記事提供:まぐまぐニュース!

2017年1月に改定することが決定している地震保険。要するに保険料が引き上げられるということで、これを期に保険の見直しをする方も多いのではないでしょうか。

無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者・廣田信子さんは、今回の地震保険の改定を詳しく解説、早めの検討を呼びかけています。

来年から地震保険が変わります!

こんにちは!廣田信子です。

地震保険は来年1月よりかなり変わります。東海、東南海、首都圏直下等の巨大地震を想定し最新のリスク評価を反映させるということで、ようは、また保険料が引き上げられるのです。

保険料は、東日本大震災後の2014年7月に、全国平均で15.1%引き上げられました。このとき、大阪、埼玉、高知は30%、東京、千葉も20%引き上げられています。それが、さらに、今後3段階で19%引き上げられることが決まっています。

その第一段階が2017年1月で、平均で15.5%引き上げられます。といっても、県によって引き上げ率は違い、下がるところもあります。詳しくはこちら。

先日、耐震改修の合意形成ができていない旧耐震のマンションは、せめて地震保険に加入してほしいと書きましたが、保険料がどんどん上がるので、躊躇する管理組合もあるのです。

東日本大震災時に、建物が、新耐震基準でできているか、旧耐震基準か、旧耐震基準でも耐震改修をしたかどうかが保険料に反映されないのはおかしいというような議論もありましたが、保険の性質上、そういったところには手をつけていません。

ということは、旧耐震基準で耐震改修をしていないところほど、保険加入のメリットがあるということです。

あと5か月で、値上げが決まっていますので、もし、加入するとしたら、今年中に、最長の5年契約で加入すれば、5年間、引き上げ前の価格で加入できます。

地震保険は、単独で加入するものではなく、火災保険(マンション総合保険)に付帯するものです。

本契約の途中から地震保険加入は可能ですが、本契約を越えた長期の契約期間にすることはできませんから、ぜひ、どういう保険の入り方が一番得かを早い時期に検討されるといいと思います。

もうひとつの改定「損害区分」が見逃せない

また、もうひとつ、来年から大きく変わるのが損害区分です。熊本地震に関する地震保険の損害区分については、先日書いた記事の中に書いた通りで、保険金の支払いは下記です。

・全損:100%
・半損:50%
・一部損:5%

東日本大震災で、あまりにも3段階の差が大きいことが問題となり、今回の改定が決まったのですが、熊本地震には間に合いませんでした。

来年以降は、「半損」が「大半損」「小半損」に分かれて、

・全損:100%
・大半損:60%
・小半損:30%
・一部損:5%

となります。かなりの被害なのに「一部損」とされ5%しか支払われないマンションの救済にはなりますが、ぎりぎり「半損」と認められていたマンションの多くは、「小半損」に下がり、30%しか支払われないことになります。

熊本でも、この改定前だったことで得をしたマンションと損をしたマンション両方があったことだと思います。

また、東日本大震災では、地震保険が、どんなに大きな被害でも設備の被害は認定しないことが問題となりました。

私の浦安市では、液状化による設備被害が大きかったのに、建物の主要構造部に損傷が少なかったためにまったく保険金が支払われなかったところもあり、意味がないと、地震保険をやめたマンションもあります。

そのかわり、被災した場合の復旧費用を修繕積立金として積立を始めています。

ご自身のマンションの立地、築年数、耐震性等を考慮し、ぜひ総合的に判断してください。いざ、被災した時に、お金の当てがあるかどうかは、ほんとうに重要になります。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス