帝王切開で生まれた9匹のラブラドールのうちの1匹、ブロンソンは「口蓋裂」でした。

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)とは、先天性異常の一つであり、軟口蓋あるいは硬口蓋またはその両方が閉鎖しない状態の口蓋裂と、口唇の一部に裂け目が現れる状態の口唇裂(唇裂)の総称。

出典 http://ejje.weblio.jp

人もこの障がいを持って生まれることがあるように、犬も口蓋裂という障がいがあります。犬の場合は母犬の乳を上手く飲むことができず、大抵は生まれつき体も弱く餓死状態になり死に至ると言われています。

犬の飼い主は、ブロンソンの安楽死を決心しました。ところが獣医師の女性が「私が引き取ります」と言ったのです。

チョコシェイクサイズのラブラドール犬との生活が始まった

出典 http://imgur.com

Imgurに投稿したのは獣医師のKaffekalleさん。その日は彼女の30歳の誕生日でした。仕事柄多くの動物たちの生死を目の当たりにしているKaffekalleさんでしたが、どうしてもブロンソンを安楽死させることはできなかったのです。

チョコレートシェイクと同じサイズのチョコレート色の小さな仔犬、ブロンソン。重度の障がいを持った仔犬を育てていくことは大変です。それでもこの日からKaffekalleさんとブロンソンの生活が始まりました。

1週間1,2時間おきにチューブで餌を与え続けた

出典 http://imgur.com

獣医師だけあって、どのように動物を世話するかはよく知っています。Kaffekalleさんはブロンソンが生まれてから一週間、1,2時間おきにチューブで餌を与えました。そのおかげでブロンソンはすぐに亡くなることはなく、元気に成長していったのです。

出典 http://imgur.com

時にKaffekalleさんの飼い猫から厳しい洗礼を受けることもあったそうですが、そのおかげもあって(?)強く成長していくブロンソン。

成長記録を写真に収めて行ったKaffekalleさん

出典 http://imgur.com

小さかった仔犬がすくすく元気に育っていく姿を見ると本当に嬉しいですよね。障がいを持っていて生き延びられないと思われていただけに、ブロンソンの成長はKaffekalleさんにとってかけがえのないものだったでしょう。まるで母親が子供を育てるように、愛おしく優しく懸命に世話をし続けたKaffekalleさん。

出典 http://imgur.com

少しずつ大きくなってきているのがわかりますか?

出典 http://imgur.com

ママのおっぱいがきっと恋しいだろうけれど、Kaffekalleさんがチューブで餌を与えたからこそ2週間の命が延びたのです。

ブロンソンを職場にも連れて行った

出典 http://imgur.com

すっかり獣医院のマスコットキャラクターに。可愛い!

成長したブロンソンがなんだか凛々しい!

出典 http://imgur.com

これまで数回熱を出したりしたこともあったそう。それでもこんなに成長してくれると思っていなかったKaffekalleさんは、喜びでいっぱいです。思っていたほどは大病もしなかったそうで、それも成長を助けることとなったのでしょう。

そして1歳になり手術を迎えることに…

出典 http://imgur.com

顔の成長につれてブロンソンの口蓋裂も長く細くなっていきました。ずっとチューブで餌を与え続けていたKaffekalleさんはブロンソンに固形の餌を与え始めるべきか迷っていました。同時にやんちゃっぷりを見せるようになったブロンソンは、イヤフォンなどの小さなモノ加え込むように。

でも、他の犬と違って、口蓋裂の隙間に入ってしまうために常にKaffekalleさんが取り出してきました。どんなに注意深く観察していても、やはり仔犬。遊びたいのでしょう。ささっと加えてしまうことが多かったようでKaffekalleさんは大変な思いをしたそうです。

同僚と相談し、手術をすることになったブロンソン。果たしてそれが上手くいくかどうか、子供を思う親のようにとても心配したKaffekalleさん。手術に立ち会い、無事に終えたブロンソンの傷が癒える一週間が山場だったそう。というのは、傷口が裂開する可能性もあったからです。ところが幸いにもスムーズに回復。

現在のブロンソン(中央)

出典 http://imgur.com

ブロンソンの傷口はすっかり癒えて、おもちゃを噛んで遊ぶこともできるようになりました。そしてもちろん固形の餌も食べられるように。普通と変わらない生活を過ごすことができるようになったブロンソン。散歩に行くと、棒きれを口で加えてKaffekalleさんのところに持ってくるのが大好きなんだそう。

一緒に飼っている2匹の犬とも仲良しで、すっかり元気になったブロンソンに喜びを隠せないKaffekalleさん。投稿したImgurには46万もの閲覧回数がついているほど。犬好きな人はもちろん、障がいを持った犬の頑張りやそれを支える飼い主の深い愛に多くの人が感動させられた様子。

ここまで生きることができて本当に良かった。手術も無事成功して良かった。ブロンソンを救ってくれたKaffekalleさんに「ありがとう!」と言いたい気持ちの筆者です。これからも元気に育っていってくれることを願ってやみません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス