記事提供:日刊SPA!

駅前の一等地に数多く出店し、24時間営業で深夜早朝を問わず賑わっている磯丸水産。

いま、“水産ブーム”と言っていいほど「○○水産」と看板を掲げた浜焼きスタイルの居酒屋が急増しているが、このブームを巻き起こしたのは間違いなく磯丸水産であろう。

この磯丸水産の生みの親である寒川良作氏はなぜ、たった1軒の店舗から、従業員3000人を抱える上場企業にまで成長させることができたのか?気鋭の起業家の知られざるサクセスストーリーを追った。

――'09年2月に寒川さんがオープンした居酒屋・磯丸水産以来、昨今同じような“海の家”をモチーフにした浜焼きの店が増えていますね。まず、磯丸水産の開業のきっかけから教えてください。

寒川:磯丸水産の1号店は吉祥寺にオープンしているんですが、実は開店数か月前まではスペインバルをやる予定だったんですよ。

――なぜ急に予定変更を?

寒川:'08年9月に起きたリーマン・ショックが原因です。未曾有の経済危機を目前にしたとき、今後はバルよりももっと低価格の大衆店にニーズが集まるのではないか、と思ったんです。

――時代の変わり目を感じたからこそ、急遽の業態変更だった、と。

寒川:ただ、数か月間でゼロから新業態を生み出すのは難しいと思ったので、既存の流行している飲食店を回ってリサーチを繰り返しました。その末にたどり着いたのが“海の家”がコンセプトの飲食店だったんです。

――海の家に目をつけた理由は?

寒川:私自身がサーファーでよく海に行くのですが、そのたびに「最近、海の家がはやっているな」という印象を持っていました。

その海の家を都内に持ってきたら面白いのではないかと思ったんです。当時、ほかにも海の家業態の店はいくつかあったので、その類似店舗を徹底的に研究しましたね。

「いい」と思ったビジネスを徹底的に研究し、強み・弱みを把握し、問題点を改善していくことで自社のオリジナリティを持った新サービスが生み出せると思うんです。

――その研究を通じて生み出した磯丸水産ならではの強みとはどんなものでしょうか?

寒川:一つ目は、24時間営業です。磯丸水産は間口の広い店舗にしたかったので、24時間営業に挑戦しました。

居酒屋チェーンにおいては新しい取り組みだったので不安もありましたが、既存の時間帯では来ていただけなかったお客さまを獲得できたので、やってよかったですね。

――当初はどんなお客さんを想定していたのですか?例えば、夜遅くまで働いている人たちが仕事終わりに飲みにいく…など?

寒川:そういった夜遅くまで働く方たちはある程度は想定していました。ですから、初期は、池袋や新宿、渋谷などの繁華街にも出店していたんですよ。

また、消防や警察、病院など夜勤のある方も想定していました。ただ、いざやってみると、意外と早朝まで飲む普通のサラリーマンの方や、朝7時くらいから飲むお客さまも多かったのが驚きでしたね。

――え、スーツを着た会社員が!

寒川:正直、私も想像してなかったので、びっくりしました(笑)。二つ目の強みは「設備」です。

従来の炉端焼きなどの店舗では、炭火コンロで海鮮を焼いていたんです。すると、煙が充満し、服や髪に臭いがついてしまう。「これはお客さまによくない」と思ったので、磯丸水産ではガスコンロにして、煙を吸い取るための空調設備を整えました。

――大きな生け簀も名物ですね。

寒川:本物の海の家にはだいたい生け簀がありますが、都会の店にはあまり生け簀は置いてない。

「だったら、海の家を忠実に再現して他店と差別化しよう」と思い、設置しました。水槽は徹底的に管理しており、新鮮な魚介を即時に提供することができるようになりました。

【寒川良作】

'59年生まれ。愛知県出身。手羽先専門店・鳥良や浜焼き居酒屋・磯丸水産を運営するSFPダイニングを経営し、'14年に同社を上場させた。その後、'15年12月に代表取締役を引退。

今年1月から飲食業に特化した起業支援を手掛けるスタートアップ・プランニングを設立

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス