スポーツや部屋着の定番といえば「ジャージ」。普段着としてもさまざまな世代に愛されています。

そんな我々の生活に欠かせないジャージですが、都道府県によって愛着されているメーカーに特色があるとか。特にネット界隈で広まっているのが、「愛媛県民はみんなプーマのジャージを愛用している」という都市伝説です。

これはいったいどういうことなのでしょう?早速調査を開始しました。

愛媛県での高い「プーマジャージ」率

ネット上では、Twitterなどで「愛媛ではプーマジャージ率が異様に高い」というつぶやきを多数発見することができます。

どうやら結構以前からまことしやかにささやかれている噂のようです。いや、噂どころか地元にお住まいの方々もしっかり認めているようで…。

愛媛県の地形にヒントが!?

プーマのジャージを「プージャー」と親しみを込めて呼ぶほど、愛媛県民にとってはプーマのジャージは定番中の定番のようです(中にはよそ行きの服だと指摘する人まで)。

改めて、そんな愛媛県の場所を確認してみましょう。日本地図を見てみると、愛媛県は四国の北西部に位置している愛媛県ですが、じーっと形を見てみると、なにやらプーマのジャージが愛用されているヒントが見えてきました…。

確かによく見ると、プーマのロゴとそっくりではありませんか!?さらにはこんなご指摘も。

愛媛県の形×みかん(オレンジ)=プーマのジャージ。

数あるスポーツウェアのメーカーの中から愛媛県民がプーマを選んでいる理由は、地形や特産品などの地域性に根差したものであるとの説が。

なお、愛媛県はスポーツも盛んな土地で、各地には球技場などの運動施設がたくさんあることでも知られています。サッカー・Jリーグの愛媛FC、なでしこリーグの愛媛FCレディース、独立リーグ野球・四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツなどが活動しています。選手のみなさんも、もしかしたら練習やプライベートタイムには、プーマのジャージを着ていたりして…。

本当に愛媛県ではプーマジャージが人気なの?

ところで、愛媛県民の方々は本当にみんなプーマのジャージを着ているのでしょうか?

そこで、プーマジャパンカスタマーセンターに直接電話して聞いてみました。すると、「愛媛県はプーマのジャージ着用率が特別に高いという話は聞いたことがない」とのこと。プーマの方も周知の事実かと思いきや、意外や意外、そうでもないようです。しかも、愛媛県内にはプーマ直営ショップはほとんどないとのことで、県内の各スポーツショップなどで、多くの人がプーマのジャージをご購入されているのではないでしょうか、とのことでした。

真相が気になった筆者は、松山市内の「SPORTS DEPO(スポーツデポ)松山谷町店」 にも電話で聞いてみました。すると、「確かにプーマのジャージを着ている人が多いですね」「街中でもジャージ姿の人がけっこういますよ」との回答が。これは期待、と思いきや、その着用率の高さについて理由を尋ねたところ、はっきりとした理由は現地のお店の方も分からず…。

この都市伝説が生まれた理由にまではたどりつけませんでしたが、実際に着ている人々が多くいるという事実だけでも、非常に興味深い現象だといえそうです。

愛媛県に行った際には注目してみよう

このように、愛媛県民のプーマジャージの着用率の高さについて、はっきりとした理由はないようですが、多くの人がジャージを買うときに、そのロゴや色に親近感が湧いてプーマを選ぶ人が多いのかもしれませんね。確かに、筆者も愛媛県民なら、ついついあのロゴの形に惹かれてしまうような気がします。

もしも愛媛県に行く機会があったときは、街往く人々のファッションを見て、“プージャー”を着ている人がどれだけいるかチェックするのもおもしろいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス