記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
夏は、つい涼を取ろうとして、身体を冷やしがちになります。特にお腹は、中からも外からも冷やしがちな部位です。

今回はお腹の冷えによる子宮への影響について、医師に詳しい話を聞いてきました。

お腹を冷やしてしまう、夏の生活習慣を教えてください

夏は高温多湿になることから、薄着になる機会が多いのですが、現代の生活では屋外にいる時間より多くの時間を、キンキンに冷えた建物の中などで過ごしています。

そんな中、タンクトップやミニスカートなど、体を露出する服装のままでいること、お腹も冷えてしまいます。

また、アイスクリームやかき氷、氷を入れた飲み物など、体温よりもかなり温度の低いものを口にす機会が増えることも、お腹を冷やす恐れのある、夏の生活習慣といえるでしょう。

お腹や子宮周りを冷やすことによって、どのような問題が起こりますか?

お腹を冷やしただけで病気を発症する、とはっきりした因果関係が認められる病気はありません。

しかし、おなかを冷やしたことによって身体にストレスがかかり、冷やし続けることによって、自律神経が乱れ、全身倦怠感や頭痛などを引き起こす可能性は考えられるでしょう。

また、お腹を冷やすと、子宮周囲の血流が悪化し、生理痛などが重くなったり、ホルモンバランスや自律神経の働きが乱れてしまう可能性があります。

身体へ負担がかからないクールダウンの方法を教えてください

身体へ負担がかからないクールダウンの方法として、以下のような事柄を心掛けてください。

1.適温での空調の利用
夏場の暑さの激しい時には、冷えを恐れて冷房を使わないでいると熱射病や脱水をい起こしてしまうことがあります。

外気温にもよりますが、外気温より5度くらい低い温度でエアコンを利用したり、部屋の除湿を行ったりするだけでも、体への負担が少なく。快適に過ごせます。

2.水分補給をする
また、水分や電解質補充も非常に大切です。冷たすぎない、室温程度のミネラルウォーターや水などで、こまめに水分を補充しましょう。

のどが渇いたからと500ml以上も一度に飲むのはおすすめできません。スポーツ飲料も糖分が多いものですが、塩分なども適度に補充できるので、飲みすぎない程度に利用するといいでしょう。

3.夏野菜を食べる
よりマイルドな方法としては、夏野菜、例えばキュウリやナス、それから果物のスイカなどは天然のクールダウン効果があります。

時期的にもおいしいものですし、食事に取り入れたいですね。

≪まずは、自分の妊娠力を調べてみませんか?≫
1分で簡単チェック【妊娠しやすいカラダ度】を診断してみる

最後に医師からアドバイス

妊娠出産を考えているかたにとってはもちろん、そうでないかたにとっても、子宮は女性の心身に影響を与える女性ホルモンの分泌に重要な役割を果たす重要な臓器です。

夏場はもちろんですが、四季を通し、冷えすぎることがないよう気をつけて過ごしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス