記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
最近テレビなどでも「寝る3時間前に夕食を済ませたほうがいい」と聞くことが多いかと思います。
しかし、実際問題、夜遅くに帰宅して夕食を食べてすぐに寝るという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、睡眠前の食事がもたらす影響について、医師に解説していただきました。

寝る前3時間前に夕食を済ませたほうがいいのは何故ですか?

これは、夜遅くなると消化吸収に用いられる消化管内の酵素の働きが低下し、食べたものが上手に消化されないまま眠りに入るからです。これは翌朝の胃部不快感の原因になることも挙げられます。

食事をすべて消化するためには、食事内容にもよりますが食事摂取後2~4時間前後かかると考えられており、このことから寝る3時間前という一つの目安ができたものと考えられます。

お肌にどのような影響を与えますか?

前述の理由から胃もたれを起こしたり、寝ている間も消化活動がすすむことによって本来の安眠が妨げられることになります。

これにより、お肌を美しく保つのに役立つ、大人にとっても非常に重要なホルモンである成長ホルモンが分泌されにくくなるため、肌荒れを起こしやすくなると考えられます。
もちろん、不眠などのストレスによってホルモンのバランスが乱れ、お肌が脂っぽくなったり、ニキビや吹き出物が出やすくなるということもあります。

身体にどのような影響を与えますか?

本来消化活動を終えて、全身が休息をとっているべき時間帯に、消化を続けることで胃腸に負担をかけてしまいます。

また、体の一部分だけが活発に活動していることで脳などほかの部分も十分な休息をとることができずに、慢性的な倦怠感や自律神経のバランスの乱れ、不調を招く可能性もあります。

もちろん、胃もたれなども起こる場合があると考えられます。

睡眠にどのような影響を与えますか?

夕食の消化が済んでいない間に眠りにつくことで、脳は眠ろうとしているのに胃が消化を終えていないために活動している状態となります。

そうなると、全身が休むことができず眠れなくなったり、眠りに落ちることはかろうじてできたとしても眠りが浅く、睡眠の質が著しく低下してしまったりすることが懸念されます。

≪それにしても眠すぎる…のは睡眠の質が悪いからかも!≫
1分で簡単チェック【睡眠の質】を診断してみる

医師からのアドバイス

どうしても就寝3時間前に夕飯がすませられない場合、昼食から夕食までの時間が長く、非常に空腹の状態で夕食をとり、食べ過ぎてしまうことが懸念されます。
飢餓状態で食事をとると身体に脂肪がつきやすくなるのでオススメしません。

食事は難しくても、例えば軽い、バナナやヨーグルト程度でも夕方に口に入れておくことで、寝る前には軽い食事で済ませることができるでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス