記事提供:日刊SPA!

開会までいよいよとなったリオデジャネイロ五輪。そちらももちろん気になるところだが、その1か月後の9月7日からスタートするリオデジャネイロ・パラリンピックも見逃せない。普段あまり目にすることのない、パラスポーツの魅力に迫る。

競技力や選手のキャラが色濃く映るパラスポーツの可能性と醍醐味

【生島淳 寄稿文】

どうせ、障がい者スポーツでしょ?ハンディキャップがある人たちが、頑張ってるんだよね?なんだか、かわいそう…。

パラリンピックが近づいてきているが、障がい者スポーツについて、そう感じたことはないだろうか。実際、私にはそう思っていた時期があった。

お金を払って見たり、取材するまでの「価値」はないと感じていたのだ。ところが…。2つの競技が私の考え方を根本から覆した。

はじめ、衝撃を受けたのは車椅子バスケットボールである。全日本選手権を見たところ、かなり激しいのだ。

健常者のバスケと同じくスクリーンがある。進路を妨害しようと、車椅子で割り込む。バランスを崩して車椅子が倒れる。危ねえな…と思って見ていると、誰も起こしてくれない。選手は自力で起きあがらなくてはいけないのだ。

おいおい、相互扶助の精神とかないのか?ないのだ。選手は独力で起きあがる。もともと、転んだほうが悪い。

また、障がいの程度によって「持ち点」が決められており、軽ければ4.5点、重度のものだと1.0という点が選手に与えられる。

面白いのは、コートでプレーする選手5人の合計点を14点以下になるよう、監督は調整しなければならないことだ。

ここに戦略性が生まれる。4.5点の選手を2枚入れると、残りは5点分。それをどう使うか。障がいの重い選手はディフェンス時にどんどん狙われてしまう。

私はこの「容赦のなさ」に競技としての面白さを感じた。

だが、ディフェンスでやられたら、3ポイントシュートでやり返す選手がいた。車椅子バスケの世界には、とんでもなくシュートがうまい選手がいるのだ。

もうひとつ刺激的だったのは、陸上を取材した時のこと。視覚障がい者の伴走者に話を聞いたのだが、その競技力の高さに驚いた。

もしも、パラリンピックのトラック競技やマラソンでメダルを狙うとしたら、伴走者は5000mを15分以内でカバーできる走力が必要だという。

マジで?と思った。このタイムは、大学で競技を続けられるくらいの実力がないと無理だ。箱根駅伝を走るようなランナーでないと、パラリンピックでは勝負にならないのである。

なるほど、走者ではなく伴走者がガッツポーズする気持ちもわかる。

さらに取材を進めていくと、戦いの中で、精神的な揺さぶりや駆け引きが当たり前のように行われていることを知った。ある伴走者はいう。

「視覚障がい者の選手は、耳や感覚が頼りです。

中には相手に視覚障がいがあることを利用して、選手と伴走者が『今日のペース、なんか遅すぎない?』とわざと聞こえるように話して動揺を誘ったり、ほかの選手にプレッシャーをかけることも珍しくない」

パラリンピック、障がい者スポーツと聞くと、何かクリーンなものを想像していないか?それは違う。海外ではドーピングに手を染めるパラアスリートもいた。

健常者のスポーツと同じく、勝つためにはあらゆる手段を尽くす選手がいるのだ。

きれいな世界でも、かわいそうな世界でもない。激しい戦いが行われる世界なのだ。

障がい者スポーツは、競技力や選手のキャラクターによって、エンターテインメントとして成立する可能性を十分に持っている。

リオのパラリンピックで、その面白さをぜひとも発見してほしい。

【生島 淳氏】

スポーツジャーナリスト'67年、宮城県生まれ。メジャーリーグ、NBAなどのアメリカンスポーツ、ラグビー、水泳、陸上などを取材範囲としている。著書に『エディー・ウォーズ』(文藝春秋)などがある

―「障がい者スポーツ」激アツ観戦ガイド―

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス