してしまうことはとても多いといわれています。

それから、頻度は高くないにしても、お母さんがあまりにもひどい歯周病がある場合は、その炎症部分から出る物質が全身をめぐることによって、早産を引き起こすこともあるといわれています。
万一の場合に備えて、歯磨きやうがいはもちろん、妊娠中に一度は歯科検診を受けて、ご自身の口腔内の状態をしっかり確認しておきたいものです。

≪育児のお疲れ、たまっていませんか?≫
やる気が出ない…それ、疲労のサインです【疲労蓄積度】チェック

医師からのアドバイス

妊娠中は、唾液が酸性に傾くことによりただでさえ虫歯が起こりやすくなるうえ、つわりや体のだるさなどで普段通り食事をとったり、歯をすみずみまで磨くということが難しくなります。

できるときに軽くうがいをしたり、甘いものを食べるときには一緒に水を口に含む、といった小さな心がけを積み重ねましょう。完璧は難しくても、できる範囲で赤ちゃんの歯の健康のためにも気を使っていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス