セミの羽化をごらんになったことはありますか?

Licensed by gettyimages ®

地中から出てきて、木などに登って、カラを脱ぎ捨てる・・・とても感動的な出来事ですが、時には失敗も。

落下したり、何かの要素で羽が伸びきらなかったりしたセミは、うまく飛び立つことが出来ずに鳥やネコ、アリなどのエサになってしまうのです。

ふくだ(@TF_crafts)さんの投稿が話題になっています

セミの幼虫が落下したのを発見!

あわてて手に持ったら、なんとセミの羽化が始まってしまったというのです・・・

うまくツメが引っかからなかった様子

このまま下においたら、うまく羽化できずに死んでしまう可能性が高い・・・そこで、ふくださんがとった行動は・・・!?

なし崩し的に羽化を手伝うことに!

セミも羽化を止めることはできず、必死に指へすがりついています。

縮こまった羽が徐々に・・・

なんて美しい羽・・・!!

ミルキーで半透明な羽に、エメラルド色の血管が通っています。

で す よ ね!!しかし、ここまででまだ10分。先は長いです・・・

ここまできたら、もう安心!?

しっかり捕まるチカラが出てきたのなら、もしかして羽化がうまくいくかも!という希望が出てきましたね。

やわらかそうだった羽が、乾いてぱりっとしてきましたね。

いえ、たぶん見ている方はふくださんの漢気にも感動していると思います。

たしかに、スッキリとこう・・・シュッとした男前ボディになってきました。色もやや茶色がかってきたような。

羽化したてはふにゃふにゃなのだそうです。

どこもかしこも、なんて美しい・・・目だけが黒々として、ツヤがあって・・・

2時間以上が経過

羽に茶色の色がついてきました。変なところどころか、かなり美しいイケセミです。

移すのもひと苦労

だいぶシッカリしてきたとはいえ、移すのにも時間がかかるんですね!!

ふくださん、お疲れ様でした!

赤ちゃんセミは、あともう少しがんばって!!!

あともう少し。あともう少しコゲれば完成です。

羽は完成でしょうか・・・ボディはまだ薄いですね。

夜中・・・よく頑張りました!

セミは元気に木に登ったそうです。ふくださんがこの世に送り出した、セミの赤ちゃんですね・・・元気につがうことができたら、きっと7年後に会えますね!

ふくだ
@TF_crafts
伝統技法の木象嵌を、立体作品という形で魅せる作品制作「立体木象嵌」を試みています。木製の蝶々などを制作しています。

出典 https://twitter.com

ふくださんは、木製のとてもリアルな蝶を製作なさっているアーティストなんです!

虫を愛する方だからこそ

ここまでの苦闘をやりとげることができたのかもしれません。

夏になると、うるさいほど鳴くセミ・・・

Licensed by gettyimages ®

でも、こんなにすごいドラマが、1匹1匹に繰り広げられているんですね。夜20時ごろがセミの羽化ピーク時間だそうですので、一生に一度は観察してみたいですね。

また、セミの羽化はとてもデリケート。地面に落ちたショックや、ツメが不安定で落ちてしまったり、体力が最後まで持たなかったりすることで、失敗することも多いそうです。

また、幼虫をつまむなどのストレスを与えても、羽化をやめて死んでしまうことがあるそうです。
ふくださんはそういった意味でも奇跡とも言える出来事でした。木の上で羽化しているのを見かけても、決して触ったりフラッシュをたいて写真をとったりしないようにしましょう。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス