夏真っ盛り…今年も浴衣の季節がやってきた!

花火大会に、近所の夏祭りや盆踊り。
まさに浴衣シーズン真っ只中ですね!

でも浴衣って意外と暑いし…なんだか上手に着られない…

そんなお悩み、ちょっとしたコツを知っているだけで解消しちゃいます!
素敵に着こなして、オトナ女子ならではの夏の色気を演出しちゃいましょう!

そもそも…夏はどうしてお着物じゃなくて浴衣を着るの?

もちろん夏用の大変涼しいお着物も存在するのですが…

夏用のお着物は絽(ろ)や紗(しゃ、うすぎぬ)といった布地で作られ、
特殊な織り方をした絹織物のそれらは、とっても高価…

だから庶民は浴衣を夏用の衣装として纏うようになったのです。

浴衣は暑い夏を「楽に過ごせる」衣装

浴衣は元々、現代のパジャマやジャージのような部屋着です。

だから襦袢などの下着も着けずに素肌に直接羽織り、
上の画像のようにゴロゴロ寝転んでも、着崩れても気にしない…
汗をかいたらジャブジャブ洗ってしまえばいい…

もしこれがお着物だったら?そんな事できませんよね。

猛暑と言われている今夏、少しでも涼しく着こなしたい!

さて、ここから本題の
「涼しげに」「粋に」浴衣を着こなすコツをご紹介したいと思います。

まずは浴衣に袖を通す前に、こんなひと手間を…

買ったばかりの浴衣、新品のまま着付けないで!必ず水に通してから

新品で購入した浴衣の場合、
型崩れを防ぐために「のり」が付けられていることが多いです。

この「のり」がついたままだと、通気性が悪い上に
畳んであった浴衣をそのまま着付けると畳みジワがくっきり…
体に布地が馴染まず、浴衣に着られちゃってる状態になってしまい、大変無粋です。

粋に浴衣を着付けるためにも、涼しく快適に着こなすためにも、
必ず一度お洗濯して、陰干ししてから着付けましょう。

おうちでお洗濯して大丈夫なの?

全然問題ありません!

最近の浴衣は自宅でお洗濯できるように、ポリエステルなどの化繊のものがほとんど。
お洗濯のタグもついているはずなので、表示通りに洗濯機で洗っちゃいましょう。

私の浴衣はお母さん、もしくはおばあちゃんからのお下がり
布地はよくわからないけど化繊ではなさそうなんだけど…
そんな貴女もご安心ください。

前途した通り、浴衣はそもそも寝巻きもしくは部屋着。

よっぽど特殊な浴衣でない限り、木綿や麻などとっても丈夫な布地で作られています。
お風呂場やお庭でジャブジャブと手洗いすればOKです。

むしろ洗えば洗うほどいい?浴衣は「育つ」んです。

筆者のお気に入りの浴衣は、
祖母が自分用に手縫いしたものを母がお下がりで着て、
更に孫の筆者が受け継いだ木綿の浴衣。

何度も何度も水を通したため、
布地も縫い糸もやわらかく変化し素肌に心地よく馴染みます。

また藍染め等、染物の浴衣の場合
水に少しずつ染料の色が溶け、新品の時よりも更に鮮やかになったり
逆に色が褪せていっても、それはそれでなんとも言えない風合いをかもし出します。

普段着ている洋服ではないので、なんとなく洗うことを躊躇ってしまいますが
むしろ気にせずに洗ってしまったほうが浴衣は育ってくれるのです。

浴衣を洗って下準備はできましたね!
ここからは実際に浴衣を着付けてみましょう。

涼しく粋に着付けるコツその①、うなじでオトナの色気を演出!「衣文を抜く」事を覚えましょう。

洋服ではなかなかキレイに見せることのできない「うなじ」
うなじを見せることでぐっと色気が増します。

そこで覚えていただきたいのが「衣文を抜く」事。

上の画像の左側が衣文を抜いた状態。
すっきりとうなじが見えて素敵ですよね。

衣文を抜かないで着付けをすると野暮ったく見えてしまう上に、
風を通さない、更に首に汗をかいてしまうのでベタベタ暑苦しく感じてしまいます。

衣文を抜く方法は…帯を締める前、腰紐や伊達締めで浴衣を固定した後に、
手を背中に回して後ろから布地を引っ張り、首・うなじと襟の間に隙間をあけます。
目安としてはこぶしひとつ分くらい。

あまり引っ張りすぎると着崩れの原因になりますし、見た目も下品になるので注意。
花魁さんのように背中まで見えてしまってはNGです。

衣文の抜き方はYouTubeの着付け動画などでも詳しく紹介されています!

出典 YouTube

ちょっとかけ足な動画ですが、
衣文の抜き方の他にも帯をつける前までのコツが紹介されています。
わかりやすいので是非参考にしてください!

涼しく粋に着付けるコツその②、舞妓さんに学ぶ!暑くても汗をかかない裏ワザ!

せっかく涼しげに浴衣を着こなしてみせても…
顔汗、ワキ汗がびっしょり…なんて恥ずかしいですよね。

暑~い夏の京都を、涼しげな表情で歩く舞妓さんはどうして汗をかかないの?

その秘密は…
ワキの下をギュっと圧迫しているから!

舞妓さんは幼い子供のイメージでお着物を着付けています。
上の画像でもわかるように、胸高に帯を締め、ワキのあたりを圧迫していますね。

実はここを圧迫すると、ワキの下や顔の汗をかなり抑えることができるんです!
東洋医学的には「大包」というツボを刺激しているから、
現代医学的にも「半側発汗」という仕組みのおかげと、ちゃーんと証明されています。

とは言えオトナの女性がこんなに高い位置で帯を締めるのは野暮ったい…

浴衣を着る前に、お手持ちの紐でもさらしでもなんでもかまいません。
ワキの下、胸の5~6cm上くらいをぎゅっと縛りましょう。

筆者は汗っかきなので、いつもこの裏ワザを使っています。
あれ?って思うくらい汗をおさえられ、化粧くずれも防げちゃう!

ちなみにこの裏ワザ、洋服のときにも使えるので便利です。

涼しく粋に着付けるコツ③、文庫結び(リボン結び)はもう子供っぽい…?簡単でオトナな帯結びをご紹介!

ちょっと失礼な言い方かもしれませんが…
アラサー以上の女性が、文庫結び(リボン結び)をしているのを見かけると…
正直、アイタタタ…と思ってしまいます。

半幅帯できちんと締めた文庫結びであればまだいいのですが、
所謂「つけ帯」の場合だと尚更…

だって文庫しか結び方知らないし!難しそうだし!という貴女。

難しいイメージがありますが、帯の結び方は覚えてしまえば案外簡単。
是非この機会にチャレンジしてみて下さい。

オトナ可愛い!「割り角出し」

文庫結びが進化したような「割り角出し」
可愛らしさを残したまま、ちょっとだけオトナっぽく着慣れた感じに!

出典 YouTube

6分半ほどの動画ですが、慣れれば3分もかからず締められるようになりますよ。

おそろいに締めて彼氏とデート「貝の口」結び

上の画像は帯締めでアレンジしてありますが、帯締めなしでももちろんOK
まさに粋、といった印象の「貝の口」

ちなみにこの結び方は男性の浴衣でも使用します。

おそろいで帯を締めてデートなんて、ちょっと素敵ですよね。

出典 YouTube

今回紹介した2つは、浴衣に定番の半幅帯を使ったアレンジ方法。

お着物と同じように名古屋帯でお太鼓を背負ってみたり、
大人用の兵児帯を買ってきたり…。

貴女だけのオリジナルな着こなしはいくらでも出来るんです。

最後に…素敵に着こなす、最大のコツは?

長々、色々と書いてしまいましたが…

浴衣やお着物を素敵に着こなす最大のコツは「兎に角着てみる」です。
帯の色ひとつ、締め方ひとつ、着付けのちょっとした違いで
同じ衣装でもまるで別物のように、ガラリと印象が変わるのが和装の面白いところ。

袖を通すごとに、貴女なりの着こなし方が必ず見つかります。

素敵な大和撫子を目指して、この夏は沢山浴衣を着てみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

くろやなぎももこ このユーザーの他の記事を見る

お酒と音楽とサッカー、美味しいもの、お着物や昭和レトロをこよなく愛するアラサーおなご。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス