動物好きのみなさん、お待たせしました!今回はとってもキュートなペットたち5匹と2羽をご紹介しましょう。米ミズーリ州在住の動物保護家である夫婦に救助され保護された犬4匹と猫1匹、そこに子ガモ2羽が加わって大家族となりました。

写真を見ているだけで癒される…

Instagramのアカウントに現在約3万5千人のフォロワーを持つのはボッグス一家のロキシー、エディス、マイア、ローズ、ジェイク、ジャートルード、ドナルドの愉快な仲間たち。10年間、動物保護を続けているボッグス夫妻がテリア犬のロキシーに出会ったのは妻のケージーさんが19歳の時でした。

当時、生後3か月だったロキシーはケージーさんがペットショップで見た時、あまり健康そうに見えませんでした。一旦家に戻ったケージーさんでしたが、使命感に駆られたようにまたペットショップへ戻り、ロキシーを買い取ったのです。

身体的にも足に不自由があるとわかったロキシーを獣医院で治療したりと、懸命に世話をしてきたケージーさんと、当時恋人だったブレイクさんは、ペットショップに「病気の犬を売って利益をあげようとしていること」に対して抗議。その後ペットショップは閉店になったそう。

それからは動物たちを保護し始めた二人

数年後、ロキシーは体調も良くなりセラピードッグとしての資格も得ました。それからはケージーさんと一緒にロキシーは学校や病院、介護施設などを一緒に回り人々に癒しを与えて来たのです。

その後ピットブルを引き取った二人。これから家族を増やして行こうと決めていたところだったのですが、不運にもそのピットブルは心臓が弱かったためにすぐに亡くなってしまいました。最初は強面のピットブルをどちらかというと苦手だったケージーさんでしたが、亡くなったナラをとても愛していました。それから二人は二匹のローズとジェイクを保護したのです。

ジェイク(灰色)は元の飼い主に数か月間も監禁状態で閉じ込められて生活していました。引き取った時には全てに対して怯える様子を見せていたといいます。骨の病気を患っており、頭蓋骨と下顎に影響を与え、ちょっとした食べ物も口にすると痛むという状態でした。

ローズ(茶色)はセントルイスで「非常に狂暴な犬」として扱われ、警察に射殺されるところをブレイクさんにより救助されました。

二匹はボッグスさん二人に保護されて暫くすると、新しい家に馴染み弱っていた体調も良くなりすっかり慣れてきました。

そして、その後にテリア犬のエディスが家族に加わりました。エディスもまた過酷な環境で生き延びた一匹でした。発見された時には、薄暗く寒い路地裏で、横に母親と思われる犬の死骸と大量のゴミに囲まれて震えていたそうです。

寄生虫が湧き重病になっていたエディス

エディスの体は寄生虫とパルボウイルスに侵されていました。保護してからも3度も死にかけたエディスですが、今はすっかり元気に。きっとボッグス夫妻の献身的な介護がエディスの命を救ったのでしょう。

チャレンジャーのマイア

仲間と一緒にポーズするマイア。可愛い。

猫のマイアも捨て猫センターから保護されました。これで犬4匹と猫1匹という理想の大家族に近付いてきたボッグス夫妻。でも「農家の人たちのようにカモが飼いたい」という気持ちを最初に持っていたケージーさんは、2羽の子ガモを引き取ったのです。

そしてこの仲間たちは離れられない関係に♪

最初、2羽のカモに無関心を装っていた3匹の犬と猫。でも、ピットブルのジェイク(灰色)だけが、まるで母親役を買って出るように子ガモ2羽に愛情を注ぎ始めたのです。

子ガモに愛情を注ぐことで傷も癒されていったジェイク

ボッグス夫妻はジェイクの体調が良くなるように獣医院に治療にも連れて行きました。ジェイクにとっては虐待された心の傷もあり、心身ともに癒されるには子ガモと一緒にいるのが一番効果があったのでしょう。今ではすっかり大親友。ふふ…仲良し♪

家族全員でハイキングに行くのが何より楽しい

ボッグスさん夫妻は、全員をハイキングに連れて行きます。そう、猫もカモも全員。いろんなアウトドアが大好き。それぞれ過去には辛い経験もしてきた犬と猫たち。でも今は一つの家族。労りあって暮らしています。

バンダナがこれまた似合いますよね。

家族とお医者さんごっこも、する

ボッグス夫妻の娘さんとも仲良く遊びますよ。真剣にお医者さんごっこ。聴診器、たくさんあるんですね(笑)。

「誰も置いてかないよ」

小柄なみなさんはバッグに入ってね。

家族写真ももう慣れたもの

子ガモたちにはブレイクさんが特別に専用の小屋を庭に建てました。素敵な小屋の前でみんなでポーズ。

いつも一緒が一番幸せ♡

見てください、みんなのこの幸せそうな顔。ケージーさんいわく「2,3匹だけ写真を撮ろうとしても、みんな寄って来るの。それだけみんなで一緒にいるのが慣れてるってことね。」なんて素敵な家族なんでしょう。育った環境や場所、種類が違っても彼らには全く関係ないのです。

動物たちから私たちは大切なことをいつも学ばされます。こんな素敵な動物たちに囲まれているボッグスさんたちも幸せですね。みなさんも是非、Instagramをチェックして癒されてください!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス