世界地図といえばほとんどの方が…地球儀を円筒に投影した「メルカトル図法」を思い浮かべると思いますが、このメルカトル図法は、高緯度(北極や南極)に向かうにつれて距離や面積が拡大されて表示されており、例えば、カナダの北東方向にある世界最大の島グリーンランドは、実際の面積よりも17倍も大きく拡大され描かれています。

なお、角度は非常に正確に描かれている為、これまで船や飛行機用地図として使用されてきましたが、先程も言いましたように、どうしても歪みが存在するメルカトル図法。

そんな中、今回紹介するのは、面積の歪みを抑えつつ、様々な国を動かして遊ぶことができる地図サイトでして、誰でも簡単に各国の本当の大きさを比較する事が出来るこのサイトは、従来の世界地図のイメージを完全に払拭!

きっと皆さん、衝撃を受ける事でしょう。

「The True Size Of ...」

というサイトが提供している…この比較地図。

ちなみに、使い方をざっくり説明致しますと

まず、左上にある検索欄に、比較したい国名を入力。

今回は「JAPAN(日本)」と入力します。

そして、Enterキーを押すとハイライト表示されますので…

あとは、ハイライト表示された国をドラッグし、お好きな場所へと移動させればOKです。(左下の方角マークでハイライトされた国を回転させることも可能)

とりあえず中国の上に日本を持ってきましたが、中国の大きさを身に染みて感じると同時に、驚くほど簡単な手順なのにも関わらず、各国の本当の大きさを比較できる…このサイトの優秀っぷり。

これは学校でも是非利用すべきではないでしょうか?

続いて、ヨーロッパ上に日本を持ってきたのですが、かなり広いイメージのあるヨーロッパも、そこまで大きくはないんだな…と実感。

また、アメリカはやっぱりデカイ!ということも実感。(笑)

コチラは先日、EUを脱退したイギリス。

ちなみに、大きさは

英国:244,820km²
日本:377,914km²

となっており、日本の2/3ほどの大きさですが、可住地面積(農地や道路も含め、居住地に転用可能な既に開発された面積)は、逆に日本の倍ほどあるのだそうです。

そして、またもアメリカの大きさを再確認!(笑)

最後は細長い事で有名な…南アメリカ南部に位置する共和制国家「チリ」を比較してみたのですが…

想像を絶する長さのチリ。(笑)

日本縦断もかなり大変ですが…チリ縦断。

これは日本とは比べ物にならないほど大変に違いありませんね。

国だけでなく、州や都市の大きさを比較することもできる…この「The True Size of …」。興味を持った方は是非活用してみてはいかがでしょうか?

便利サイト。こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス