記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
赤ちゃんの肌は、大人と違って皮膚のバリアがうすく外界からの刺激に弱いため、さまざまなトラブルが起こります。

今回は赤ちゃんの肌トラブルとして代表的な「乳児湿疹」について医師に聞いてみました。

「乳児湿疹」とはどのような状態ですか。どのような症状が現れますか。

0歳~1歳頃の赤ちゃんの肌にできる湿疹を総称して、「乳児湿疹」と呼びます。

湿疹には、ブツブツしたもの、カサカサのもの、ベタベタのもの、ジュクジュクしたものなど、さまざまな種類があります。

「乳児湿疹」がひきおこる原因は何ですか。

乳児湿疹としては、新生児ニキビには、乳児脂漏性湿疹、おむつかぶれやアトピー性皮膚炎、食物アレルギーによる湿疹など、さまざまな原因があります。

この中でも、特に頻度の多いのは以下のような症状です。

新生児ニキビ
生後1ヶ月ごろまでの新生児にみられるもので、思春期と同じように顔や体にニキビができます。
これは、お母さんのお腹の中にいたときの、お母さんからの女性ホルモンの影響が残っているためです。生後1~2ヶ月を過ぎると自然になくなってきます。

乳児脂漏性湿疹
赤ちゃんはデリケートな肌を守るため、皮脂の分泌が活発です。
そのため、皮脂腺が自分の皮脂で詰まってしまい、皮脂腺が炎症を起こしてしまうことがあります。
すると肌がカサカサしたり、炎症がひどくなるとジュクジュクしたりしてしまいます。これを乳児脂漏性湿疹といいます。

あせも
赤ちゃんは大人以上に汗っかきです。頭、首、脇など汗腺の多いところに汗がついたままになると、肌が自分の汗に反応して炎症を起こしてしまうことがあります。これがあせもです。
また、オムツで湿気がたまると、おしりにもあせもができてしまいます。

食物アレルギーによる湿疹
食物アレルギーにより、口の周り、全身に発疹が出ることがあります。
軽症の場合には発疹のみでおさまり、時間がたてば自然に発疹が消えてきますが、重大なアレルギー反応が起こってしまうと呼吸困難や命にかかわることもあります。

「乳児湿疹」が起きた場合、医療機関ではどのような治療が施されますか。

乳児湿疹の原因にもよりますが、乳児脂漏性湿疹やあせもの場合にはこまめなスキンケアが大切です。
汗をふきとったり、着替えをさせたりして、肌を清潔に保ちます。

ジュクジュクした湿疹など炎症が強い場合には、医療機関で抗炎症薬やステロイド剤の外用薬を処方されることがあります。

「乳児湿疹」やアレルギーにならないために、赤ちゃんの食生活で気をつけるべきことを教えてください。

食物アレルギーになる代表的な食材としては、卵、牛乳、小麦、大豆があります。
妊娠中にこれらの食材を過剰に摂取すると、赤ちゃんがアレルギーになりやすいといわれています。

妊娠中はひとつの食材に偏ることなくバランスよく食べるように心がけましょう。

離乳食がある程度進み、上記の食材を初めて食べさせるときは、1さじずつ、赤ちゃんの様子を見ながら食べさせましょう。

また、もしアレルギー症状が出た場合に医療機関を受診できるよう、なるべく新しい食材を与えるときは午前中に行うようにしましょう。

≪子どもに落ち着きがないのはADHDの可能性も…≫
1分で簡単チェック【子どものADHD】を診断してみる

まとめとして、「乳児湿疹」についてアドバイスをお願いします。

乳児湿疹にはさまざまな原因があります。

ご家庭で原因が判断できないときは、小児科や皮膚科でご相談してみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス